第43回:2044年、処刑人は日本製オープンカーでやってくる
『LOOPER/ルーパー』

2013.01.09 エッセイ

第43回:2044年、処刑人は日本製オープンカーでやってくる『LOOPER/ルーパー』

近未来カーは困りモノ

近未来を描くSF映画にとって、クルマとファッションの扱いは厄介な問題だ。『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』では未来のマーティがネクタイ2本巻きという斬新なスタイルを披露していた。映画公開の1985年から30年後ということだから、あれは2015年の話ということになる。今から2年後、そんなファッションが流行するとはとても思えない。

『アイ、ロボット』でウィル・スミスが乗っていたクルマは、コンセプトカーの「アウディRSQ」だった。2035年という時代設定に合わせ、タイヤはボール型で完全な自動運転システムを持つ超ハイテクマシンだ。2004年公開作品なので、ちょうど「シングルフレームグリル」が登場した時期にあたり、RSQにもその意匠が取り入れられている。ただ、今見比べてみると「アウディR8」のほうがずっと未来的に感じられる。

1993年の『デモリションマン』では、小型のレーザーディスクがデータを保存するハイテクデバイスになっている2032年を描いていた。珍妙なファッションと相まって、今ではどんな表情で観ればいいのかわからない困った作品になってしまった。そういう経験を踏まえ、あえて小細工をしないのが最近の傾向だ。ファッションもクルマも、現在のものから大きく変えないようになってきているようだ。

『LOOPER/ルーパー』は、いわゆるタイムスリップものの映画だ。2074年にタイムマシンが開発されるが、未完成な技術であるため法律で使用が禁止されている。しかし、犯罪組織が入手して邪悪な目的で使っていた。敵を30年前に転送し、“ルーパー”と呼ばれる処刑人に殺害させるのだ。ずいぶんまどろっこしいが、殺人がバレないようにするための方法なのである。その時代にはナノテクの進化によって人間にマイクロマシンが埋め込まれ、政府によって人の生命が完全に管理されるようになっていたのだ。

© 2012 LOOPER DISTRIBUTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
© 2012 LOOPER DISTRIBUTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

第43回:2044年、処刑人は日本製オープンカーでやってくる − 『LOOPER/ルーパー』の画像

第43回:2044年、処刑人は日本製オープンカーでやってくる − 『LOOPER/ルーパー』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。