【スペック】全長×全幅×全高=4630×1865×1480mm/ホイールベース=2775mm/車重=1800kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボ(329ps/5400-6500rpm、48.9kgm/3000-3600rpm)/価格=619万円(テスト車=649万円)

ボルボV60 T6 AWD R-DESIGN ポールスター パフォーマンス パッケージ装着車【試乗記】

由緒正しい公認チューン 2012.12.27 試乗記 ボルボV60 T6 AWD R-DESIGN ポールスター パフォーマンス パッケージ(4WD/6AT)
……649万円

ボルボが、モータースポーツでタッグを組むポールスター・レーシングと共同開発した「ポールスター パフォーマンス パッケージ」。新車保証も実燃費も犠牲にしないという、メーカー公認チューニングの実力を試す。

プラス20万円で得られるプラス25ps

2012年11月。箱根でボルボの「ポールスター パフォーマンス パッケージ」装着車のプレス向け試乗会が開かれた。ポールスター パフォーマンス パッケージとは、T6エンジン(B6304T)こと3リッター直6ターボのエンジン・マネジメント・プログラムを変更して、最高出力、最大トルクともに向上させるパッケージのこと。

ノーマルT6エンジンは、82.0×93.2mmのボア×ストロークから、過給機の力を得て、最高出力304ps/5600rpm、最大トルク44.9kgm/2100-4200rpmを発生する。ポールスター パフォーマンス パッケージでは、最高出力が25ps増しの329ps/5400-6500rpm、最大トルクは4.0kgm太い48.9kgm/3000-3600rpmとなる(いずれも目安)。

会場には、北欧のハンサムカー、4ドアサルーンの「S60」とツーリングワゴン「V60」が用意されていたが、同じエンジンを積むボルボ車なら、ほかの車種でもポールスター パフォーマンス パッケージを適用することが可能だ。具体的には、「XC60」「V70」「XC70」「S80」の、それぞれT6モデルだ。

自分の愛車が該当するなら、最寄りの正規ディーラーへ持ち込めば、メカニックが専用プログラムをインストールしてくれる。費用は、作業工賃込みで20万円となる。もちろん、施術によって、車両の保証が損なわれるようなことはない。新車保証はそのまま継続されるので、万が一の場合にも、安心だ。

「ポールスター パフォーマンス パッケージ」が対応するのは「T6」と呼ばれる直6ターボエンジン搭載車。今回は「V60」の「T6 AWD R-DESIGN」に試乗したが、よりコンフォートな「T6 AWD」にもこのパッケージを導入できる。
「ポールスター パフォーマンス パッケージ」が対応するのは「T6」と呼ばれる直6ターボエンジン搭載車。今回は「V60」の「T6 AWD R-DESIGN」に試乗したが、よりコンフォートな「T6 AWD」にもこのパッケージを導入できる。
パッケージを導入しても内装関係に変更はなし。試乗した最新の2013年モデルでは、「オートライト」と「イルミネーテッド・シフトノブ」が新たに標準装備となった。
パッケージを導入しても内装関係に変更はなし。試乗した最新の2013年モデルでは、「オートライト」と「イルミネーテッド・シフトノブ」が新たに標準装備となった。
エンジン・マネジメント・プログラムの書き換えにより、燃費に影響を与えることなく、最高出力は25psアップの329ps、最大トルクは4.0kgmアップの48.9kgmまで向上するという。
エンジン・マネジメント・プログラムの書き換えにより、燃費に影響を与えることなく、最高出力は25psアップの329ps、最大トルクは4.0kgmアップの48.9kgmまで向上するという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る