第276回:【Movie】「トヨタ86」おじさんにも愛の目を!? 大矢アキオ 捨て身の路上調査員「デトロイト編」

2012.12.21 エッセイ

第276回:【Movie】「トヨタ86」おじさんにも愛の目を!?大矢アキオ 捨て身の路上調査員「デトロイト編」

ヘンリー・フォード2世の肝いりで計画されたものの、現在はGM本社ビルが入っているルネッサンス・センター。
ヘンリー・フォード2世の肝いりで計画されたものの、現在はGM本社ビルが入っているルネッサンス・センター。
GM本社玄関にディスプレイされた「ビュイック・ヴェラーノ」。地元ミシガン州オリオン・タウンシップ工場で造られている2.4リッター4気筒車である。
GM本社玄関にディスプレイされた「ビュイック・ヴェラーノ」。地元ミシガン州オリオン・タウンシップ工場で造られている2.4リッター4気筒車である。

モータウンでも5台に1台は日本ブランド!

毎年末「年越し」という大イベントをはさんでいるおかけで、ともすると忘れがちだが、あとひと月で北米国際自動車ショー、つまりデトロイトショーが始まる。一般公開は2013年1月19〜27日である。

実際に走っているクルマを観察することで、今日のリアルな自動車生態系を感じていただく「捨て身の路上調査員」シリーズ、今回はそのデトロイト編である。
動画では、デトロイト中心部のカナダ行きトンネル付近、デトロイトショーの会場であるコボ・センター周辺、郊外のモータウン・レコード博物館、そしてディアボーンのヘンリー・フォード博物館の駐車場でのクルマ風景をお届けする。

加えて、以下はデトロイトのゼネラル・モーターズ(GM)本社ビル近くで、ある平日の昼間15分間に1車線を通過したブランドを数えたものだ(いずれも2012年1月に実施。ただし台数と動画の内容とは異なります)。

フォード:23台
シボレー:14台
クライスラー:10台
ジープ:9台
GMC:8台
ダッジ、トヨタ:各7台
ポンティアック、レクサス、ホンダ:各6台
ビュイック、アキュラ:各4台
日産、ヒュンダイ:各2台
キャデラック、サターン、リンカーン、マーキュリー、インフィニティ、フォルクスワーゲン、BMW、ボルボ、キア:各1台

デトロイトといえば、いわずと知れた全米自動車産業の中心地であるものの、このとき通過した117台中26台、つまり5台に1台以上は日系ブランド車ということになる。

企業小説で有名な故・城山三郎の著作に、自動車産業を舞台にした『勇者は語らず』という作品がある。その中に、米国に赴任した日本の自動車メーカーの従業員と彼の小さな子どもが、休日に道路脇に腰掛け、自社製のクルマが通過するのを気長に待つ場面がある。小説はフィクションであるものの、日本車の浸透ぶりはその時代には考えられなかったほどである。もちろんそこまで到達するためには1980年代の日米貿易摩擦、そして現地雇用と部品調達をもたらすための米国現地生産開始という時代を経てきたことを忘れてはならない。

ダウンタウンの繁華街グリークタウン(ギリシャ街)にて。
ダウンタウンの繁華街グリークタウン(ギリシャ街)にて。
ホテルの駐車場に放置されていた「フォード・クラウン ヴィクトリア」(写真左)と、初代「いすゞ・アスカ」と同じJプラットフォーム上に造られた「シボレー・キャヴァリエ コンバーチブル」(写真右)。
ホテルの駐車場に放置されていた「フォード・クラウン ヴィクトリア」(写真左)と、初代「いすゞ・アスカ」と同じJプラットフォーム上に造られた「シボレー・キャヴァリエ コンバーチブル」(写真右)。

また、目の前にやってくるクルマを観察していると、1990年代にはまだあちこちで見かけた全長5メートル超のコラムシフト+ベンチシート(厳密にはセパレートシート)6人乗りセダンは、絶滅危惧種であることがわかる。各メーカーのカタログにある大サイズのモデルも、今や欧州車や日本車と同じフロアシフト+普通のシートばかりだ。

燃料高騰、経済状況、家族構成、趣向の変化、同じ専有面積でよりスペースユーティリティーに優れたミニバンへのシフトという米国の事実を無視して古いアメリカ車への郷愁にひたるのは、新車登録の7割近くが外国車のイタリアで、「日本の自動車誌に出てくるような最新イタリア車があふれていないと、つまらない」と言うのと同じくらいナンセンスな主張である。
ボクに向かって「もっとキモーノ(着物)とか自国のファッション文化をお前も実践せよ」という、イタリア人の困ったおじいさんと同じ、ともいえる。

だが1990年代の東京生活時代にコラムシフト+ベンチシートのビュイックを2台も乗り継いだ筆者としては、「あのとき所有していなければ、もし今東京に住んでいても簡単には乗れなかった」と、ほっと胸をなで下ろしたのも事実だ。
「今乗りたいクルマは、今ムリしてでも乗っておくべし。そうしないと消えてしまうかもしれない」――それがデトロイトの路上を観察して得た感想である。
そう考えると、ハイブリッドやEVが脚光を浴びる傍らで、クルマ本来の楽しさを売りにした「トヨタ86」を操っているおじさんにも自然と温かいまなざしを向けられるようになるのも、これまた事実だ。

(文と写真=大矢アキオ/Akio Lorenzo OYA)

グレイハウンド・バスのマークを見ると、類似した意匠をもつ小田急バスを思い出してしまうのは筆者だけか?
(写真・動画/2012年1月撮影) 
第276回:【Movie】「トヨタ86」おじさんにも愛の目を!? 大矢アキオ 捨て身の路上調査員「デトロイト篇」

大矢アキオ、捨て身の路上調査員「デトロイト編」(前編)

大矢アキオ、捨て身の路上調査員「デトロイト編」(後編)

(撮影と編集=大矢アキオ/Akio Lorenzo OYA)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。