第1回:MINI NAVIを使って、カーナビの総本山へ

2012.12.25 特集

第1回:MINI NAVIを使って、カーナビの総本山へ

カーナビアプリのおすすめは?

対前年で比較すると、その伸び自体は鈍化傾向にあると言われている携帯電話市場。しかしその中で「どこ吹く風」とばかり驚異的な勢いで市場を席巻しているのがスマートフォン(以下スマホ)であることは、読者の皆さんもニュースや実際の世の中の流れから肌で感じているのではないだろうか。

スマホ人気の理由は数々あれど、やはりアプリを追加することでいろいろなことができる“多機能性”にある。クルマの領域でもかなりの数のアプリが有料無料を問わずリリースされているが、やはり代表的なものといえば「カーナビアプリ」になる。

仕事柄、筆者も多くのスマホユーザーから「結局どのアプリがいいのか?」という質問を受けることが多い。その人の使用方法や頻度、クルマによってその答えは異なるが、今回紹介するアイシン・エィ・ダブリュの「NAVIelite」をオススメする機会はマジで多い。

アイシン・エィ・ダブリュはクルマ好きなら誰でも知っている世界ナンバーワンのトランスミッションメーカーであり、カーナビに関しても各自動車メーカーを中心に供給を行うリーディングカンパニーだ。その同社が新規事業として始めたのがスマホナビの開発と販売。ナビアプリ市場が現在ほど盛り上がっていなかった、正確に言えば、決定打不足であった2011年1月にまずiPhone版を、そしてその後ユーザーから要望の高かったAndroid版を2012年3月にリリースしている。

今回、発売から間もなく丸2年を迎えるにあたり、同社のナビ開発の総本山である岡崎工場を表敬(?)訪問。編集部から往復600km余りの行程を実走し、その魅力を再確認することにした。用意した車両は「MINIクーパーS クロスオーバー(ALL4)」。「ははーん」と気が付いた方はよほどの高感度層でしょうね(笑)。実はMINIは2012年10月に新しく“MINIナビゲーションパッケージ”と“MINIコネクテッド”というアプリを含めた新しいユニットを発売している。これはiPhoneを活用して、ナビのほか車両とドライバーとの新しいコミュニケーションを図るものだが、このiPhone用ナビアプリにNAVIeliteが採用されているのだ。

今回の旅のお供は「MINIクーパーS クロスオーバーALL4」。大きくてパワフル(184ps)な四駆のMINIだ。
(写真=峰昌宏)
第1回:MINI NAVIを使って、カーナビの総本山へ
クルマには「MINIナビゲーションパッケージ」が装着されていた。MINIビジュアルブースト、iPhoneホルダー、MINIコネクテッドがその内容で、価格は14万5000円。
第1回:MINI NAVIを使って、カーナビの総本山へ
一路、アイシン・エィ・ダブリュの岡崎工場を目指す。「MINIクロスオーバー」は、高速での走行安定性にも優れ長距離でも疲労を感じることの少ない、グランドツーリングカーだった。
(写真=峰昌宏)
第1回:MINI NAVIを使って、カーナビの総本山へ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「NAVIeliteの、今とこれから」の過去記事リストへ