【スペック】アテンザセダン25S Lパッケージ:全長×全幅×全高=4860×1840×1450mm/ホイールベース=2830mm/車重=1450kg/駆動方式=FF/2.5リッター直4DOHC16バルブ(188ps/5700rpm、25.5kgm/3250rpm)/燃費=15.6km/リッター(JC08モード)/価格=300万円(テスト車=313万6500円/Boseサウンドシステム+11スピーカー=8万4000円/ボディーカラー<ソウルレッドプレミアムメタリック>=5万2500円)

マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ(FF/6AT)/アテンザワゴン20S(FF/6AT)【試乗記】

“白身”の味わい 2012.12.29 試乗記 マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ(FF/6AT)/アテンザワゴン20S(FF/6AT)
……313万6500円/280万9750円

「SKYACTIV(スカイアクティブ)」テクノロジーと「魂動(こどう)」デザインを採用し、生まれ変わった新型「アテンザ」。マツダの新たなフラッグシップモデルの実力を、まずはガソリンエンジン搭載車で試した。

技術もデザインも“全部盛り”

“事件”は、試乗が始まる前の説明会場で起きた。
「今日は白身の魚を味わってもらい、赤身のほうはまた後日ということで……」
マツダのフラッグシップたる「アテンザ」の試乗会なのだが、今回は主力となるディーゼルモデルがなく、ガソリンエンジンを積んだモデルだけで開催されたのだ。広報の方がそれを刺し身にたとえたわけである。

その後に挨拶(あいさつ)に立った主査の梶山浩氏は、ぶぜんたる表情で「作るほうは、そういうつもりではありません」と話したのだ。梶山氏が“前菜”と言われたと勘違いしていたことがわかって事なきを得たが、会場は一瞬緊張感に包まれた。マツダの本気が伝わってくる一幕だった。

今年2月に「CX-5」が発売されて好評を博したが、その勢いを継続すべく「アテンザ」のセダンとワゴンを投入した。新世代技術の「SKYACTIV(スカイアクティブ)」を全面的に採用し、「魂動(こどう)」という新しいテーマでデザインされている。いわば“全部盛り”なのだから、マツダの未来がかかったモデルなのだ。もちろん、全世界で販売されるワールドワイドな製品である。

長年世に広まっていた偏見を打ち破り、CX-5は販売数の8割以上がディーゼルモデルとなった。SUVには比較的抵抗の薄いパワーソースだが、ディーゼルエンジンを積んだ日本の乗用車というと、「いすゞ・フローリアン」あたりまでさかのぼる必要がある。しかし、アテンザも受注の約8割がディーゼルモデルなのだという。「マツダといえばディーゼル」という図式が、思った以上に浸透しているようだ。

新型「アテンザ」のボディーバリエーションは、セダンとワゴンの2種類。先代モデルにあった5ドアハッチバックは用意されない。
新型「アテンザ」のボディーバリエーションは、セダンとワゴンの2種類。先代モデルにあった5ドアハッチバックは用意されない。
インストゥルメントパネルを横切る加飾パネルには、写真のボルドーメタルのほか、ダークメタルも用意。試乗車はセダン、ワゴンともに、ディーラーオプションのHDDナビゲーションシステムを装備していた。
インストゥルメントパネルを横切る加飾パネルには、写真のボルドーメタルのほか、ダークメタルも用意。試乗車はセダン、ワゴンともに、ディーラーオプションのHDDナビゲーションシステムを装備していた。
タイヤサイズはセダン、ワゴンともに「20S」が225/55R17、その他のグレードが225/45R19。「25S」と「XD」の Lパッケージには、高輝度塗装のアルミホイールが用意される。
タイヤサイズはセダン、ワゴンともに「20S」が225/55R17、その他のグレードが225/45R19。「25S」と「XD」の Lパッケージには、高輝度塗装のアルミホイールが用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る