第168回:次期「Sクラス」に搭載される最先端の安全システムを体験

2012.12.28 エッセイ

第168回:メルセデス・ベンツのテクノロジーワークショップに参加次期「Sクラス」に搭載される最先端の安全装備と運転支援システムを体験

シュトゥットガルトにあるメルセデス・ベンツ本社で行われた、最新テクノロジーワークショップに参加。その中でも、2013年に発表される予定の次期「Sクラス」に搭載されるであろう最新の安全システムについて報告する。

車線逸脱回避の装備とシステム

2013年の前半にも発表される予定の次期「メルセデス・ベンツSクラス」は、これまでのSクラスがそうだったように、最新のテクノロジーを満載しての登場となるはずである。特に安全装備、そして運転支援システムについては、メルセデス自身が「360度の視界を手に入れる」と表現する通り、あらゆる方向に機能する数多くのセンサーを搭載し、さらにはそれらで得た情報を統合的に解析することで、事故の防止や回避そして被害低減、さらにはリラックスしたドライブを可能にする最先端のシステムが搭載される予定だ。

参加したワークショップにて公開された内容のうちの一部については、シミュレーターで実際に効果を体験することもできたので、その辺りも交えて順番に解説していくこととしよう。

「アクティブレーンキープアシスト」は、対向車がいたり、あるいは隣のレーンに車両がいる時にレーンを逸脱しそうになると、片輪にブレーキをかけることでヨーを発生させ、車両をレーン内へと引き戻すシステムである。
そして「ステアリングアシスト搭載ディストロニックプラス」は、前方車両への追従走行を行うクルーズコントロールに、車線誘導機能を追加したもの。ステレオカメラで車線を認識し、電動パワーステアリングを制御して車両を車線内に収める。

かたやブレーキ制御、かたやステアリング制御なのが面白いが、開発スタッフに聞いたところ、安全装備である前者の場合、ブレーキ介入の方がドライバーの違和感が少ないのだという。ステアリング制御だと思わず介入に抗する操作を取ってしまうことがあり得るのだそうだ。

第168回:次期「Sクラス」に搭載される最先端の安全システムを体験
現在、鋭意テスト中の次期型「Sクラス」。今回体験した最新の安全システムを搭載して2013年前半にもデビュー予定だ。もちろん、他にも先進のテクノロジーを満載して登場してくるのは間違いない。
第168回:次期「Sクラス」に搭載される最先端の安全システムを体験
「アクティブレーンキープアシスト」は、対向車もしくは隣車線に車両がいる時に、自車が車線を逸脱しそうになると、車両を車線内に引き戻す。単に車線を逸脱しそうな時はステアリングを振動させて警告するにとどめる。
第168回:次期「Sクラス」に搭載される最先端の安全システムを体験
これがシステムを実体験したシミュレーターの外観。車両が入ったカプセルは可動式の6本の脚で支えられ、しかもレール上を移動することで実際にGを発生させることも可能。このシミュレーターを主にシステムの検証に活用することで、作動の精度を高めているのだ。
第168回:次期「Sクラス」に搭載される最先端の安全システムを体験

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