三菱、軽トラック「ミニキャブ」のEVを発表

2012.12.26 自動車ニュース

三菱、軽トラック電気自動車「MINICAB-MiEV TRUCK」を発表

三菱自動車は2012年12月26日、軽トラック電気自動車(EV)「MINICAB-MiEV TRUCK(ミニキャブ・ミーブ トラック)」を発表した。発売は2013年1月17日を予定している。

「MINICAB-MiEV TRUCK」は、軽乗用EV「i-MiEV(アイ・ミーブ)」、軽商用EV「MINICAB-MiEV VAN(ミニキャブ・ミーブ バン)」に続く、MiEVシリーズの第3弾。軽トラック「ミニキャブ トラック」をベースに開発された。荷台スペースはベース車と同等のものが確保されている。

総電力量10.5kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーや、41psと20kgmを発生するモーターなどのEVコンポーネントはMINICAB-MiEV VANで実績のあるものが使用されており、貨物積載時でも滑らか、かつ力強く走行することができる。また、オプションの急速充電コネクターと「MiEVパワーボックス」を接続すれば、非常時の電源として活用することもできる。

メーカー希望小売価格は185万8000円。エコカー減税(免税)と平成24年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(上限額46万円)の対象車となっており、補助金が適用された場合、実質的な車両本体価格は139万8000円からとなる。(webCG)

「MINICAB-MiEV TRUCK」
「MINICAB-MiEV TRUCK」
荷台の寸法は長さ1940mm×幅1415mm×ゲート高290mm。最大積載量は350kg。
荷台の寸法は長さ1940mm×幅1415mm×ゲート高290mm。最大積載量は350kg。
「MINICAB-MiEV TRUCK」のインパネ。
「MINICAB-MiEV TRUCK」のインパネ。
オプションの「MiEVパワーボックス」(写真)などを接続すれば、非常時の電源としても活用可能。
オプションの「MiEVパワーボックス」(写真)などを接続すれば、非常時の電源としても活用可能。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • BMW、通算7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2017.1.13 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。発売は2月11日。部分自動運転を可能とした運転支援システムの採用や、ライバル車をしのぐ燃費を実現するなど、ベンチマークとしての地位を堅持したのが自慢だ。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • ポルシェ、新型「パナメーラ/パナメーラ4」の一部仕様を変更 2016.12.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは、新型「パナメーラ」「パナメーラ4」の一部仕様を変更すると発表した。エアサスペンションが標準装備となり、それに伴い価格も変更された。新価格は、パナメーラが1132万8000円で、パナメーラ4が1182万8000円。
  • 日産が「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ 2016.12.22 自動車ニュース 日産が軽乗用車「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ。フロントまわりを中心に外観デザインを変更したほか、「ハイウェイスター」にはグラデーションカラーのシートが目を引く「プレミアムグラデーションインテリア」をオプション設定した。
ホームへ戻る