クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【語ってくれた人】水口美絵(みなくち みえ)さん/トヨタ自動車を経て、2001年に日産自動車入社。「キューブ」の商品企画などを担当し、今回の「ノート」では、チーフ・プロダクト・スペシャリストと呼ばれる開発責任者に。

日産ノート【開発者インタビュー】

「毎日使える道具」を目指して 2012.12.21 試乗記 <開発者インタビュー>
水口美絵さん
日産自動車株式会社
チーフ・プロダクト・スペシャリスト

2012年9月の発売以来、好調なセールスが伝えられる2代目「日産ノート」。開発を取りまとめた水口美絵チーフ・プロダクト・スペシャリストにお話をうかがった。

「燃費」と「快適」がキーワード

2代目「ノート」は、国内では先代「ノート」に加えて「ティーダ」のマーケットをも引き継ぐ大役が与えられ、また、世界戦略車として、従来の欧州に加え北米でも販売される。どのようなコンセプトで企画されたのだろうか?

ノートを開発するにあたって、どうしてもやりたかったのは、日本でいうと燃費、欧州だとCO2、その値をクラストップにすること。今回使った新しいVプラットフォームは、「マーチ」で2450mm、セダンボディーのモデルでは2600mmのホイールベースになります。ノートで後者を使うことにした際、「車両の軽量化を考えるなら、どうして短い方にしないの?」というハナシもありました。燃費をよくしたい。それはお客さまのためになる。美しいことを言うと、地球環境にもいい。だからといって「狭い」のでは、お客さまにとって「快適」とはいえません。

流麗なデザインと広さの両立を図った2代目ノート。インタビューは、「ティアナ」と同等の広さを誇るリアシートで行われている。

先に中国に出している「サニー」は、とにかく立派に、大きく見えるようにしています。一方、ノートは先進国にお届けすると決まったので、実際の寸法はタップリあるけれど、外からはむしろコンパクトに見えるように、「快活」なイメージが損なわれないようにまとめました。

――先代ノートはユーティリティーを高めつつ、バランスよくまとめられていたと思います。
ノートが狙っているのは、ハッチバックとMPV(ミニバン)の中間です。先代はワゴン的な、合理的なよさがエクステリアに出ていました。モデルチェンジにあたって、あまりMPVに近づけると、海外マーケットでは「商用車っぽい」と言われちゃう。今回は、もう少しハッチバック的な元気のいいデザインを採り、性能面でもスポーティーな方向にシフトして、お客さまの裾野を広げようとしています。

2代目「日産ノート」は、2012年9月3日に発売。以来、3カ月連続で新車販売台数ランキング(日本自動車販売協会連合会)の3位となっている。
2代目「日産ノート」は、2012年9月3日に発売。以来、3カ月連続で新車販売台数ランキング(日本自動車販売協会連合会)の3位となっている。 拡大
インテリアカラーは、黒基調で統一。シンプルなデザインが採用される。写真は「X DIG-S」のもの。
インテリアカラーは、黒基調で統一。シンプルなデザインが採用される。写真は「X DIG-S」のもの。 拡大
サイドビュー。躍動感を表現したというキャラクターライン(スカッシュライン)が目を引く。なお、ホイールベースは2600mmで、先代モデルと変わらない。
サイドビュー。躍動感を表現したというキャラクターライン(スカッシュライン)が目を引く。なお、ホイールベースは2600mmで、先代モデルと変わらない。 拡大

“高くない”のは大事

新しいノートは、ボディー構造を根本から見直すことで、旧型より約70kg軽くなった。エンジンは、4気筒から3気筒へ。自然吸気の1.2リッター直3と、そのスーパーチャージャー版が用意される。気になる燃費は、後者を積んだ「S DIG-S」が、25.2km/リッターである。

――3気筒エンジンにスーパーチャージャーを付けたのは、ミラーサイクルにしたがゆえの、トルクの細さをカバーするためですか?
そうです。過給機に関して言うと、フォルクスワーゲンさんはターボでやっていますけど、うちはスーパーチャージャーで、滑らかな、変動の少ない過給を目指しました。エンジンそのものの特性もあると思いますが、わりと開発初期からスーパーチャージャーにしようと決まっていました。

――スーパーチャージャーは、踏み始めから駆動されるから合理的ですね。ハイブリッドは考えなかったのですか?
検討はしました。例えば「『セレナ』のS-HYBRID(スマートシンプルハイブリッド)は使えないのか?」とか。ただノートの場合、考え方として、お客さまに高いものを提供する前に、“お買い得”というと変ですけど、「キチンと手が届くクルマにしたい」というのがありました。

