クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4630×1865×1480mm/ホイールベース=2775mm/車重=1800kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボ(329ps/5400-6500rpm、48.9kgm/3000-3600rpm)/価格=619万円(テスト車=649万円)

ボルボV60 T6 AWD R-DESIGN ポールスター パフォーマンス パッケージ装着車【試乗記】

由緒正しい公認チューン 2012.12.27 試乗記 ボルボV60 T6 AWD R-DESIGN ポールスター パフォーマンス パッケージ(4WD/6AT)
……649万円

ボルボが、モータースポーツでタッグを組むポールスター・レーシングと共同開発した「ポールスター パフォーマンス パッケージ」。新車保証も実燃費も犠牲にしないという、メーカー公認チューニングの実力を試す。

プラス20万円で得られるプラス25ps

2012年11月。箱根でボルボの「ポールスター パフォーマンス パッケージ」装着車のプレス向け試乗会が開かれた。ポールスター パフォーマンス パッケージとは、T6エンジン(B6304T)こと3リッター直6ターボのエンジン・マネジメント・プログラムを変更して、最高出力、最大トルクともに向上させるパッケージのこと。

ノーマルT6エンジンは、82.0×93.2mmのボア×ストロークから、過給機の力を得て、最高出力304ps/5600rpm、最大トルク44.9kgm/2100-4200rpmを発生する。ポールスター パフォーマンス パッケージでは、最高出力が25ps増しの329ps/5400-6500rpm、最大トルクは4.0kgm太い48.9kgm/3000-3600rpmとなる(いずれも目安)。

会場には、北欧のハンサムカー、4ドアサルーンの「S60」とツーリングワゴン「V60」が用意されていたが、同じエンジンを積むボルボ車なら、ほかの車種でもポールスター パフォーマンス パッケージを適用することが可能だ。具体的には、「XC60」「V70」「XC70」「S80」の、それぞれT6モデルだ。

自分の愛車が該当するなら、最寄りの正規ディーラーへ持ち込めば、メカニックが専用プログラムをインストールしてくれる。費用は、作業工賃込みで20万円となる。もちろん、施術によって、車両の保証が損なわれるようなことはない。新車保証はそのまま継続されるので、万が一の場合にも、安心だ。

「ポールスター パフォーマンス パッケージ」が対応するのは「T6」と呼ばれる直6ターボエンジン搭載車。今回は「V60」の「T6 AWD R-DESIGN」に試乗したが、よりコンフォートな「T6 AWD」にもこのパッケージを導入できる。
「ポールスター パフォーマンス パッケージ」が対応するのは「T6」と呼ばれる直6ターボエンジン搭載車。今回は「V60」の「T6 AWD R-DESIGN」に試乗したが、よりコンフォートな「T6 AWD」にもこのパッケージを導入できる。 拡大
パッケージを導入しても内装関係に変更はなし。試乗した最新の2013年モデルでは、「オートライト」と「イルミネーテッド・シフトノブ」が新たに標準装備となった。
パッケージを導入しても内装関係に変更はなし。試乗した最新の2013年モデルでは、「オートライト」と「イルミネーテッド・シフトノブ」が新たに標準装備となった。 拡大
エンジン・マネジメント・プログラムの書き換えにより、燃費に影響を与えることなく、最高出力は25psアップの329ps、最大トルクは4.0kgmアップの48.9kgmまで向上するという。
エンジン・マネジメント・プログラムの書き換えにより、燃費に影響を与えることなく、最高出力は25psアップの329ps、最大トルクは4.0kgmアップの48.9kgmまで向上するという。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

開発パートナーはサーキットの女房役

ポールスター パフォーマンス パッケージの「ポールスター」とは、モータースポーツにおけるボルボの公式パートナーである、ポールスター・レーシングのこと。今回のスペシャルプログラムの開発を手がけたレーシングチームである。

ポールスター・レーシングとボルボの関係は深い。ポールスター・レーシング・チームの前身にあたる、フラッシュ・エンジニアリング・レーシング・チームは、1994年にボルボがBTCC(英国ツーリングカー選手権)に参加したときからの付き合いで、当初は「850」のレースカーを走らせていた。96年にBTCCに倣ったSTCC(スウェーデン・ツーリングカー選手権)が発足すると、850に続き、「S40」、「S60」と、次々とボルボのレースカーをつくっていった。

