【語ってくれた人】藤田博也(ふじた ひろや)さん/1980年にトヨタ自動車入社。エンジンの開発などを経て、10代目「カローラ」からチーフエンジニアに。続く11代目「カローラ」、そして今回の2代目「オーリス」でも開発責任者を務めた。

トヨタ・オーリス【開発者インタビュー】

走りの楽しさを届けたい 2013.01.07 試乗記 <開発者インタビュー>
藤田博也さん
トヨタ自動車株式会社
製品企画本部 チーフエンジニア

「常識に尻を向けろ。」のキャッチフレーズとともに昨2012年に発売された、2代目「トヨタ・オーリス」。鍛え上げた走行性能をセリングポイントとする新型に込められた、開発者の思いとは?

主戦場は「超激戦区」

車高をグッと下げた「低重心フォルム」で、“走り"を予感させる新型「オーリス」。クルマの土台となるプラットフォームは基本的に先代のものを引き継ぎながら、しかし外観、内装とも、ガラリとイメージが変わった。その理由を、オーリスの開発を取りまとめた藤田博也さんにうかがった。

――トヨタ・オーリス。2代目も、やはり欧州が主戦場ですか?
そうですね。初代ですと、7割くらいがヨーロッパ。残りをオセアニアと日本で分け合って、どちらもだいたい月販2000〜3000台でした。

――初代の、欧州での評判はどうだったのですか?
居住性がいい。背が高いので、スペースがある。そうした評価をいただきました。先代はプラットフォームを一新し、「カローラ ハッチ(邦名:カローラランクス/アレックス)」からオーリスと名前を変えた新鮮さもあって、2007年の発売時は月販1万5000台くらい。順調でした。ところが競争が激しくて、当初の販売台数を維持できませんでした。

――いわゆるCセグメントのハッチバック。日本では影の薄いカテゴリーですが、ヨーロッパではいまもメインマーケットですね。
競合車がひしめいています。シェアが二桁いくのは、トップの「フォルクスワーゲン・ゴルフ」くらい。2位以下は大混戦。「フォード・フォーカス」「オペル・アストラ」。それにルノー、シトロエン、最近では韓国車……。新しいモデルがどんどん出て、新車が出るたびに、スッとそのブランドがシェアを伸ばすのですが、すぐにライバルが登場して頭打ちになる。その繰り返しです。

――2代目オーリスはスポーティーになり、大幅にイメージが変わりました。
ヨーロッパでメジャープレーヤーとして戦っていくには、やはり運動性能を上げないといけない。また、オーリスは数が出るクルマです。メーカー平均130g/kmという非常に厳しいCO2排出制限をパスするため、もっと燃費を上げたい。空気抵抗を減らすためにも、背を低くする必要があったのです。

内外装ともに、イメージチェンジが図られた2代目「トヨタ・オーリス」。
内外装ともに、イメージチェンジが図られた2代目「トヨタ・オーリス」。
新型「オーリス」の開発を取りまとめた藤田さんは、「カローラ」シリーズの開発責任者でもある。写真は2012年9月、「オーリス」の試乗会でのもの。
新型「オーリス」の開発を取りまとめた藤田さんは、「カローラ」シリーズの開発責任者でもある。写真は2012年9月、「オーリス」の試乗会でのもの。
水平基調のインテリア。先代の特徴であった左右の座席を分かつセンターコンソールは廃された。
水平基調のインテリア。先代の特徴であった左右の座席を分かつセンターコンソールは廃された。
先代モデルに比べ、全高は55mmダウン。ドライバーの着座位置も40mm低められている。なお、2600mmのホイールベースは変わらない。
先代モデルに比べ、全高は55mmダウン。ドライバーの着座位置も40mm低められている。なお、2600mmのホイールベースは変わらない。
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【レビュー】 2016.5.11 試乗記 日本市場ではこれがないと始まらない? トヨタのCセグメントハッチバック車「オーリス」にハイブリッドモデルが登場。JC08モード計測で30.4km/リッターという燃費を実現する、新たな最上級グレードの出来栄えを報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
ホームへ戻る