【スペック】全長×全幅×全高=4369×1802×1445mm/ホイールベース=2647mm/車重=1474kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(180ps/5700rpm、24.5kgm/1600-5000rpm) (欧州仕様車)

ボルボV40 T4(FF/6AT)【海外試乗記】

プレミアムハッチの新潮流 2012.09.16 試乗記 ボルボV40 T4(FF/6AT)

かつてボルボの小型ワゴンに使われた「V40」の車名が、プレミアム路線のハッチバックとして復活。その実力はドイツ勢を脅かす? イタリア・ヴェローナからのリポート。

箱型デザインも今や昔……

盛況のプレミアムコンパクト・セグメントにボルボが投入する「V40」の名は、以前には今の「V50」に連なる小型ワゴンに使われていたものだ。それがあまり違和感を覚えさせないのは、ロングルーフのフォルムが単なるハッチバックというよりはワゴンにも通じる雰囲気を醸し出しているからだろう。ボルボが車名に「V」の字を使う以上、ちゃんと意味があるのだ。

ハッチバックともワゴンとも取れる、つまりはこのセグメントの強力なライバルたちのどれとも似ていないスタイリングは、V40の強力な武器と言っていいだろう。とりわけ後方に向けてなだらかに上昇していくショルダーラインと、逆に下降してくるルーフラインが、リアエンドできれいに収束していくサイドビューの美しさは、他にはちょっとないものだ。しかもキャビン後端は左右にも強く絞り込まれており、斜め後方から見るとフェンダーのボリュームがこれでもかと強調されているのだ。このあたりも、本当に巧みである。

ボルボといえば箱型だったのは、そんなに昔の話ではないのに、いざやるとなれば、こんな流麗なフォルムを描いてくるのだから、スカンジナビアン・デザインまさに恐るべし。それでいて、一目でボルボと分かるアイデンティティーもしっかり継承されているのだからうなるほかない。「S60/V60」もボルボの新しい魅力を引き出したスタイリングが魅力だが、V40はそれらよりもいい意味で力が抜けた感じで、さらに多くの人から受け入れられそうに思われる。

設定されるガソリン5種類、ディーゼル3種類のエンジンの中から、メインの試乗車として用意されていたのは最高出力180psを発生する1.6リッター直噴ターボエンジンを積む「T4」。ギアボックスはパワーシフトと呼ばれる6段DCTで、これにハンドリング重視の仕立てで車高が10mm低くなる「スポーツ」シャシーと18インチのタイヤ&ホイールが装着されていた。

ルーフが長い新型「V40」のフォルムは、「V」のイニシャルが示すようにワゴンに通じる雰囲気を持つ。
ルーフが長い新型「V40」のフォルムは、「V」のイニシャルが示すようにワゴンに通じる雰囲気を持つ。
試乗車は1.6リッター直噴ターボエンジン(180ps)を搭載する「T4」。ギアボックスは6段DCT。
試乗車は1.6リッター直噴ターボエンジン(180ps)を搭載する「T4」。ギアボックスは6段DCT。
インテリアデザインはいつものボルボ流。その仕立ては若々しく、スポーティーな印象を与える。
インテリアデザインはいつものボルボ流。その仕立ては若々しく、スポーティーな印象を与える。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボ車誕生90周年を記念した「V40」の限定車発売 2016.12.27 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2016年12月27日、コンパクトハッチバック「V40」に特別仕様車「T3 Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を設定し、2017年1月3日に発売すると発表した。200台限定の販売となる。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 特集 ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る