第42回:今年は映画の当たり年! 冬休みに観たいクルマ映画DVD

2012.12.27 エッセイ

第42回:今年は映画の当たり年! 冬休みに観たいクルマ映画DVD

『ドライヴ』DVD
第42回:今年は映画の当たり年! 冬休みに観たいクルマ映画DVD

『ドライヴ』監督の旧作がDVDで登場

2012年は、間違いなく映画の当たり年だった。ヒューマンドラマからドキュメンタリー、アクション大作までさまざまなジャンルで良作が誕生した。逆に、箸にも棒にもかからない駄作は昨年からすると激減した。まあ、ヤバそうな映画はそもそも避けて観なかったからかもしれないが。

傑作ぞろいの中でも、ナンバーワンは何かと聞かれれば、迷うことなく『ドライヴ』と答える。カーアクションのキレが良かっただけでなく、映像表現として素晴らしいセンスだった。キャリー・マリガンがかわいかったのは、おまけポイントである。

『ドライヴ』が評価されたことで、ニコラス・ウィンディング・レフン監督の旧作がDVDで観られるようになったのは朗報である。今回は冬休みDVD特集ということで、真っ先に取り上げようと思ったのだが、残念なことにそれはかなわない。クルマが一切出てこないのだ。『ヴァルハラ・ライジング』は北欧神話がベースになっているし、『ブロンソン』はほとんどのシーンが刑務所の中である。クルマが活躍するのは無理だ。

邦画ナンバーワンも、まったく迷わなかった。『桐島、部活やめるってよ』は『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大作監督が新たなステージに進んだことを示す素晴らしい作品である。音楽を使わず、学校の中で聞こえる生活音だけを丹念に拾って臨場感を出した録音の見事さに息をのんだ。ただし、これもカメラが学校の外にほとんど出ないのでクルマが登場しない。このコーナーでは紹介できなかったのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。