2005年にオーナーが変わったのを機に、ポールスター・レーシングと名前が変わった。ボルボのパートナーということもあるのだろう、このチームは“環境フレンドリーな"レーシングガレージを標榜(ひょうぼう)し、バイオ燃料を使うハイパフォーマンス「C30」のプロトタイプを開発したり、同様にE85(ガソリンとアルコールの混合燃料)で走る「S60」を、レースコースに投入したりもしている。ちなみに、今回のポールスター パフォーマンス パッケージを導入しても、燃費性能に悪影響を与えることはないという。

試乗会場に用意されたブルーの「S60」。そのイメージの源泉は、「TTAレーシング・エリート・リーグ」で活躍する「ボルボS60TTA」だ。TTAとは、スウェーデンで開催されるシルエットフォーミュラ・レースのこと。サーブ、BMW、シトロエンなどが参加していて、2012年のマニュファクチュラー・チャンピオンは、ボルボである。

テールゲートに飾られる「polestar」のバッジ。ポールスター・レーシングとは、ボルボのモータースポーツ活動を18年にわたり支えてきたレーシングチームである。
テールゲートに飾られる「polestar」のバッジ。ポールスター・レーシングとは、ボルボのモータースポーツ活動を18年にわたり支えてきたレーシングチームである。 拡大
R-DESIGNは専用スポーツシートを標準装備する。
R-DESIGNは専用スポーツシートを標準装備する。 拡大
引き締められたサスペンションや18インチホイールなど、R-DESIGN専用にチューニングが施された足まわり。
引き締められたサスペンションや18インチホイールなど、R-DESIGN専用にチューニングが施された足まわり。 拡大

魅力は「走り」だけじゃない?

“公式"スペシャルチューンが施されたV60をドライブすると、なるほど、2000-5000rpmあたりのパワーがノーマルモデルよりもうひと伸びする、ような気がする。しかし、それはたぶん、事前にエンジン特性の表を見ていたからであろう。1900rpm付近から、パフォーマンス パッケージの効果が表れ、エンジンが吹けきるまでピークパワーを維持する。ノーマルでは、やはり1900rpmあたりから台形になるトルク特性が、3000-3600rpmまで太り続ける。

もともと300ps超のターボ車である。パフォーマンスに不満があろうはずがない。エンジン・マネジメント・システムに手が入れられたことにより、クルマはもとより、ドライバーのハートもチューンされ、しゃかりきに走る。すると、「もう少しサポートがいいシートが欲しい」「アップダウンが激しいコースでは、ブレーキの容量を増やしたい」「アシをもっと硬めて……」と、いつしか気持ちは「ポールスター パフォーマンス パッケージ ステージ2」へと向かっているが、しかしステージ2の用意は、まだ(?)、ない。

ポールスター パフォーマンス パッケージ装着車とノーマルモデルの外観上の違いは、小さな四角い「polestar」リアエンブレムだけ。むしろ大事なのは、オーナーズブック(英語版)とは別に、わざわざポールスター・レーシングから郵送される「ポールスター・パフォーマンス認定書」だろう。これぞ、スペシャルボルボに乗っている証し。「自分のクルマはサーキットとつながっている」という、心のよりどころである。

(文=青木禎之/写真=河野敦樹) 

「V60 T6 AWD R-DESIGN」といえば、素の状態でもすでに300psオーバーのパワーを誇るスポーツワゴンだ。そのエンジンをさらに強化したのだから、パフォーマンスは十分な印象。
「V60 T6 AWD R-DESIGN」といえば、素の状態でもすでに300psオーバーのパワーを誇るスポーツワゴンだ。そのエンジンをさらに強化したのだから、パフォーマンスは十分な印象。 拡大
オーナーに進呈される、「ポールスター・パフォーマンス認定証」と英語版のオーナーズブック。
オーナーに進呈される、「ポールスター・パフォーマンス認定証」と英語版のオーナーズブック。 拡大
【テスト車のオプション装備】 ラミネーテッドガラス+はっ水ガラス+ロックホイールボルト=4万円/パークアシストカメラ(リア)=6万円/ポールスター パフォーマンス パッケージ=20万円
【テスト車のオプション装備】
ラミネーテッドガラス+はっ水ガラス+ロックホイールボルト=4万円/パークアシストカメラ(リア)=6万円/ポールスター パフォーマンス パッケージ=20万円 拡大

関連キーワード:
V60ボルボ試乗記

あなたにおすすめの記事