――なるほど。
「私が“女子”だから、なのかもしれませんが」

と言って日産初となる女性開発責任者はちょっと笑うと、言葉を続けた。

20代のころは、けっこう派手にクルマにお金をつぎ込んだりしたんですけど、実際に日常的に使うようになると……。
今、自宅から厚木のテクニカルセンターまで、毎日片道40kmをクルマで通勤しています。カッコいいクルマに乗っていると、それはジマンなんですけど、でも、道具として使うとなると、正直あまりお金をかけたくない。ノートはお客さまの生活をサポートする道具としての位置付けで作ってきたので、コストのかかるソリューションはいらない。このクラスでこれだけ軽量化できたのだから、(「シーマ」や「フーガ」のように)「パワートレインは2個いらないでしょ」というのが、ハイブリッドを使わなかった理由です。ハイブリッド化でクルマの値段が高くなるのだったら、ほかのものにお金をかけたい、という思いがありました。

スーパーチャージャー付きの1.2リッターエンジン。ひとクラス上の加速性能と(ハイブリッド車を除く)クラス最高の燃費を実現したとうたわれる。
スーパーチャージャー付きの1.2リッターエンジン。ひとクラス上の加速性能と(ハイブリッド車を除く)クラス最高の燃費を実現したとうたわれる。 拡大
こちらは「ECOモード」のスイッチ。スーパーチャージャーの作動を制限するなどエンジンとCVを統合制御、燃費優先の運転を可能とする。
こちらは「ECOモード」のスイッチ。スーパーチャージャーの作動を制限するなどエンジンとCVを統合制御、燃費優先の運転を可能とする。 拡大
日産ノート【開発者インタビュー】の画像 拡大

日産ノート【開発者インタビュー】の画像 拡大

日産ノート【開発者インタビュー】の画像 拡大
車両周辺の様子が確認できる「アラウンドビューモニター」。その映像はルームミラーやナビ画面(対応機種)に表示可能。
車両周辺の様子が確認できる「アラウンドビューモニター」。その映像はルームミラーやナビ画面(対応機種)に表示可能。 拡大

さりげなく便利なクルマ

新型ノートは、「毎日の暮らしの道具」となる新しいベーシックカーを目指して開発された。「毎日乗って便利に使える、毎日乗って楽しめるクルマ」がコンセプトだ。

――日本でのライバル車は何ですか?
間違いなくホンダの「フィット」ですね。リスペクトを込めて、「すごくいいクルマ」と言いたい。初代フィットが出たときには、「何するんだ、ホンダ!」と思いました。

――フィットは、センタータンクレイアウトと、豊富なシートアレンジが特徴です。ノートはボディーがひとまわり大きいですが、シートアレンジは地味ですね。
フィットを批判するわけではないんですが、毎日使わないものはいらないんです。ディーラーの人からは、「どうしてウチのはシートがパタパタしないの」とか「ティーダに付いていた(リアシートの)スライドがないじゃない」と言われていますが……。でも、「シートスライド、毎日使う?」ということです。

――販売店でのアピール度は高いけれど、実際には特別な機会にしか使わない、と。
例えばアラウンドビューモニターなんかは、毎日使えますよ。一回使うと、もう手放せない。駐車時のほか、左側のブラインドエリアの確認にも利用できる。側溝ギリギリまで寄せなきゃいけないときに心強いし、子どもの三輪車を見落とすなんてことも避けられます。


ノートの想定ユーザーは、「2歳の子どもがいる32歳の夫婦」。「Value for Moneyは大事」「衝動買いは絶対にしない!」との設定だ。カタログアピールではない、本当に使える機能を見極められる人たち、ということだろう。

リアドアの開閉角度は先代モデルの65度から85度にアップ。利便性の向上が図られている。
リアドアの開閉角度は先代モデルの65度から85度にアップ。利便性の向上が図られている。 拡大
日産ノート【開発者インタビュー】の画像 拡大

後席のドアは、85度まで開くんです。開発中に部下にベビーが生まれて、「子どもをクルマに乗せるときや、ベビーシートを取り付けるのにドアが大きく開くと便利」という提案があって、採用しました。ラゲッジルームでなくて、後席に物を積むときも便利ですね。シートを倒したり、積む物を無理に斜めにしないでも、スッと入ります。

新しいノートは、あくまで普段使い重視。さりげなく便利で、何気なく燃費がいい。選ぶ側の、消費者の“賢さ”が試されるクルマでもあるようだ。

(文=青木禎之/写真=DA<人物>、webCG<車両>)

→「日産ノート」の関連記事はこちら

あなたにおすすめの記事