クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】high up!(ハイアップ!):全長×全幅×全高=3545×1650×1495mm/ホイールベース=2420mm/車重=920kg/駆動方式=FF/1リッター直3DOHC12バルブ(75ps/6200rpm、9.7kgm/3000-4300rpm)/価格=183万円(テスト車=190万5600円/カーナビゲーションシステム+取り付けキット=5万8800円/カーナビゲーションシステム用カバー=3150円/ETC車載器=1万3650円)

フォルクスワーゲンmove up!(FF/5AT)/high up!(FF/5AT)【試乗記】

小さくても骨太 2012.09.18 試乗記 フォルクスワーゲンmove up!(FF/5AT)/high up!(FF/5AT)
……156万5600円/190万5600円

鳴り物入りで登場した、フォルクスワーゲンのコンパクトカー「up!(アップ!)」が日本に上陸。その走りは? 乗り心地は?

しっかり“フォルクスワーゲン味”

「フォルクスワーゲンup!(アップ!)」を運転してみて、「なるほど、これはフォルクスワーゲンだ」と感心した。
質素で硬めの座り心地だけれど、疲れにくそうなシート(実際、疲れにくかった)。カッチリしたボディー。回すと適度に音を発して、運転している感を盛り上げるエンジン。締まった足まわり。小さな体格からは意外なほど安定した高速巡航。一度でもフォルクスワーゲン車を所有した人が「up!」のステアリングホイールを握ったなら、多かれ少なかれ、同じような感想をもつだろう。

up!は、2006年まで販売された「ルポ」のポジションを継ぐモデルだし、なによりフォルクスワーゲンのクルマなのだから、二重の意味で「フォルクスワーゲンらしい」のは当たり前だが、従来のフォルクスワーゲン車からは距離を置くポップで斬新なデザインから、無意識のうちに“隔絶したドライブフィール”を予想していたため、意外な念を抱いた次第。ガッカリ、ではない。念のため。

フォルクスワーゲングループの最も小さなモデル群の新しい体系「ニュースモールファミリー」の一員として登場したup!。そのコンセプトモデルが披露されたのは、今をさかのぼること5年前、2007年のフランクフルトショーだった。プレミアムブランドから降ってきた「スマート」に対する(ほぼ)10年遅れのカウンターパンチ。3年前に「スマート・フォーフォー」が市場に投入されたことで、大衆車の雄もついに堪忍袋の緒が切れたか、はたまた尻に火がついたか、と外野から楽しく眺めていたのだが、昨2011年、ようやく市販モデルが発表され、年末から欧州での販売が始まった。

ヘッドレスト一体型シートは、しっかりとした造り。一見平板な形状だが、硬めのクッションで体を支えてくれる。レバー操作で座面の高さを調整するシートリフターがついているのがいい。上下にチルトするステアリングホイールと併せ、好みの運転姿勢を取りやすい。
ヘッドレスト一体型シートは、しっかりとした造り。一見平板な形状だが、硬めのクッションで体を支えてくれる。レバー操作で座面の高さを調整するシートリフターがついているのがいい。上下にチルトするステアリングホイールと併せ、好みの運転姿勢を取りやすい。 拡大
「up!」全車には、30km/h以下で走行中に前方の障害物を検知、衝突時の被害を軽減する「シティエマージェンシーブレーキ」が与えられる。写真は、フロントウィンドウ上部に備わるレーザーセンサー。
「up!」全車には、30km/h以下で走行中に前方の障害物を検知、衝突時の被害を軽減する「シティエマージェンシーブレーキ」が与えられる。写真は、フロントウィンドウ上部に備わるレーザーセンサー。 拡大
こちらはベーシックな「move up!(ムーブ アップ!)」に用意される2ドアモデル。ボディーカラーは写真の「ナイトブルーメタリック」を含む6色から選べる。
【スペック】move up!(2ドア):全長×全幅×全高=3545×1650×1495mm/ホイールベース=2420mm/車重=900kg/駆動方式=FF/1リッター直3DOHC12バルブ(75ps/6200rpm、9.7kgm/3000-4300rpm)/価格=149万円(テスト車=156万5600円/カーナビゲーションシステム+取り付けキット=5万8800円/カーナビゲーションシステム用カバー=3150円/ETC車載器=1万3650円)
こちらはベーシックな「move up!(ムーブ アップ!)」に用意される2ドアモデル。ボディーカラーは写真の「ナイトブルーメタリック」を含む6色から選べる。
【スペック】move up!(2ドア):全長×全幅×全高=3545×1650×1495mm/ホイールベース=2420mm/車重=900kg/駆動方式=FF/1リッター直3DOHC12バルブ(75ps/6200rpm、9.7kgm/3000-4300rpm)/価格=149万円(テスト車=156万5600円/カーナビゲーションシステム+取り付けキット=5万8800円/カーナビゲーションシステム用カバー=3150円/ETC車載器=1万3650円) 拡大

