【スペック】全長×全幅×全高=3655×1625×1500mm/ホイールベース=2300mm/車重=1120kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(180ps/5500rpm、25.5kgm/3000rpm)/価格=609万5000円(テスト車=同じ)

アバルト695トリブートフェラーリ “トリブート アル ジャポーネ”(FF/5AT)【試乗記】

日本へ向けたトリビュート 2012.12.28 試乗記 アバルト695トリブートフェラーリ“トリブート アル ジャポーネ”(FF/5AT)
……609万5000円

フェラーリの名を持つアバルトが再び上陸。「Tributo al Giappone(日本へささぐ)」というサブネームが示すように、今度は日本のみ50台の限定である。

前作“赤バージョン”の40万円高

「アバルト500」をさらにチューンした限定モデル「アバルト695トリブートフェラーリ」。1695台の生産台数のうち、日本には150台が割り当てられたが、またたく間に完売。そこで日本だけの追加モデルとして、ビアンコフジことパールホワイトにペイントされた「アバルト695トリブートフェラーリ“トリブート アル ジャポーネ”」が50台提供されたが、これも予約受付は終了している。でも、大丈夫。間もなく、ビアンコフジに続くキョートベルデがリリースされるはずだから……というのは冗談だが、いまひとつ元気がないクルマ業界にあって、ごく限られた台数とはいえ、エンスージアスティックなブランドが人気を博しているのは、楽しいことだ。

フェラーリにささげられたアバルト695は、ベースとなる1.4リッター直4ターボに手が入れられ、180ps/5500rpmの最高出力と、25.5kgm/3000rpmの最大トルクを絞り出す。1.4リッター自然吸気(NA)を積むノーマル「チンクエチェント」が100psと13.4kgmだから、8割増しのアウトプットということになる。しかも、「フィアット500」の日本市場でのラインナップは、現在、1.2リッターとツインエアだから、スーパーチンクエチェントたるアバルト695の速さは、いやでも目につくはずだ。

ちなみに、カタログモデルの「フィアット500アバルト」改め「アバルト500」は、同じ1.4リッターターボから、最高出力135psと最大トルク21.0kgmを得ており、また、昨2011年のボローニャショーで発表された「アバルト595」は、260psと23.5kgmというスペック。きっちりヒエラルキーが考慮されている。

日本限定版のトリブートフェラーリの価格は、先の赤バージョン569万5000円からやや上昇して、609万5000円となった。パールホワイトの特別色と、ホイールがマグネシウムグレーに塗られたお値段が40万円ということになる。まあ、ここは695万円にならなかったことに感謝するべきだろう!? 車両本体価格の一部は、東日本大震災への復旧支援に充てられるという。

受注開始は2012年3月24日。限定数50台に対する予約受付はすでに終了している。
受注開始は2012年3月24日。限定数50台に対する予約受付はすでに終了している。
1.4リッター直4ターボエンジンは、公道向けシリーズ最強の180psを発生する。
1.4リッター直4ターボエンジンは、公道向けシリーズ最強の180psを発生する。
レザーとカーボンでレーシーに演出された室内。ステアリングにはシフトパドルが付く。
レザーとカーボンでレーシーに演出された室内。ステアリングにはシフトパドルが付く。
専用シート「アバルトコルサbyサベルト」のシェルはカーボン製。標準シートより10kg軽い。
専用シート「アバルトコルサbyサベルト」のシェルはカーボン製。標準シートより10kg軽い。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

695トリブートフェラーリの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト595 2017.2.20 画像・写真 FCAジャパンは2017年2月17日、マイナーチェンジを施した「アバルト595」シリーズを発表した。発売は2月25日。前後バンパーのデザインがよりアグレッシブになり、エアインテークには「ABARTH」の浮き文字があしらわれた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • 【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開 2017.3.9 自動車ニュース ルノーがミドシップの小型スポーツカー「アルピーヌA110」をジュネーブショーで世界初公開した。1970年代に活躍した同名のスポーツカーのリバイバルモデルであり、欧州では2017年の後半に、日本とイギリスでは2018年に発売される。
ホームへ戻る