「マツダ・フレア」にも5MT仕様が登場

2012.12.26 自動車ニュース

軽自動車「マツダ・フレア」に低価格の5MT仕様

マツダは2012年12月26日、軽自動車の「フレア」にアイドリングストップ機構を搭載した5MT仕様を追加し、発売した。

「フレア」はマツダがスズキからOEM調達する「ワゴンR」の姉妹モデルである。

これまでは「スズキ・ワゴンR」「マツダ・フレア」ともCVT仕様のみの設定となっていたが、2012年12月19日に「ワゴンR」に5MT仕様が登場。これを受けて「フレア」にも追加されることとなった。

5MT仕様が追加されるのはベースグレードの「XG」のみ。アイドリングトップ機構の搭載もあり、FF車で25.6km/リッター、4WD車で24.0km/リッターの低燃費を実現している。

価格はFF車が114万1350円、4WD車が125万8950円と、CVT仕様より1万500円安く設定されている。

(webCG)

「マツダ・フレア XG」
「マツダ・フレア XG」 拡大

関連キーワード:
フレアマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダが軽乗用車「フレアワゴン」をフルモデルチェンジ 2017.12.22 自動車ニュース マツダは2017年12月22日、「フレアワゴン/フレアワゴン カスタムスタイル」を全面改良し、2018年2月8日に発売すると発表した。スズキからOEM供給を受けて販売する軽乗用車であり、「スズキ・スペーシア/スペーシア カスタム」の姉妹モデルにあたる。
  • マツダ・フレアワゴンにターボの新グレード 2015.8.27 自動車ニュース マツダが「フレアワゴン」に一部改良を実施。モーターアシスト機能付きターボエンジンを搭載した新グレード「カスタムスタイル XGターボ」「カスタムスタイル XSターボ」を追加した。FF車で26.8km/リッターという燃費性能と、力強い走りを両立しているという。
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • ステーションワゴン、はじめました
    これが「ホンダ・ジェイド」の進む道!?
    2018.5.23 デイリーコラム 2列シートの5人乗りタイプ追加に加えて、スポーティーグレードの商品力を強化して販売不振からの脱却を図る「ホンダ・ジェイド」。「ヒンジドアミニバン」市場の縮小という状況下で、ホンダがとった秘策とは!?
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.25 試乗記 現行型MINIの3モデルが、デビューから4年を経て大幅にマイナーチェンジ。デュアルクラッチ式ATの採用とサスペンションの改良は、このクルマにどんな変化をもたらしたのか? スペイン・マヨルカ島での試乗で感じた、進化の程をリポートする。
ホームへ戻る