【スペック】全長×全幅×全高=4430×1810×1710mm/ホイールベース=2605mm/車重=1540kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ+スーパーチャージャー(150ps/5800rpm、24.5kgm/1500-4000rpm)/燃費=14.6km/リッター(JC08モード)/価格=339万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ティグアン TSIブルーモーションテクノロジー(FF/6AT)【試乗記】

4WDを上回る魅力 2013.01.11 試乗記 フォルクスワーゲン・ティグアン TSIブルーモーションテクノロジー(FF/6AT)
……339万円

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に追加されたFFモデルに試乗した。

2WDか4WDかという問題

ビートたけしの『間抜けの構造』という本が面白い。なんとなくそうなんだろうと思っていることを文字にしてくれた感じ。日本語には「床の間」「茶の間」「間に合う」「間尺に合わない」などの慣用句があるように、日本人は間を大事にしてきた民族だとある。芸事を生かすも殺すも間次第で、間は魔にもなり得るとか。そうなんだろうと思う。

突然だが、ではSUVは4WDであるべきか、それともFWD(前輪駆動)で間に合うか――。「間に合う」をどう定義するかによって答えは変わってくるので、結局ユーザーが判断するしかない。概して4WDは価格が数十万円高いし、同じモデルの2WDより燃費も不利。その代わりに高い走破性能を得られるのだが、それが割高なコストと間尺に合うものかどうか。難しい。

もちろん、2WDか4WDかという問題はSUVに限ったことではない。カテゴリーを問わず、大まかな傾向として、RWD(後輪駆動)か4WDかという場合には比較的すんなり選ぶことができるのではないか。RWDを選ぶ場合に価格以外の積極的な理由を思いつきやすいからだ(例:「軽いから」「ピュアだから」)。困るのは、FWDか4WDかで迷うケース。そりゃ安いほうがいいし、燃費だって気になるからFWDで十分なんだけれど、SUVなんか特に4WDのほうが“らしい”し、実際の走破性能も高くていざというときに役立つかもしれない。「これ四駆でしょ?」「いやFWDなんだ」という会話はイヤだ。

年末になったら必ずスタッドレスタイヤを装着するような地域、軽自動車でも4WDのほうが売れている地域なら、4WDを選ぶべきだと思う。毎回フールプルーフに発進できるし、除雪の行き届いていない道路もあるだろうから4WDじゃないと通れないルートもあるだろう。この場合は4WD分のコストアップが間尺に合っている。けれど、年に数回雪道を走る程度の地域に住む多くの人にとっては、実に悩ましい問題だ……。

ターボ+スーパーチャージャーによって加給される1.4リッター直4エンジンは、150psと24.5kgmを発生する。
ターボ+スーパーチャージャーによって加給される1.4リッター直4エンジンは、150psと24.5kgmを発生する。
ブラックを基調としたインテリア。レザーのステアリングホイールが標準で装備される。
ブラックを基調としたインテリア。レザーのステアリングホイールが標準で装備される。

フォルクスワーゲン・ティグアン TSIブルーモーションテクノロジー(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ティグアンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • 第34回:ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る