「Eクラス」に安全装備充実の特別仕様車

2013.01.09 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツEクラス RSPリミテッド」
「Eクラス」に安全装備充実の特別仕様車

「Eクラス」に安全装備を充実させた特別限定車「RSPリミテッド」登場

メルセデス・ベンツ日本は2013年1月9日、「Eクラス」のセダンとステーションワゴンに、安全運転支援システムの「レーダーセーフティパッケージ」を備えた特別仕様車「RSPリミテッド」を設定し、発売した。

「レーダーセーフティパッケージ(Rader Safety Package)」とは、五つのミリ波レーダーセンサーと一つのカメラを使い、自車周辺の車両や障害物との距離、相対速度を測定。緊急時には自動でブレーキを作動させ、衝突の危険性を低減する安全運転支援システムである。

今回の特別仕様車は、このシステムの日本導入1周年に合わせて設定されたもので、「E250ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」「E300ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」「E250ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド」の3車種をベースに、通常は19万円のオプションであるレーダーセーフティパッケージが標準装備される。

このほかにも、セダンの「E300」には、18インチAMGツインスポークアルミホイールや専用のエアロパーツ、スポーツシートなどからなる「AMGスポーツパッケージ」が、セダンとワゴンの「E250」には、18インチAMGツインスポークアルミホイールが装備される。

価格は、「E250ブルーエフィシェンシー アバンギャルド RSPリミテッド」(600台)が639万円、「E300ブルーエフィシェンシー アバンギャルド RSPリミテッド」(300台)が735万円、「E250ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド RSPリミテッド」(300台)が674万円。

(webCG)

関連キーワード:
Eクラス セダンEクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE350eアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.12.1 試乗記 「メルセデス・ベンツEクラス」のバリエーションがまたひとつ広がった。Eクラス初となるプラグインハイブリッド車「E350eアバンギャルド スポーツ」のパワーユニットは2リッター直4ターボ+モーター。その走りはいかなるものなのか。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記 最高出力600psオーバーのターボエンジンを搭載する「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。メルセデスが送り出してきたミッドサイズセダンの中で最速とされる、高性能モデルの走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
ホームへ戻る