【スペック】全長×全幅×全高=4970×1880×1420mm/ホイールベース=2875mm/車重=2030kg/駆動方式=4WD/4.7リッターV8DOHC32バルブターボ(408ps/5000-5750rpm、61.2kgm/1600-4750rpm)/燃費=9.4km/リッター(JC08モード)/価格=1240万円(テスト車=1285万円/エクスクルーシブパッケージ<セミアニリンレザーシート、フルレザー仕様、DINAMICAルーフライナー>=45万円)

メルセデス・ベンツCLS550 4マチック ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク【試乗記】

挑戦的とはメルセデスのこと 2013.01.10 試乗記 メルセデス・ベンツCLS550 4マチック ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク(4WD/7AT)
……1285万円

名門が名門たりえるのは、変化をおそれぬ勇気と柔軟性があるからこそ。メルセデス・ベンツは「CLSシューティングブレーク」で、再びワゴンの既成概念に立ち向かう。

横綱の多彩な攻め

常に正々堂々と押し相撲で攻める横綱が、意表を突く技を繰り出してきた時の驚きは大きいものだ。相撲通に言わせれば横綱らしくないのかもしれないが、勝負事である限り、攻め方はいつも変わらないと考えるほうが甘いと言われても仕方がない。
2004年にメルセデスが初代「CLS」を発表した時の驚きは、そんな種類だったように思う。世の中の勝手な思い込みを見透かしたかのような鮮やかな一撃。正論と書いてベンツと読む、と言いたいぐらいに常に正攻法で、時として傲慢(ごうまん)なほど自動車とはこういうものだ、とそれぞれの時代のスタンダードを定義してきたあのメルセデス・ベンツが、こんな攻撃オプションも持っているのか、と感心し、また不意を突かれたことをなぜか悔しく思ったものだ。そのメルセデスが今度は新型CLSのステーションワゴン版をして「シューティングブレーク」と銘打ってきた。

シューティングブレークとは、随分と時代がかった呼び名を持ち出したものだが、またしてもメルセデスにやられた感がある。これは古き良き時代への憧れを呼び覚ます、セレブな響きを持つ名称である。
メルセデスの発表資料にも「シューティングブレークとは、1960年代の英国貴族がクーペスタイルの乗用車に余暇を楽しむための道具を収納する広いラゲッジスペースを設定した車両」とその由来が説明されている。確かに貴族的という点についてはその通りだろうが、それ以外の部分についてはちょっと異議がある。
というのも、かつてのシューティングブレークとは、本当に狩猟のために役立つ車というよりは、実用性は二の次三の次で、おしゃれや伊達(だて)さ、遊び心を仲間内で競うような車と言ったほうが正しい。実際に、テールゲートを開けるとそこには銃を2丁納めるための作り付けのケースがはめ込まれただけというものもあった。
そもそもアストンやジャガー、あるいはフェラーリなどの高性能GTやスポーツクーペをベースにしたシューティングブレークでは、森の中やヒースの原野に足を踏み入れられるはずもない。馬の代わりに使うのなら「レンジローバー」でも持って来ないと役に立たないだろう。
要するに、現実にはほとんど使い物にならないからこそ面白く、風流であるという数寄自慢のための狩猟用スペシャルティーワゴンと言うべきものだった。その呼び名自体に、ユーモアというか皮肉が込められていたのだ。

半月状のウィンドウグラフィックが印象的なサイドビュー。道行く人を振り向かせるインパクトは十分。
半月状のウィンドウグラフィックが印象的なサイドビュー。道行く人を振り向かせるインパクトは十分。
インパネデザインは「CLS」セダンに準じる。試乗車はインパネやドアパネルにまで本革を張った「エクスクルーシブパッケージ」装着車。内装色はブラック/ポーセレン。
インパネデザインは「CLS」セダンに準じる。試乗車はインパネやドアパネルにまで本革を張った「エクスクルーシブパッケージ」装着車。内装色はブラック/ポーセレン。
4.7リッターV8ツインターボエンジンは408psを発生。駆動方式は4WD。前輪に45%、後輪に55%のトルクを配分する。
4.7リッターV8ツインターボエンジンは408psを発生。駆動方式は4WD。前輪に45%、後輪に55%のトルクを配分する。
関連記事 ホームへ戻る