シボレーの2013年ラインナップが明らかに

2013.01.07 自動車ニュース
「シボレー・カマロ」
「シボレー・カマロ」に一部改良を実施

GMジャパン、シボレーブランドの2013年ラインナップを発表

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2013年1月4日、日本で取り扱うシボレーブランドの2013年のラインナップを発表し、販売を開始した。

「シボレー・コルベット」
「シボレー・カマロ」に一部改良を実施

2013年にGMが日本市場で扱う車種は、これまでと同じく「カマロ」「コルベット」「キャプティバ」「ソニック」の4種類。このうち「カマロ」には一部改良が実施され、新デザインのアルミホイールや、7インチのタッチスクリーン・カラーディスプレイAM/FMラジオ(USB/AUX/Bluetooth対応)などが採用された。

グレードは従来同様、V6エンジンの「クーペLT RS」と「コンバーチブル」、V8エンジンを搭載する「クーペSS RS」の3種類。価格は従来より5万円高の435万円から540万円までとなっている。

また、新型の発表を目前にひかえた高性能スポーツカーの「コルベット」はグレードが大幅に整理され、「グランスポーツ クーペ」(6AT)のみが販売されることとなった。同車は436psを発生する6.2リッターV8エンジンはそのままに、ワイドタイヤを履くために全幅が75mm拡幅され、専用サスペンションなどが与えられた高性能モデルである。2013年モデルにはコルベットの誕生60周年を記念するロゴも採用される。

これらを含む、2013年のシボレーのラインナップは以下の通り。

シボレー・カマロ
・カマロ クーペLT RS:435万円
・カマロ クーペSS RS:540万円
・カマロ コンバーチブル:504万円

シボレー・コルベット
・コルベット グランスポーツ クーペ:799万円

シボレー・キャプティバ
・キャプティバ:359万円

シボレー・ソニック
・ソニック:189万円
・ソニックLT:198万円
・ソニック スポーツライン:229万円

(webCG)

関連キーワード:
カマロコルベットキャプティバソニックシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • 第470回:怒涛の“アメ車愛”が炸裂!
    プチオーナー体験で感じた新型「カマロ」の魅力を語り尽くす
    2018.1.15 エディターから一言 怒涛(どとう)の大排気量V8エンジンを搭載したアメリカンマッスルカー「シボレー・カマロSS」がwebCG編集部にやってきた! 自身もアメリカ車を所有するwebCGほったが、1泊2日のプチオーナー体験で得た感想を、シボレーに対する愛をぶちまける。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • GMジャパン、新型「シボレー・カマロ」を11月に発売 2017.7.6 自動車ニュース GMジャパンが新型「シボレー・カマロ」を11月11日に発売すると発表した。6代目となる新型カマロには新開発のプラットフォームが用いられており、ボディーのコンパクト化、軽量化などにより、従来モデルを上回る俊敏な走りを実現しているという。
ホームへ戻る