アルファード/ヴェルファイアの「G's」版発売

2012.09.18 自動車ニュース

「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」に「G's」バージョン登場

トヨタ自動車は2012年9月18日、ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に「G SPORTS(通称:G's)」バージョンを設定し、11月12日に発売すると発表した。

「G SPORTS(通称:G's)」は、「走りの味」「クルマの楽しさ」を提供するためにトヨタが特別に開発した“スポーツコンバージョン車”シリーズ。過去には「ノア/ヴォクシー」「ヴィッツ」「プリウス」そして「マークX」を素材に製作されている。

今回登場した「アルファード/ヴェルファイア」の「G's」も、過去のモデルと同じ方向性のチューニングが施されている。
すなわち、エクステリアは専用デザインの前後バンパーやグリル、レッドライン入りの大径アルミホイール(19インチ)などでドレスアップ。インテリアには、アルカンターラを用いたスポーティーなシートや専用デザインのメーター、ペダルなどがおごられる。

さらに、専用チューニングのサスペンションも与えられるほか、床下の剛性を上げるパーツや溶接スポット点数の追加によりボディー剛性も強化。「ミニバンの既成概念を打ち破る“走りの楽しさ”を提供する」という。

主な特別装備は以下のとおり。(いずれもG's専用品)

・19インチアルミホイール(レッドライン入り)
・前後バンパー&ラジエーターグリル
・LEDイルミネーションビーム
・4本出しマフラー
・エンブレム
・スポーツシート(全席アルカンターラ表皮)
・本革巻きステアリングホイール&シフトノブ(レッドステッチ入り、ディンプル加工)
・ブラックメタリックのインストゥルメントパネル

価格は以下のとおり。乗車定員はいずれも7人となる。

・「アルファード240S“G's”」:404万円
・「アルファード350S“G's”」:442万円
・「ヴェルファイア2.4Z“G's”」:404万円
・「ヴェルファイア3.5Z“G's”」:442万円

(webCG 関)

「アルファード240S“G's”」
「アルファード240S“G's”」
「アルファード240S“G's”」
「アルファード240S“G's”」
「ヴェルファイア2.4Z“G's”」
「ヴェルファイア2.4Z“G's”」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルファードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(前編) 2017.2.23 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは「ホンダ・オデッセイ アブソルート」。ミニバンウオッチャーをもって任じる谷口。“ホンダイズム”を結集させた最新のオデッセイに何を見いだすのか!
ホームへ戻る