第277回:本場フィアット販売店の「東京トヨペット化」進行中?

2012.12.28 エッセイ

第277回:本場フィアット販売店の「トヨペット化」進行中?

アルファ・ロメオの店が消えていた!

毎年この時期、イタリアの自動車ディーラーは、12月25日と、同じく国民の祝日である翌26日こそ休むが、大半は31日まで営業する。新年も1月2日から営業する店がほとんどだ。自動車販売店に限らず、イタリアの年始はあっけない。したがって年末よりもクリスマス前のほうが、一年の締めくくり感が強い。

そんなある日ボクは、地元アルファ・ロメオ販売店の近くを通ったので、年末のあいさつに寄ってみようと思い立った。するとどうだ、敷地は閉鎖されていて、ショールームは事実上もぬけの殻になっているではないか。併設されていたジープの販売店もなくなっていた。
ボクの脳裏には「アルファ・ロメオ166」から始まり、「159」「Mito」「ジュリエッタ」など、地元のアルフィスタたちと共に楽しんだディーラー発表会の残像がよぎった。長いこと楽しませてもらったな……と、しみじみしてから、落ち着いて門を見ると、貼り紙があって、移転先が記されていた。

その移転先の住所を頼りにクルマを走らせてみると、何のことはない、数ブロック離れたフィアットブランドのショールームだった。閉鎖されていたアルファ・ロメオと同じディーラーが経営しているものだ。中に入ると、以前アルファ・ロメオショールームの責任者だったリヴィオさんがいるではないか。

普通、イタリアのセールスマンはどんな駆け出しでも、パーティションやガラスで仕切られた商談用の小部屋が与えられている。だが、リヴィオさんはショールームの端に置かれた、いかにも仮設っぽい机に座っている。

な、なんですか、これは?

年末訪ねてみたら閉鎖されていたアルファ・ロメオのショールーム。
年末訪ねてみたら閉鎖されていたアルファ・ロメオのショールーム。
「ウーゴ・スコッティ」は、シエナ県最大級のフィアット系ディーラー。手前は2012年7月に発売された「フィアット500L」。奥には、数年前に設けられたランチアの展示スペースが。
「ウーゴ・スコッティ」は、シエナ県最大級のフィアット系ディーラー。手前は2012年7月に発売された「フィアット500L」。奥には、数年前に設けられたランチアの展示スペースが。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。