【スペック】208アリュール:全長×全幅×全高=3960×1740×1470mm/ホイールベース=2540mm/車重=1070kg/駆動方式=FF/1.2リッター直3DOHC12バルブ(82ps/5750rpm、12.0kgm/2750rpm)/燃費=19.0km/リッター(JC08モード)/価格=199万円(テスト車=同じ)

プジョー208アリュール(FF/5MT)/208GT(FF/6MT)【試乗記】

それでもMTで乗ってほしい 2013.01.08 試乗記 プジョー208アリュール(FF/5MT)/208GT(FF/6MT)
……199万円/258万円

プジョーの最新コンパクトカー「208」シリーズに、1.2リッター直3の「アリュール」と1.6リッター直4ターボの「GT」が登場。ラインナップは3ドア・MTのみという、ちょっとマニアックな2グレードの魅力とは?

プジョーの英断

シトロエンやルノーが革新を好むのに対して、同じフランスのプジョーはドイツのブランドのような正常進化を得意としてきた。「205」から「206」、「207」と代を重ねるごとに数字を1ずつ増やしていく車名も、それを象徴しているようだ。でも「208」に関しては、このブランドとしては革命に近い内容ではないかという気がしている。

なにしろモデルチェンジなのにボディーが小さくなった。プラットフォームを前作207と共用し、ホイールベースも2540mmのままとしながら、全長は85mm短い3960mmと4m未満に戻し、全幅と全高も1740/1470mmと10mmずつコンパクトになっている。おかげで同じエンジン搭載車同士で約100kgものダイエットに成功した。

乗用車は商品でもあるから、新型の室内が旧型より狭くなったり、安全性で劣ったりすることは許されない。だからダウンサイジングを声高に叫ぶブランドさえ、ボディーまで小さくすることはまれだ。それを考えれば、207から208への進化は勇気ある決断と言える。

しかも同時に実施したエンジンのダウンサイジングでは、ただ排気量を減らしただけでなく、自社開発としては初の直列3気筒を、1.2リッターで導入している。

もっとも現時点では、この1.2リッターには日本で主流の2ペダルドライブの設定がないため、価格面を重視した3ドアの5段MTという仕様のみ。一方で売れ筋の5ドアは1.6リッターに4段ATの組み合わせという、207と共通のパワートレインになる。

セールスの現場にとっては歯がゆいラインナップかもしれない。でも3ドアやMTを受け入れ可能な自分にとっては、これこそベスト・オブ・208だった。

「アリュール」のリアビュー。ドアパネルに走るプレスラインやCピラーの処理などにより、5ドア車と差別化が図られている。
プジョー208アリュール(FF/5MT)/208GT(FF/6MT)【短評】
ユニークなメーターの配置や、タッチスクリーン式のオーディオなどが特徴的な車内。全グレードに6エアバッグ(フロント/フロントサイド/カーテン)を標準装備するなど、安全性にも配慮している。
プジョー208アリュール(FF/5MT)/208GT(FF/6MT)【短評】
トランスミッションは、5ドアが全車4ATだったのに対し、3ドアでは「アリュール」には5MT、「GT」には6MTを採用する。今年中にはロボタイズドMTが登場する予定だ。
プジョー208アリュール(FF/5MT)/208GT(FF/6MT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

208の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
ホームへ戻る