アルファード/ヴェルファイアの「G's」版発売

2012.09.18 自動車ニュース

「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」に「G's」バージョン登場

トヨタ自動車は2012年9月18日、ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に「G SPORTS(通称:G's)」バージョンを設定し、11月12日に発売すると発表した。

「G SPORTS(通称:G's)」は、「走りの味」「クルマの楽しさ」を提供するためにトヨタが特別に開発した“スポーツコンバージョン車”シリーズ。過去には「ノア/ヴォクシー」「ヴィッツ」「プリウス」そして「マークX」を素材に製作されている。

今回登場した「アルファード/ヴェルファイア」の「G's」も、過去のモデルと同じ方向性のチューニングが施されている。
すなわち、エクステリアは専用デザインの前後バンパーやグリル、レッドライン入りの大径アルミホイール(19インチ)などでドレスアップ。インテリアには、アルカンターラを用いたスポーティーなシートや専用デザインのメーター、ペダルなどがおごられる。

さらに、専用チューニングのサスペンションも与えられるほか、床下の剛性を上げるパーツや溶接スポット点数の追加によりボディー剛性も強化。「ミニバンの既成概念を打ち破る“走りの楽しさ”を提供する」という。

主な特別装備は以下のとおり。(いずれもG's専用品)

・19インチアルミホイール(レッドライン入り)
・前後バンパー&ラジエーターグリル
・LEDイルミネーションビーム
・4本出しマフラー
・エンブレム
・スポーツシート(全席アルカンターラ表皮)
・本革巻きステアリングホイール&シフトノブ(レッドステッチ入り、ディンプル加工)
・ブラックメタリックのインストゥルメントパネル

価格は以下のとおり。乗車定員はいずれも7人となる。

・「アルファード240S“G's”」:404万円
・「アルファード350S“G's”」:442万円
・「ヴェルファイア2.4Z“G's”」:404万円
・「ヴェルファイア3.5Z“G's”」:442万円

(webCG 関)

「アルファード240S“G's”」
「アルファード240S“G's”」
「アルファード240S“G's”」
「アルファード240S“G's”」
「ヴェルファイア2.4Z“G's”」
「ヴェルファイア2.4Z“G's”」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • トヨタ・アルファードSR“Cパッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.27 試乗記 好調なセールスが伝えられる、トヨタのミニバン「アルファード」。人気の秘密はどこにあるのか? ハイブリッドの上級モデルに試乗して、そのポイントを探った。
  • 日産エクストレイル モード・プレミア ハイブリッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.8.21 試乗記 日本はもちろん、欧米でも支持を得ている日産のSUV「エクストレイル」。そのラインナップにおいて、唯一の“都会派モデル”となっているオーテックの「モード・プレミア」に試乗。グローバルカーならではの魅力に触れた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
ホームへ戻る