第3回:変わりゆくナビ、変えていくナビ

2013.01.16 特集

第3回:変わりゆくナビ、変えていくナビ

(第2回はこちら)

スマホ用ナビゲーションとして認知されてきたNAVIeliteだが、その開発元であるアイシン・エィ・ダブリュが多くの自動車&ナビメーカー向けにカーナビゲーションを開発していることは、実はあまり知られていない。今回は2012年5月に発売したトヨタ純正ディーラー向けオプションカーナビをはじめとする同社ナビ開発のキーマンである、ナビ事業本部の製品統括部主査 加地孝典氏に、現在のカーナビにおけるトレンド、そして今後ますます重要視されるであろうスマホとの連携などについてお話を伺った。

アイシン・エィ・ダブリュのナビ開発におけるキーマン 加地孝典氏。

アイシン・エィ・ダブリュのナビ開発におけるキーマン 加地孝典氏。
トヨタ純正ナビの「NHBA-X62G」。
8インチの大型ディスプレイを採用し、ブルーレイ再生機能を初めて搭載したフラッグシップモデル。価格はG-BOOK mXproモデルが34万3350円、G-BOOK mXモデルが29万9250円。
トヨタ純正ナビの「NHBA-X62G」。
8インチの大型ディスプレイを採用し、ブルーレイ再生機能を初めて搭載したフラッグシップモデル。価格はG-BOOK mXproモデルが34万3350円、G-BOOK mXモデルが29万9250円。

いま世の中にないならやろう

高山:発売から若干時間がたっており申し訳ありませんが、まずトヨタ純正ナビについての特徴や商品企画における狙いなどを教えてください。

加地:おっしゃるように現在販売されているトヨタさんのディーラー向けのカーナビゲーション、その中でもフラッグシップモデルにあたる「NHBA-X62G(以下X62Gと表記)」ほか数機種、さらにここ数年間はトヨタさん向けのフラッグシップモデルを小社で開発しています。その中で今回初めてブルーレイのデッキを本体内に搭載して製品化しました。われわれは「用品」と呼んでいるのですが、その位置づけは「打倒、市販モデル」であったり、トヨタさんの商品群の中での「アンテナ商品」であったりでなければいけない。その使命を担っているのがフラッグシップモデルなのです。

高山:その具体化が今回のモデルというわけですね。

加地:はい。今回われわれが一番チャレンジしたのは「現在AV一体型モデルの中で、ブルーレイを搭載しているものは世の中に出ていない。ならばそれをやろう」と。さらに家庭用ではブルーレイはだいぶ普及してきていますので、お客さまにクルマの中でのエンターテインメントをもっと楽しんでほしいということ、さらに音楽系のコネクテッドも十分準備するなど毎年新しいことをやっています。これがわれわれの使命でもありますし、トヨタさんから期待されている部分でもあります。

高山:このX62Gも8インチ、つまり大画面ディスプレイを搭載していますね。

加地:大画面に関しては市販メーカーさんが積極的に展開していますので、われわれも追いつかないといけないな、と。もちろんサイズに限界はあるわけですけど、9インチも市場に出ている中、大画面化のトレンドは間違いなく続くでしょうね。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「NAVIeliteの、今とこれから」の過去記事リストへ