「マツダ・フレア」にも5MT仕様が登場

2012.12.26 自動車ニュース

軽自動車「マツダ・フレア」に低価格の5MT仕様

マツダは2012年12月26日、軽自動車の「フレア」にアイドリングストップ機構を搭載した5MT仕様を追加し、発売した。

「フレア」はマツダがスズキからOEM調達する「ワゴンR」の姉妹モデルである。

これまでは「スズキ・ワゴンR」「マツダ・フレア」ともCVT仕様のみの設定となっていたが、2012年12月19日に「ワゴンR」に5MT仕様が登場。これを受けて「フレア」にも追加されることとなった。

5MT仕様が追加されるのはベースグレードの「XG」のみ。アイドリングトップ機構の搭載もあり、FF車で25.6km/リッター、4WD車で24.0km/リッターの低燃費を実現している。

価格はFF車が114万1350円、4WD車が125万8950円と、CVT仕様より1万500円安く設定されている。

(webCG)

「マツダ・フレア XG」
「マツダ・フレア」にも5MT仕様が登場

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る