【スペック】XJ 2.0ラグジュアリー:全長×全幅×全高=5135×1900×1455mm/ホイールベース=3030mm/車重=1780kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブターボ(240ps/5500rpm、34.7kgm/1750rpm)/価格=900万円(テスト車=936万6000円)

ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 3.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】

新境地を開いた 2012.12.26 試乗記 ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 3.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)
……936万6000円/829万円

2リッター直4ターボエンジンを搭載するなど、パワートレインを一新したジャガーの2013年モデルに試乗した。

直噴2リッターターボの実力

2013年ジャガーのハイライトは、エンジンのダウンサイジングである。それを象徴するのが、「XJ」に登場した2リッターモデルだ。ジャガーの代名詞ともいえる全長5mオーバーのフルサイズセダンが2リッターの4気筒ターボで走るようになったのだ。

「XF」にも搭載されたそのエンジンは、「レンジローバー イヴォーク」ですでにおなじみのフォード製直噴“2リッター・エコブースト”。資本関係は解消されても、ジャガー・ランドローバーとフォードとの協力関係は続いている。ジャガーは後輪駆動のために縦置きレイアウトをとるが、240psのパワーも34.7kgmのトルクもイヴォークと同一だ。変速機は新たにZF製の8段ATが組み合わされる。

さて、あのXJが2リッターで走るのか!? 走ります。考えてみると、車重1700kg台半ばの「イヴォーク」だってかなりスルドイ走りをみせるのだから、総アルミボディーで1780kgと、ガタイのわりに軽く仕上がったXJがよく走るのは当然だ。

この直噴2リッターターボ、とくに発進直後が力強く、4ドアクーペ的な豪華サルーンをスルスルッとカンタンにスピードに乗せる。0-100km/hデータは7.5秒と十分な速さだが、トルクにものを言わせる大排気量車とは違う軽快な加速感だ。加速が、カルイ。フルサイズセダンの走りに、なによりも陸の王者のような力強さを期待する向きには少し物足りないかもしれないが、そういうかたには上のV6やV8モデルをお求めいただくことにしよう。このエンジンのおかげでXJが「アウディA6」と「A4」の中間くらいのカジュアルさを身につけた。XJの新境地である。

新たに採用された2リッター直4ターボエンジンは240psと34.7kgmを発生する。
新たに採用された2リッター直4ターボエンジンは240psと34.7kgmを発生する。
「XJ」の室内。試乗した「2.0ラグジュアリー」にはボンドグレインレザーが使用される。
「XJ」の室内。試乗した「2.0ラグジュアリー」にはボンドグレインレザーが使用される。

ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 3.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る