【語ってくれた人】水口美絵(みなくち みえ)さん/トヨタ自動車を経て、2001年に日産自動車入社。「キューブ」の商品企画などを担当し、今回の「ノート」では、チーフ・プロダクト・スペシャリストと呼ばれる開発責任者に。

日産ノート【開発者インタビュー】

「毎日使える道具」を目指して 2012.12.21 試乗記 <開発者インタビュー>
水口美絵さん
日産自動車株式会社
チーフ・プロダクト・スペシャリスト

2012年9月の発売以来、好調なセールスが伝えられる2代目「日産ノート」。開発を取りまとめた水口美絵チーフ・プロダクト・スペシャリストにお話をうかがった。

「燃費」と「快適」がキーワード

2代目「ノート」は、国内では先代「ノート」に加えて「ティーダ」のマーケットをも引き継ぐ大役が与えられ、また、世界戦略車として、従来の欧州に加え北米でも販売される。どのようなコンセプトで企画されたのだろうか?

ノートを開発するにあたって、どうしてもやりたかったのは、日本でいうと燃費、欧州だとCO2、その値をクラストップにすること。今回使った新しいVプラットフォームは、「マーチ」で2450mm、セダンボディーのモデルでは2600mmのホイールベースになります。ノートで後者を使うことにした際、「車両の軽量化を考えるなら、どうして短い方にしないの?」というハナシもありました。燃費をよくしたい。それはお客さまのためになる。美しいことを言うと、地球環境にもいい。だからといって「狭い」のでは、お客さまにとって「快適」とはいえません。

流麗なデザインと広さの両立を図った2代目ノート。インタビューは、「ティアナ」と同等の広さを誇るリアシートで行われている。

先に中国に出している「サニー」は、とにかく立派に、大きく見えるようにしています。一方、ノートは先進国にお届けすると決まったので、実際の寸法はタップリあるけれど、外からはむしろコンパクトに見えるように、「快活」なイメージが損なわれないようにまとめました。

――先代ノートはユーティリティーを高めつつ、バランスよくまとめられていたと思います。
ノートが狙っているのは、ハッチバックとMPV(ミニバン)の中間です。先代はワゴン的な、合理的なよさがエクステリアに出ていました。モデルチェンジにあたって、あまりMPVに近づけると、海外マーケットでは「商用車っぽい」と言われちゃう。今回は、もう少しハッチバック的な元気のいいデザインを採り、性能面でもスポーティーな方向にシフトして、お客さまの裾野を広げようとしています。

2代目「日産ノート」は、2012年9月3日に発売。以来、3カ月連続で新車販売台数ランキング(日本自動車販売協会連合会)の3位となっている。
2代目「日産ノート」は、2012年9月3日に発売。以来、3カ月連続で新車販売台数ランキング(日本自動車販売協会連合会)の3位となっている。
インテリアカラーは、黒基調で統一。シンプルなデザインが採用される。写真は「X DIG-S」のもの。
インテリアカラーは、黒基調で統一。シンプルなデザインが採用される。写真は「X DIG-S」のもの。
サイドビュー。躍動感を表現したというキャラクターライン(スカッシュライン)が目を引く。なお、ホイールベースは2600mmで、先代モデルと変わらない。
サイドビュー。躍動感を表現したというキャラクターライン(スカッシュライン)が目を引く。なお、ホイールベースは2600mmで、先代モデルと変わらない。
関連記事 ホームへ戻る