三菱、軽トラック「ミニキャブ」のEVを発表

2012.12.26 自動車ニュース

三菱、軽トラック電気自動車「MINICAB-MiEV TRUCK」を発表

三菱自動車は2012年12月26日、軽トラック電気自動車(EV)「MINICAB-MiEV TRUCK(ミニキャブ・ミーブ トラック)」を発表した。発売は2013年1月17日を予定している。

「MINICAB-MiEV TRUCK」は、軽乗用EV「i-MiEV(アイ・ミーブ)」、軽商用EV「MINICAB-MiEV VAN(ミニキャブ・ミーブ バン)」に続く、MiEVシリーズの第3弾。軽トラック「ミニキャブ トラック」をベースに開発された。荷台スペースはベース車と同等のものが確保されている。

総電力量10.5kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーや、41psと20kgmを発生するモーターなどのEVコンポーネントはMINICAB-MiEV VANで実績のあるものが使用されており、貨物積載時でも滑らか、かつ力強く走行することができる。また、オプションの急速充電コネクターと「MiEVパワーボックス」を接続すれば、非常時の電源として活用することもできる。

メーカー希望小売価格は185万8000円。エコカー減税(免税)と平成24年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(上限額46万円)の対象車となっており、補助金が適用された場合、実質的な車両本体価格は139万8000円からとなる。(webCG)

「MINICAB-MiEV TRUCK」
「MINICAB-MiEV TRUCK」
荷台の寸法は長さ1940mm×幅1415mm×ゲート高290mm。最大積載量は350kg。
荷台の寸法は長さ1940mm×幅1415mm×ゲート高290mm。最大積載量は350kg。
「MINICAB-MiEV TRUCK」のインパネ。
「MINICAB-MiEV TRUCK」のインパネ。
オプションの「MiEVパワーボックス」(写真)などを接続すれば、非常時の電源としても活用可能。
オプションの「MiEVパワーボックス」(写真)などを接続すれば、非常時の電源としても活用可能。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱が「ミニキャブ ミーブ バン」の装備を強化 2017.1.26 自動車ニュース 三菱が軽ワンボックスタイプの電動商用車「ミニキャブ ミーブ バン」を一部改良。充電中などに車外から空調を遠隔操作できる「プレ空調」機能を新たに採用したほか、運転席&助手席シートヒーターなどを標準装備とした。
  • 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)【試乗記】 2011.5.24 試乗記 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)

    三菱の商用EV「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」試作車に試乗。電力不足のなかでの、EVの役割について考えた。
  • 第3回:“人車一体”が味わえる!
    「CTSセダン」街乗りインプレッション
    2017.3.3 特集 キャデラックのセダンと聞いて、皆さんはどんな走りのクルマをイメージするだろうか? 今回は、webCG編集部のスタッフが、ミッドサイズセダン「CTS」に初めて試乗。その印象を報告する。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
ホームへ戻る