特別な「アルファード/ヴェルファイア」発売

2012.09.18 自動車ニュース

「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」に2タイプの特別仕様車

トヨタ自動車は2012年9月18日、ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」のそれぞれに、2種類の特別仕様車を設定し発売した。

今回発売された「アルファード」の特別仕様車「240S/350S“type GOLD(タイプゴールド)”」と、「ヴェルファイア」の特別仕様車「2.4Z/3.5Z“Golden Eyes(ゴールデンアイズ)”」は、それぞれ「アルファード240S/350S」と「ヴェルファイア2.4Z/3.5Z」の7人乗り仕様車がベース。

専用アルミホイールやスモークめっきリングのフロントフォグランプ、シャンパンゴールドのセンタークラスター、アルカンターラをメイン素材とした専用シート表皮などでドレスアップされる。
そのほか、以下の特別装備が与えられる。

・スモークめっきのフロントグリルおよびバックドアガーニッシュ(「アルファード」のみ)
・シャンパンゴールドリングのプロジェクター式ヘッドランプリング(「ヴェルファイア」のみ)
・専用ツヤあり黒木目調仕上げのステアリングホイールおよびインストゥルメントパネル
・ゴールドロゴ付きの専用加飾スマートキー
・デュアルパワースライドドア 
・パワーバックドア&バックドアイージークローザー

FF車の価格は以下のとおり。4WD車はそれぞれ16万9000円高となる。

・「アルファード240S“タイプゴールド”」:367万円
・「アルファード350S“タイプゴールド”」:405万円
・「ヴェルファイア2.4Z“ゴールデンアイズ”」:367万円
・「ヴェルファイア3.5Z“ゴールデンアイズ”」:405万円

もう1種類の「アルファード“Premium Seat Package(プレミアムシートパッケージ)”」「ヴェルファイア“PREMIUM SEAT EDITION(プレミアムシートエディション)”」は、その名のとおり、座席の素材や機能をアップグレードした特別仕様車。
プレミアムレザーを使った2トンカラーのシートや、2列目シートのベンチレーション機能およびシートヒーター、読書灯、専用ブラック加飾のスマートキーなどが与えられる。

価格は、「アルファード」が「350G“プレミアムシートパッケージ”」(FF車)の492万円から「ハイブリッドSR“プレミアムシートパッケージ”」の595万円まで。
「ヴェルファイア」も同じく、「3.5V“プレミアムシートエディション”」(FF車)の492万円から「ハイブリッドZR“プレミアムシートエディション”」の595万円まで。

同時に、「アルファード」と「ヴェルファイア」のハイブリッドモデルについては、停電などの非常時に車体から電力を得るためのアクセサリーコンセント(AC100V、1500W)がオプション設定された。

(webCG)

「アルファード240S“タイプゴールド”」
「アルファード240S“タイプゴールド”」
「ヴェルファイア2.4Z“ゴールデンアイズ”」
「ヴェルファイア2.4Z“ゴールデンアイズ”」
「アルファードハイブリッドG“プレミアムシートパッケージ”」のインテリア。
「アルファードハイブリッドG“プレミアムシートパッケージ”」のインテリア。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る