【スペック】マスタング V8 GTクーペ プレミアム(写真中央):全長×全幅×全高=4815×1880×1415mm/ホイールベース=2720mm/車重=1680kg/駆動方式=FR/5リッターV8DOHC32バルブ(426ps/6500rpm、53.9kgm/4250rpm)/価格=500万円(テスト車=同じ)

フォード・マスタング サーキット試乗会【試乗記】

進化の手綱は緩まない 2013.01.12 試乗記 フォード・マスタング V8 GTクーペ プレミアム(FR/6AT)/V6クーペ プレミアム(FR/6AT)/V8 GTコンバーチブル プレミアム(FR/6AT)
……500万円/430万円/570万円

2005年のフルモデルチェンジ以来、不断の進化を続けてきたアメリカンスペシャリティーの雄「フォード・マスタング」。最新モデルの実力を、クローズドコースで確かめた。

現行モデルはこれが最後?

「フォード・マスタング」にまたまた大きな改良の手が入った。日本発売は2012年10月、アメリカ流に言えば2013年イヤーモデルとしての改良だ。

初代を思わせるレトロ(カッコよく言えばヘリテージ)デザインのマスタングは、本国では2005年デビュー、06年に日本発売された。その後、09年に外観や内装を刷新する「セミフルモデルチェンジ?」みたいな大規模な手が入っている。今回は2005年以降のリジッドアクスル(DC2プラットフォーム)としては2度目の、ボディーのプレスパネルにまでおよぶ外観チェンジということになる。

基本骨格が変わっていないのでキャビンやガラス、基本ディメンションはこれまでどおりだが、それ以外はけっこう手が入る。前後バンパー、ボンネットフード、フロントランプとグリル、リアガーニッシュ(プレス資料では“デッキリッド”と呼ぶのがアメリカっぽい)、そしてマスタングのアイコンといえるリアの3本線コンビネーションランプもLEDを使った新デザイン。インテリアではメーターパネル中央の情報ディスプレイが4.2インチのカラー液晶化されたことが新しい。

ご承知の人も多いように、マスタングは生誕50周年にあたる来年2014年に、本当のフルモデルチェンジが予定されている。ウワサによれば、来年春のニューヨークショーでベールを脱いで、同年秋に2015年モデルとして発売されるスケジュールらしい。
そのウワサを信じれば、今回の改良は残り2年のため……となるわけで「これだけやって2年でモトが取れるのか?」とひとごとながら心配になる。

ただ、マスタングは不況が叫ばれているここ数年でも米国市場だけで年間7万台強も売れるのだから、勝算は十分なのだろう。また、すでにお気付きのマッスルカーマニアもいるだろうが、この新しいグリル&ボンネットデザインは、マスタングでは初出でも、実は日本未導入のスペシャルモデル「シェルビーGT」に準じるもの。今回のデザイン変更は、モデル末期らしいマニアをくすぐるプレゼントにして、設計コストもとっくに回収済み(?)の……なかなか巧妙な手法ともいえる。

リアビューでは、黒基調でまとめられたリアガーニッシュとテールランプが2013年モデルの目印。V8モデルでは、19インチアルミホイールのデザインも変更されている。
リアビューでは、黒基調でまとめられたリアガーニッシュとテールランプが2013年モデルの目印。V8モデルでは、19インチアルミホイールのデザインも変更されている。
従来型から大幅に変更されたフロントマスク。V8モデルではボンネットフードにエアベントが備わる。
従来型から大幅に変更されたフロントマスク。V8モデルではボンネットフードにエアベントが備わる。
メーターナセルの変更を除くと、インテリアのデザインは基本的に従来型から踏襲される。初代「マスタング」をほうふつさせる、左右対称のインパネ形状が印象的。
メーターナセルの変更を除くと、インテリアのデザインは基本的に従来型から踏襲される。初代「マスタング」をほうふつさせる、左右対称のインパネ形状が印象的。
グレードごとの仕様も見直され、今回からV6モデルにも前席にシートヒーターが採用された。
グレードごとの仕様も見直され、今回からV6モデルにも前席にシートヒーターが採用された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る