【スペック】high up!(ハイアップ!):全長×全幅×全高=3545×1650×1495mm/ホイールベース=2420mm/車重=920kg/駆動方式=FF/1リッター直3DOHC12バルブ(75ps/6200rpm、9.7kgm/3000-4300rpm)/価格=183万円(テスト車=190万5600円/カーナビゲーションシステム+取り付けキット=5万8800円/カーナビゲーションシステム用カバー=3150円/ETC車載器=1万3650円)

フォルクスワーゲンmove up!(FF/5AT)/high up!(FF/5AT)【試乗記】

小さくても骨太 2012.09.18 試乗記 フォルクスワーゲンmove up!(FF/5AT)/high up!(FF/5AT)
……156万5600円/190万5600円

鳴り物入りで登場した、フォルクスワーゲンのコンパクトカー「up!(アップ!)」が日本に上陸。その走りは? 乗り心地は?

しっかり“フォルクスワーゲン味”

「フォルクスワーゲンup!(アップ!)」を運転してみて、「なるほど、これはフォルクスワーゲンだ」と感心した。
質素で硬めの座り心地だけれど、疲れにくそうなシート(実際、疲れにくかった)。カッチリしたボディー。回すと適度に音を発して、運転している感を盛り上げるエンジン。締まった足まわり。小さな体格からは意外なほど安定した高速巡航。一度でもフォルクスワーゲン車を所有した人が「up!」のステアリングホイールを握ったなら、多かれ少なかれ、同じような感想をもつだろう。

up!は、2006年まで販売された「ルポ」のポジションを継ぐモデルだし、なによりフォルクスワーゲンのクルマなのだから、二重の意味で「フォルクスワーゲンらしい」のは当たり前だが、従来のフォルクスワーゲン車からは距離を置くポップで斬新なデザインから、無意識のうちに“隔絶したドライブフィール”を予想していたため、意外な念を抱いた次第。ガッカリ、ではない。念のため。

フォルクスワーゲングループの最も小さなモデル群の新しい体系「ニュースモールファミリー」の一員として登場したup!。そのコンセプトモデルが披露されたのは、今をさかのぼること5年前、2007年のフランクフルトショーだった。プレミアムブランドから降ってきた「スマート」に対する(ほぼ)10年遅れのカウンターパンチ。3年前に「スマート・フォーフォー」が市場に投入されたことで、大衆車の雄もついに堪忍袋の緒が切れたか、はたまた尻に火がついたか、と外野から楽しく眺めていたのだが、昨2011年、ようやく市販モデルが発表され、年末から欧州での販売が始まった。

ヘッドレスト一体型シートは、しっかりとした造り。一見平板な形状だが、硬めのクッションで体を支えてくれる。レバー操作で座面の高さを調整するシートリフターがついているのがいい。上下にチルトするステアリングホイールと併せ、好みの運転姿勢を取りやすい。
ヘッドレスト一体型シートは、しっかりとした造り。一見平板な形状だが、硬めのクッションで体を支えてくれる。レバー操作で座面の高さを調整するシートリフターがついているのがいい。上下にチルトするステアリングホイールと併せ、好みの運転姿勢を取りやすい。
「up!」全車には、30km/h以下で走行中に前方の障害物を検知、衝突時の被害を軽減する「シティエマージェンシーブレーキ」が与えられる。写真は、フロントウィンドウ上部に備わるレーザーセンサー。
「up!」全車には、30km/h以下で走行中に前方の障害物を検知、衝突時の被害を軽減する「シティエマージェンシーブレーキ」が与えられる。写真は、フロントウィンドウ上部に備わるレーザーセンサー。
こちらはベーシックな「move up!(ムーブ アップ!)」に用意される2ドアモデル。ボディーカラーは写真の「ナイトブルーメタリック」を含む6色から選べる。
【スペック】move up!(2ドア):全長×全幅×全高=3545×1650×1495mm/ホイールベース=2420mm/車重=900kg/駆動方式=FF/1リッター直3DOHC12バルブ(75ps/6200rpm、9.7kgm/3000-4300rpm)/価格=149万円(テスト車=156万5600円/カーナビゲーションシステム+取り付けキット=5万8800円/カーナビゲーションシステム用カバー=3150円/ETC車載器=1万3650円)
こちらはベーシックな「move up!(ムーブ アップ!)」に用意される2ドアモデル。ボディーカラーは写真の「ナイトブルーメタリック」を含む6色から選べる。
【スペック】move up!(2ドア):全長×全幅×全高=3545×1650×1495mm/ホイールベース=2420mm/車重=900kg/駆動方式=FF/1リッター直3DOHC12バルブ(75ps/6200rpm、9.7kgm/3000-4300rpm)/価格=149万円(テスト車=156万5600円/カーナビゲーションシステム+取り付けキット=5万8800円/カーナビゲーションシステム用カバー=3150円/ETC車載器=1万3650円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

up!の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲンcross up!(FF/5AT)【試乗記】 2015.9.11 試乗記 この楽しげなルックスは理性ではなく感性でこそ選ぶべき! 「フォルクスワーゲンup!」をベースに、足もとをSUV風に仕立てたゴキゲンなニューモデル、「cross up!(クロスアップ!)」に試乗した。
  • フォルクスワーゲンup!/up! beats 2016.2.24 画像・写真 独フォルクスワーゲンはジュネーブショー2016で、コンパクトカー「up!」のマイナーチェンジモデル や、米BeatsAudio(ビーツオーディオ)の300Wサウンドシステムを搭載した「up! beats」を発表する。その画像を紹介する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2014.7.23 試乗記 誕生から3年、日本導入から2年を迎えようとしているフォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」。改良を受けたというトランスミッションの出来栄えを含め、その実力をあらためて確認した。
  • フォルクスワーゲンが限定車jeans up!を発売 2016.2.9 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年2月9日、1リッタースモールカー「up!(アップ!)」の特別限定車「jeans up!(ジーンズ アップ!)」を300台限定で発売した。車両価格は193万9000円。
  • フォルクスワーゲンmove up!/スズキ・ワゴンRスティングレー T【試乗記(後編)】 2012.10.25 試乗記 フォルクスワーゲンmove up!(FF/5AT)/ワゴンRスティングレー T(FF/CVT)
    ……149万円/158万250円

    キャラクターの違う2台のスモールカー「フォルクスワーゲンup!(アップ!)」と「スズキ・ワゴンR」を乗り比べると、それぞれの特徴と得意分野が見えてきた。
ホームへ戻る