第167回:お台場で「サイドターン」の体験レッスン

2012.12.20 エッセイ

第167回:お台場で「サイドターン」の体験レッスン

東京・お台場の「MEGA WEB(メガウェブ)」にスポーツカーファン専用サロン「86 CLUB HOUSE(ハチロク クラブハウス)」がオープン。今回、メディア向けに開かれた車体コントロールテクニックが学べる講座を体験してきた。

コントロールテクニックプログラム

以前ニュースでお伝えしたとおり、トヨタ自動車のアミューズメント施設「MEGA WEB トヨタシティショウケース」内に「86 CLUB HOUSE」がオープンした。
「スポーツカーオーナーやファンがメーカーの枠を超えて集い、絆を深められるスペース」を作ろう! という目的で、「トヨタ86」を中心に進められている「スポーツカーカルチャー推進構想」の一環として開設されたスペースだ。
ここでは「86 ACADEMY(ハチロク アカデミー)」という、スポーツカーに関するさまざまなジャンルの講座を持つカルチャースクールが開かれている。
例を挙げると、レーシングドライバーの指導によるエクササイズプログラムやカーボン素材を用いてオリジナルアイテムを制作するワークショップ、愛車を撮影するためのテクニックを学ぶ写真教室など。さらには、「峠」の持つ魅力を味わう「峠ソムリエ検定」などという講座も用意されている。

その中から、車体コントロールテクニックをメガウェブ内のコースを利用して、サイドターンやアクセルターンなどの実技を身に付けるという「コントロールテクニックプログラム」の、自動車メディア向けに開かれた体験講座を受講してきた。

このプログラム、まずは「86 CLUB HOUSE」の中で操作の基本を解説したビデオを観る所から始まる。
講座のメインインストラクターを務める、DJでレーサーとしても活躍するピストン西沢さんによる解説で、注意事項や具体的な操作方法などを学び、いよいよ実技へと進む。

実技といっても、お台場の「MEGA WEB」へ行ったことがある方なら「そんなスペースどこにあるんだ」と思われるかもしれないが、通常は「ライドワン」というトヨタ車の試乗が行われているコースの一部を利用するのだ。

まずはインストラクターによるデモ走行を見学。
コースに置かれたパイロンの間を「86」が自由自在にクルクルと走り回る。
路面抵抗を減らすために水がまかれたコースに、水しぶきが上がる。
あまりにも軽やかな動きなので、ラジコンカーでも見ているようである。

続いて、インストラクターが運転する「86」の助手席で、これから学習するサイドブレーキを使った車体コントロール「サイドターン」を体験。
停止状態から3000rpmくらいでクラッチをミートし数メートル直進、パイロンを目印にステアリングを右に切り、クラッチを踏んでサイドブレーキを思い切り引くと、後輪がスライドし、90度曲がったらフットブレーキで停止する。
先生はいとも簡単にやってのけるが、次は自分が挑戦するのである。
運転席に座り、最初はエンジンをかけずにイメージトレーニング。
頭の中で操作を整理して、いよいよ実践である。
グローブの中で手が汗ばんでいるのを気にしつつエンジンをスタート。
右足に軽く力を込めて、エンジンの回転数を上げ、クラッチをつなぐ。
ポイントが来たらステアリングを切って、はい、クラッチ、サイドブレーキ!
しかし、おっかなびっくり加速したせいか、速度が足りずに70度くらいのターンで止まってしまった。


第167回:お台場で「サイドターン」の体験レッスンの画像
写真左からメインインストラクターを務めるピストン西沢氏と、インストラクター橋本洋平、高橋滋の両氏。
写真左からメインインストラクターを務めるピストン西沢氏と、インストラクター橋本洋平、高橋滋の両氏。
映像中の車両を操っているのもピストン西沢氏。「覚えたテクニックは、くれぐれも公道では使用しないように」との注意が。
映像中の車両を操っているのもピストン西沢氏。「覚えたテクニックは、くれぐれも公道では使用しないように」との注意が。
屋外に場所を移して、コースの説明を受ける。
屋外に場所を移して、コースの説明を受ける。
インストラクターによる「成功例」
インストラクターによる「成功例」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