第2回:キーワードは安心感

2013.01.11 特集

第2回:キーワードは安心感

(第1回はこちら)

アイシン・エィ・ダブリュのナビアプリ「NAVIelite」は2013年1月に初リリースから丸二年を迎える。発売当日にiPhone版を、その後Android版も購入、他のスマホアプリを併用しながら常にNAVIeliteの進化をじかに体験してきた筆者が、開発をけん引してきたナビ事業本部ソフト開発部次長(NAVIeliteチーフエンジニア)の牛田孝一氏に、今後の展開について、普段あまり聞けないヤバイ話(?)も含めて深〜くお話を伺った。

NAVIeliteチーフエンジニアの牛田孝一氏

第2回:タイトル
カーナビアプリ「NAVIelite」はiPhone版とAndroid版が用意される。
価格は3800円で1年間利用できる。
「NAVIeliteの、今とこれから」第2回:タイトル

思っていたより大変でした

高山:発売から間もなく2年、この間にナビアプリはもちろんですが、土台となる携帯電話の市場もすさまじいと言っても過言でないほどの激動の時代でした。開発側から見て、ほぼ当初に計画されたロードマップを走れていると考えてよろしいでしょうか。

牛田:いや、あまり順調ではありませんね(笑)。

高山:いきなりですか(笑)。

牛田:いやいや(笑)。というか、もう少しいろいろやれる予定でしたので……。実際やってみると大変というか、小社がカーナビの関係の企業ということもあったからでしょうか。NAVIeliteでは従来の小社が持つ部分、いわゆる「枠」みたいなものを払拭(ふっしょく)したい気持ちもありました。ゆえに開発の現場では加速したい点も多々あったのですが、やはりソフトウエアを開発する立場としてもナビとしての信頼性や機能など守らなければいけない部分もありますからね。

高山:なるほど。発売時期は異なりますので単純な比較はできないのですが、iPhone版とAndroid版、どちらが売れているのでしょうか。

牛田:おっしゃる通り発売時期が大きく異なることもあって、圧倒的にiPhone版が売れています。

高山:ただAndroid版の場合、ユーザーが端末を選べるという自由度、つまり大画面でNAVIeliteが使えるというメリットを強く感じています。この辺についてはどのようにお考えですか?

牛田:その部分はわれわれも感じています。Android版は機種ごとに仕様も異なりますので発売当初は動作が安定しないものもありましたが、アップデートも頻繁に行っていますし、現在の機種ではほとんど問題ないと思います。ただし常に機種が増え続けているので、それに対応させるのは確かに大変といえば大変ですね。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「NAVIeliteの、今とこれから」の過去記事リストへ