プジョーが新型クロスオーバー「2008」を公開

2013.01.09 自動車ニュース

プジョーが新型クロスオーバー「2008」を公開

仏プジョーは2013年1月7日、小型の新型クロスオーバー車「2008」の写真を公開した。

ベースは小型ハッチバックの「208」。ディーゼルエンジンと新開発の1.2リッター3気筒ガソリンターボエンジンを搭載し、最も環境性能が高い仕様のCO2排出量は99g/kmに抑えられているという。地元フランスのほか、中国とブラジルで生産され、欧州では2013年春の発売が予定されている。

現時点ではボディーサイズなどの諸元は明らかにされていないが、2012年秋のパリモーターショーで公開された「2008」のコンセプトモデルでは、全長4.14×全幅1.74mと発表されていた。

(webCG)

「プジョー2008」
「プジョー2008」

プジョーが新型クロスオーバー「2008」を公開の画像

プジョーが新型クロスオーバー「2008」を公開の画像

プジョーが新型クロスオーバー「2008」を公開の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 プジョー2008の魅力と実力<PR> 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • 「プジョー208」に199万円のエントリーモデルが登場 2017.7.3 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月3日、「プジョー208」に特別仕様車「First Selection(ファーストセレクション)」を設定し、240台の台数限定で発売した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る