見た目も価格も意欲的

フォルクスワーゲンup!、日本でのラインナップは、ベーシックな3ドア(同社は2ドアと呼ぶ)ハッチの「move up!(ムーブ アップ!)2ドア」から。国産コンパクトの対抗馬として、149万円(!)の価格が設定された。かつてのルポに付けられた戦略価格より、わずかに安い!!
量販グレードは、5ドア(同4ドア)の「move up! 4ドア」で、168万円。クルーズコントロール、15インチのアルミホイールなどを装備する豪華版「high up!(ハイアップ!)4ドア」が183万円となる。

動力系は3グレード共通で、1リッター直列3気筒(75ps/6200rpm、9.7kgm/3000-4300rpm)に、クラッチ操作をクルマが肩代わりしてくれる2ペダル式5段MTが組み合わされる。up!専用に開発された「ASG」と呼ばれるギアボックスで、30kgを切る軽さがジマン。セレクターのポジションは「D」「N」「R」のみで、「P」がないシンプルさ。いわゆるオートマモードほか、シフターを前後することでギアを変えることもできる。
カタログ燃費(JC08モード)は、23.1km/リッター。なお、コンセプトモデルではRR(リアエンジン・リアドライブ)とされたが、市販版up!は、一般的なFF(フロントエンジン・フロントドライブ)方式が採用された。

グリルレス風の顔をもつup!のデザインテーマは、「シンプル&クリーン」。3ドアと5ドアではサイドガラスのグラフィックが異なり、ガラス下端のラインが、5ドアはストレートだが、3ドアは後端で跳ね上がり、元気な感じを出している。リアビューも個性的。大きな黒いガラスを備えたハッチゲートは、スマートフォンを模したという。クルマが恋人だった前世紀、“21世紀の恋人”が電話になるとは、誰が予想したであろう?

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=3545×1650×1495mm。「ダイハツ・ブーン」や「トヨタ・パッソ」より、まだ小型である。ルポと比較した全長の延びは20mmに抑えられたが、一方でホイールべースは100mm長い2420mmとなり、室内空間の拡大が図られた。結果的に前後オーバーハングが切り詰められ、表面的なデザインのみならず、フォルムの面からもちょっと未来的な雰囲気を醸し出す。

エンジンは、1リッター直列3気筒のみ。JC08モードの燃費値は、全てのモデルで23.1km/リッターとなっている。
エンジンは、1リッター直列3気筒のみ。JC08モードの燃費値は、全てのモデルで23.1km/リッターとなっている。 拡大
4ドアモデル(写真左)の「high up!」と、「move up!(2ドアモデル)」のサイドビュー。双方、ドアの枚数のほかリアウィンドウの形状も異なる。
4ドアモデル(写真左)の「high up!」と、「move up!(2ドアモデル)」のサイドビュー。双方、ドアの枚数のほかリアウィンドウの形状も異なる。 拡大
後席は実用的だが、空間的な余裕は少ない。シート座面は前後に短く、背もたれは立ち気味。「(物理的に)大の大人」はツラかろう。写真は2ドアモデルのもの。後席側面の窓は、2ドアモデルがはめ殺し、4ドアは上下巻き上げ式ではなく、後端を外に押し出して空気の出入り口をつくるタイプとなる。乗車定員はいずれも4人だ。
後席は実用的だが、空間的な余裕は少ない。シート座面は前後に短く、背もたれは立ち気味。「(物理的に)大の大人」はツラかろう。写真は2ドアモデルのもの。後席側面の窓は、2ドアモデルがはめ殺し、4ドアは上下巻き上げ式ではなく、後端を外に押し出して空気の出入り口をつくるタイプとなる。乗車定員はいずれも4人だ。 拡大
荷室の容量は、4人乗車時で251リッター。最大951リッターにまで拡大できる。なお、後席を前方に倒した際の床面は、フルフラットにならず少々傾斜が残る。
(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
荷室の容量は、4人乗車時で251リッター。最大951リッターにまで拡大できる。なお、後席を前方に倒した際の床面は、フルフラットにならず少々傾斜が残る。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます) 拡大

