ランドローバー・フリーランダー2に新エンジン

2012.12.21 自動車ニュース

ランドローバー、「フリーランダー2」に2リッターターボを搭載

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2012年12月21日、ランドローバーの「フリーランダー2」と「ディスカバリー4」の2013年モデルを発表した。ともに2013年2月2日に発売される。

2013年モデルの「フリーランダー2」は、エンジンが従来型の3.2リッター直6から、2リッター直4ターボに変更される。最高出力は232ps/6300rpmから240ps/5500rpmに、最大トルクは32.3kgm/3200rpmから34.7kgm/2000-4000rpmに強化された。

また燃費も従来型の8.0km/リッターから9.0km/リッターに改善され、CO2排出量も従来より14%低く抑い224g/kmとなった。

内外装にも手が加えられており、フロントまわりではグリル周囲のパーツがグロスブラック仕上げに変更され、シルバーのラインが追加された。ヘッドランプにはLEDのスモールランプが新たに用いられ、テールランプもLED採用の新デザインに改められている。

インテリアではインストゥルメントパネルとセンターコンソールのデザインが変更された。また英国の高級オーディオメーカー「メリディアン(Meridian)」の音響システムが初めて設定された。

グレードは従来の「3.2 i6」と「3.2 i6 HSE」の2種類からモノグレードに。価格は399万円となっている。

一方、2013年モデルの「ディスカバリー4」は内外装の仕様が変更された。ボディーカラーでは「ボーンヴィル」が廃止され、新たに「ハバナ」「バローロブラック」「バロッサ」「マリアナブラック」「コーズウェイグレイ」を加えた全16色となった。

また上級グレードの「HSE」に新デザインの19インチ7スポークホイールが採用された。これまで「HSE」用だった19インチ10スポークホイールは、「SE」に標準装備される。

内装では、「HSE」のインテリアカラーのラインナップが変更された。アーモンドインテリアにはアラビカシートが、エボニーインテリアにはアイボリーシートが新たに追加された。

価格は「SE」が676万円、「HSE」が796万円。

(webCG)

「ランドローバー・フリーランダー2」
「ランドローバー・フリーランダー2」
「フリーランダー2」のインテリア。(日本仕様とは一部異なる)
「フリーランダー2」のインテリア。(日本仕様とは一部異なる)
「ランドローバー・ディスカバリー4」
「ランドローバー・ディスカバリー4」

関連キーワード:
ディスカバリー4フリーランダー2ランドローバー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
  • ランドローバー・ディスカバリーHSE(ディーゼル)/ディスカバリーHSE(ガソリン)【試乗記】 2017.6.26 試乗記 英国の大型SUV「ランドローバー・ディスカバリー」が5代目にフルモデルチェンジ。これまでの四角張ったスタイリングを捨て、スラントノーズのスポーティーなイメージに一新された新型の出来栄えをリポートする。
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記 「The Top Performer」という潔いうたい文句とともに、「スズキGSX-R1000R」がいよいよ日本に正規導入された。世界耐久選手権やMotoGPの技術が取り入れられたという旗艦モデルの走りとは? 公道での試乗を通し、実力の一端を垣間見た。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールR-DYNAMIC SE(P38... 2017.10.28 試乗記
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【レビュー】 2017.11.10 試乗記