マツダ・アクセラにスポーティーな特別仕様車

2012.12.26 自動車ニュース

マツダ、「アクセラスポーツ」の特別仕様車「スポーツエディション」を発売

マツダは2012年12月26日、「アクセラスポーツ」に特別仕様車「スポーツエディション」を設定し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、「20S-SKYACTIV」と「15S」の2グレードをベースに、内外装をよりスポーティーに仕立てたものである。

外装には大型のリアルーフスポイラーやシャークフィンアンテナ、ガンメタリック塗装のアルミホイールなどといった、「マツダスピードアクセラ」や欧州仕様車(MAZDA3)用の装備を採用。「15S」では、内装にピアノブラックのセンターコンソールやシフトゲートなども用いている。

ボディーカラーは特別色の「ジールレッドマイカ」を含む全5色。価格は「15Sスポーツエディション」がベース車から据え置きの179万円、「20S-SKYACTIVスポーツエディション」は5万円高の220万円となっている。

<主な特別装備>
「15S/20S-SKYACTIVスポーツエディション」共通
・リアルーフスポイラー(「マツダスピードアクセラ」と同形状)
・シャークフィンアンテナ(「マツダスピードアクセラ」と同形状)
・ワンタッチ電動格納リモコン式カラードドアミラー
(「マツダスピードアクセラ」と同色のブラック)

「20S-SKYACTIVスポーツエディション」
・アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)
・205/50R17 89W タイヤ&17インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)
・スポーツシート(赤ステッチ入り)
・ディスチャージヘッドランプ(ブルーリング付き)

「15Sスポーツエディション」
・LEDドアミラーウインカー
・205/55R16 91V タイヤ&16インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)
・センターコンソール(クリアブラック)
・シフトゲート(ピアノブラック)
・マルチインフォメーションディスプレイ(MID)4.1インチカラー液晶
・ディスチャージヘッドランプ

(webCG)

「20S-SKYACTIVスポーツエディション」
「20S-SKYACTIVスポーツエディション」
「20S-SKYACTIVスポーツエディション」
「20S-SKYACTIVスポーツエディション」
「15Sスポーツエディション」
「15Sスポーツエディション」

関連キーワード:
アクセラスポーツマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • 「マツダ・アクセラ」の先進安全装備が充実 2017.8.24 自動車ニュース マツダは2017年8月24日、「アクセラ」の装備・仕様を変更したと発表した。同日、予約の受け付けを開始し、同年9月21日に発売する。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.7 試乗記 マイナーチェンジを機にラインナップに加えられた、「マツダ・アクセラスポーツ」の1.5リッターディーゼルモデルに試乗。新たなパワーユニットがもたらす走行性能や、走りの質を向上させるという新技術の効果についてリポートする。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD(FF/6AT)/アクセラセダン22XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.18 試乗記 「マツダ・アクセラ」がマイナーチェンジを受け、1.5ディーゼル搭載の「15XD」が登場。また、さらなる人馬一体感を実現する「G-ベクタリングコントロール」が採用された。注目の「15XD」と、2.2ディーゼルの「22XD」に試乗した。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
ホームへ戻る