シボレーの2013年ラインナップが明らかに

2013.01.07 自動車ニュース
「シボレー・カマロ」
「シボレー・カマロ」に一部改良を実施

GMジャパン、シボレーブランドの2013年ラインナップを発表

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2013年1月4日、日本で取り扱うシボレーブランドの2013年のラインナップを発表し、販売を開始した。

「シボレー・コルベット」
「シボレー・カマロ」に一部改良を実施

2013年にGMが日本市場で扱う車種は、これまでと同じく「カマロ」「コルベット」「キャプティバ」「ソニック」の4種類。このうち「カマロ」には一部改良が実施され、新デザインのアルミホイールや、7インチのタッチスクリーン・カラーディスプレイAM/FMラジオ(USB/AUX/Bluetooth対応)などが採用された。

グレードは従来同様、V6エンジンの「クーペLT RS」と「コンバーチブル」、V8エンジンを搭載する「クーペSS RS」の3種類。価格は従来より5万円高の435万円から540万円までとなっている。

また、新型の発表を目前にひかえた高性能スポーツカーの「コルベット」はグレードが大幅に整理され、「グランスポーツ クーペ」(6AT)のみが販売されることとなった。同車は436psを発生する6.2リッターV8エンジンはそのままに、ワイドタイヤを履くために全幅が75mm拡幅され、専用サスペンションなどが与えられた高性能モデルである。2013年モデルにはコルベットの誕生60周年を記念するロゴも採用される。

これらを含む、2013年のシボレーのラインナップは以下の通り。

シボレー・カマロ
・カマロ クーペLT RS:435万円
・カマロ クーペSS RS:540万円
・カマロ コンバーチブル:504万円

シボレー・コルベット
・コルベット グランスポーツ クーペ:799万円

シボレー・キャプティバ
・キャプティバ:359万円

シボレー・ソニック
・ソニック:189万円
・ソニックLT:198万円
・ソニック スポーツライン:229万円

(webCG)

関連キーワード:
カマロコルベットキャプティバソニックシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第470回:怒涛の“アメ車愛”が炸裂!
    プチオーナー体験で感じた新型「カマロ」の魅力を語り尽くす
    2018.1.15 エディターから一言 怒涛(どとう)の大排気量V8エンジンを搭載したアメリカンマッスルカー「シボレー・カマロSS」がwebCG編集部にやってきた! 自身もアメリカ車を所有するwebCGほったが、1泊2日のプチオーナー体験で得た感想を、シボレーに対する愛をぶちまける。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • GMジャパン、新型「シボレー・カマロ」を11月に発売 2017.7.6 自動車ニュース GMジャパンが新型「シボレー・カマロ」を11月11日に発売すると発表した。6代目となる新型カマロには新開発のプラットフォームが用いられており、ボディーのコンパクト化、軽量化などにより、従来モデルを上回る俊敏な走りを実現しているという。
  • 「DS 3」にパルテノン神殿がモチーフの特別仕様車が登場 2018.2.13 自動車ニュース DSブランドのコンパクトカー「DS 3」に、50台の限定モデル「パルテノン」が登場。車名の通り、古代ギリシアの古代遺跡、パルテノン神殿をモチーフにしたというボディーカラーが特徴で、ルーフカラーには茶系の「ブラントパーズ」が用いられている。
ホームへ戻る