三菱が「アウトランダーPHEV」を発表

2012.12.26 自動車ニュース

三菱、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」を発表

三菱自動車は2012年12月26日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」を発表した。発売は2013年1月24日を予定している。

■実質的な車両価格は289万4000円から

「アウトランダーPHEV」は、新型「アウトランダー」をベースに、三菱が独自に開発した電気自動車(EV)派生の「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載するモデル。

前輪の駆動に2リッター直4ガソリンエンジンとモーター、後輪の駆動にモーターを使用する4WD車で、モーターだけで走る「EV走行モード」、エンジンで発電した電力を使ってモーターだけで走る「シリーズ走行モード」、エンジンで走ってモーターがアシストする「パラレル走行モード」の3モードを自動で切り替えて走る。

EV走行時とハイブリッド走行時の燃費を複合した「プラグインハイブリッド燃料消費率(複合燃料消費率)」は67km/リッターがうたわれる。ハイブリッド燃費単体では18.6km/リッターで、航続可能距離は897km。満充電からのEV走行距離は60.2kmとされる(いずれもJC08モード)。充電時間の目安はAC200Vなら約4時間で満充電。急速充電ならおよそ30分で、12kWhのリチウムイオンバッテリーを約80%まで充電することができる。

また、車載のコンセントから最大1500Wの電気が取り出せる給電機能など、大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載したプラグインハイブリッド車ならではの機能も取り入れられている。

グレードは「E」「G」「G Safety Package」「G Navi Package」「G Premium Package」の5種類(「E」は受注生産で2013年2月末生産開始予定)。先進の安全装備である「e-Assist」は「G Safety Package」「G Navi Package」「G Premium Package」の3グレードに標準装備。「G Premium Package」では本革シートも標準となる。

メーカー希望小売価格は332万4000円〜429万7000円。エコカー減税(免税)と平成24年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(上限額43万円)の対象車となっており、補助金が適用された場合の実質的な車両本体価格は289万4000円〜386万7000円となる。

(webCG)

「アウトランダーPHEV G Premium Package」
「アウトランダーPHEV G Premium Package」 拡大
「アウトランダーPHEV G Navi Package」
「アウトランダーPHEV G Navi Package」 拡大
「アウトランダーPHEV」のインパネ
「アウトランダーPHEV」のインパネ 拡大

関連キーワード:
アウトランダーPHEV三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD) 2017.12.19 挑戦し続ける三菱アウトランダーPHEV<PR> 2017年にクルマづくり100周年を迎えた三菱自動車がこの秋、新しいブランドメッセージ「Drive your Ambition」を発表した。進化を続ける「アウトランダーPHEV」の試乗を通じて、このメッセージに込められた思いに触れてみる。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • ポルシェ・パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.18 試乗記 電動パワートレインを搭載した、“シューティングブレーク”スタイルの高性能ツアラー「ポルシェ・パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。ラインナップ拡充と電動化を推し進める今日のポルシェを象徴するかのような一台に、リポーターは何を感じたか?
ホームへ戻る