マツダの主役は5台のディーゼルカスタム【東京オートサロン2013】

2012.12.27 自動車ニュース

【東京オートサロン2013】マツダの主役は5台のディーゼルカスタム

マツダは2013年1月11日〜13日に幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される「東京オートサロン2013 with NAPAC」に、新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D(スカイアクティブ ディー)」を搭載した「アテンザ」「CX-5」のカスタムカーを5台参考出品する。

「アテンザ」がベースのカスタムカーは5台出品される。
「アテンザ レーサー2013」は、ディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D」を搭載する「セダンXD」の6MT車をベースに、「M'z CUSTOM(エムズ カスタム)」ブランドのエアロパーツやブレンボ製ブレーキキャリパーなどを装備したサーキットトライアル仕様。サーキットを走行するユーザーの要求に応えたスペックとデザイン、および快適性を考慮してカスタムされている。

究極のオーディオを追求したカスタムカーが「アテンザGT サウンドスペシャル2013」。ディーゼルモデルの最上級グレード「セダンXD Lパッケージ」の6AT車をベースとしてDIATONE(ダイヤトーン)製スペシャルオーディオナビおよびスピーカーを搭載し、「自分だけのオーディオルームとしても楽しめる、大人のための特別な一台」(プレスリリース)を提案する。

「アテンザワゴン」をベースとしたカスタムカーも公開される。「アテンザワゴン グランドツーリング2013」は、イメージカラーの「ソウルレッドプレミアムメタリック」に塗られ、細部にまでカスタマイズの手が入る。ドライブトレインはこちらもディーゼル+6MT。「赤い『ファミリア』と共に青春時代を過ごしたときめきを呼び起こさせる一台」に仕上げたという。

一方、「CX-5」ベースのカスタムカーは2台出品される予定だ。
「CX-5グランドツーリング2013」は、「自由自在に街を駆け抜けるストリートスペシャル」がイメージ。ブレンボのブレーキキャリパーと20インチタイヤ&ホイールを装備し、ピアノブラックペイントのM'z CUSTOMエアロパーツが外観を引き締める。

「家族と一緒にアクティブに動き回れるようカスタマイズした一台」が「CX-5アクティブドライバー2013」。スポーツ走行中でも乗員が快適に過ごせるよう、セミバケットシートを装着している。

(webCG)

「アテンザ レーサー2013」
「アテンザ レーサー2013」
「アテンザGT サウンドスペシャル2013」
「アテンザGT サウンドスペシャル2013」
「アテンザワゴン グランドツーリング2013」
「アテンザワゴン グランドツーリング2013」
「CX-5グランドツーリング2013」
「CX-5グランドツーリング2013」
「CX-5アクティブドライバー2013」
「CX-5アクティブドライバー2013」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。