「マツダ・フレア」にも5MT仕様が登場

2012.12.26 自動車ニュース

軽自動車「マツダ・フレア」に低価格の5MT仕様

マツダは2012年12月26日、軽自動車の「フレア」にアイドリングストップ機構を搭載した5MT仕様を追加し、発売した。

「フレア」はマツダがスズキからOEM調達する「ワゴンR」の姉妹モデルである。

これまでは「スズキ・ワゴンR」「マツダ・フレア」ともCVT仕様のみの設定となっていたが、2012年12月19日に「ワゴンR」に5MT仕様が登場。これを受けて「フレア」にも追加されることとなった。

5MT仕様が追加されるのはベースグレードの「XG」のみ。アイドリングトップ機構の搭載もあり、FF車で25.6km/リッター、4WD車で24.0km/リッターの低燃費を実現している。

価格はFF車が114万1350円、4WD車が125万8950円と、CVT仕様より1万500円安く設定されている。

(webCG)

「マツダ・フレア XG」
「マツダ・フレア XG」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「トヨタ・ハリアー」マイナーチェンジ 2リッターターボ搭載車も設定 2017.6.8 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年6月8日、マイナーチェンジを施した「トヨタ・ハリアー」を発表。新たに2リッター直4ターボエンジン搭載車をラインナップし、同日、販売を開始した。
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • 日産が「エクストレイル」をマイナーチェンジ 2017.6.8 自動車ニュース 日産がミドルサイズSUV「エクストレイル」をマイナーチェンジ。自動操舵技術を用いた運転支援システム「プロパイロット」を新採用するなど、装備を大幅に強化した。フロントマスクを変更するなど、デザインにも手が加えられている。
ホームへ戻る