新型ゴルフをおびやかす!?

“シンプル&クリーン”は、室内でも踏襲される。機能重視のインパネまわり。エアコンはマニュアル。センターコンソールにカップホルダーがひとつしかないし、モノを置くスペースも限られるが、まあ、それはそれ。上級グレードのhigh up!には、ボディー同色のパネルが貼られるが、ちょっとデコラティブで、単なるシボ付き樹脂のmove up!仕様のほうが、“らしい”かも。

キーをひねり、3気筒のリッターエンジンをプルプルと回して、と書きたいところだが、小さなオールアルミユニットは、静か。回転をスムーズにするバランサーシャフトを持たないのが不思議なほど滑らかに回る。
絶対的なアウトプットが限られておりギアも高めの設定なので、街なか、高速道路を問わず、ときどきアクセルペダルをベタ踏みする必要が生じるが、高まるエンジン音は素直なもので、クルマにむち打つというより、運転者が励まされる感じだ。トップギア100km/hでの回転数は2800rpm。十分な余裕を持ってクルージングできる。

個人的に「up!購入の分かれ目」と考えているのが、コンパクトな輸入車の定番になっているシングルクラッチのトランスミッションだ。
原理的にシフト時の空走感をなくすことができず、トルク変動が大きいため、ギアが変わるたびに乗員の上体が前後しがち。スマートや「ルノー・トゥインゴ」「フィアット500」などで慣れ親しんでいる人、そもそも気にならないユーザーにとっては問題ないかもしれないが、試乗してみて「ちょっとなぁ……」と感じた方は、欧州市場にある3ペダルのMTが、何らかの特別モデルとして輸入されるのを気長に待った方がいいかもしれない。いっそのこと、電気自動車の「e-up!」に期待してみる!?

さて、愛嬌(あいきょう)ある外観とは裏腹に、フォルクスワーゲン車共通の、骨太なドライブフィールを持つup!。主要なターゲットは、大・中型車から、「もう少し手頃な大きさのクルマにしたい」と考えている年配の方、リーズナブルな価格でも「趣味性を失いたくない」クルマ好き、「ライフスタイル」なんて言葉に反応する女性などか。もちろん、4シーターのスマートが欲しいユーザーも、ドンピシャの有望顧客だ。up!のバランスが取れたしっかり度合いを知ると、新しい「ゴルフ7」と比較して、コチラを選ぶ人が出てもおかしくない。フォルクスワーゲンは推奨しないだろうけれど。

(文=青木禎之/写真=峰昌宏)

シンプルなデザインが採用される、運転席まわりの様子。ダッシュボード中央に突き出たカーナビゲーションシステムはオプション扱いとなる。
シンプルなデザインが採用される、運転席まわりの様子。ダッシュボード中央に突き出たカーナビゲーションシステムはオプション扱いとなる。 拡大
今回のテストでは、約270kmの距離を市街地(1):高速道路(8):山岳路(1)の割合で走行。満タン法の燃費は「move up!」が17.4km/リッター、「high up!」が17.7km/リッターだった。
今回のテストでは、約270kmの距離を市街地(1):高速道路(8):山岳路(1)の割合で走行。満タン法の燃費は「move up!」が17.4km/リッター、「high up!」が17.7km/リッターだった。 拡大
トランスミッションは、シングルクラッチ式の「ASG」と呼ばれるロボタイズドMTのみ。
トランスミッションは、シングルクラッチ式の「ASG」と呼ばれるロボタイズドMTのみ。 拡大
フォルクスワーゲンmove up!(FF/5AT)/high up!(FF/5AT)【試乗記】の画像 拡大