スズキ、「ワゴンR」に5MT仕様を追加

2012.12.20 自動車ニュース

スズキ、「ワゴンR」に5MT仕様、「アルトラパン」に4AT仕様を追加

スズキは2012年12月19日、「ワゴンR」のベーシックグレード「FX」に5MT仕様を、「アルトラパン」のベーシックグレード「G」に4AT仕様を追加し、販売を開始した。

新たに追加された「ワゴンR FX」の5MT仕様は、既存のCVT仕様と同じくアイドリングストップ機構を搭載。停車時に、シフト位置をニュートラルに戻してクラッチを離せば、自動でエンジンが停止する。またエアコンには「エコクール」が備えられており、アイドリングストップ中も、より長時間にわたり室内に冷風を送ることが可能となっている。

また、エンストした際のエンジン再始動に役立つ「エンジンリスタート機能」も採用。エンスト時にシフト位置をニュートラルに戻し、クラッチを踏み込むだけでエンジンが再始動する。

燃費はFF車で25.6km/リッター、4WD車で24.0km/リッター(JC08モード)。エコカー減税により、前者は100%、後者は75%の減税措置を受けることができる。

価格はFF車が109万9350円、4WD車が121万6950円となっている。

一方「アルトラパン」では、「G」グレードに、より低価格な4AT仕様を追加。アイドリングストップ機構などの設定はないが、価格はCVT仕様と比べて10万1850円安の104万7900円となっている。

(webCG)

「スズキ・ワゴンR FX」
「スズキ・ワゴンR FX」
「スズキ・ワゴンR FX」5MT仕様のインパネまわり
「スズキ・ワゴンR FX」5MT仕様のインパネまわり
「スズキ・アルトラパンG」
「スズキ・アルトラパンG」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
ホームへ戻る