クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4369×1802×1445mm/ホイールベース=2647mm/車重=1474kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(180ps/5700rpm、24.5kgm/1600-5000rpm) (欧州仕様車)

ボルボV40 T4(FF/6AT)【海外試乗記】

プレミアムハッチの新潮流 2012.09.16 試乗記 ボルボV40 T4(FF/6AT)

かつてボルボの小型ワゴンに使われた「V40」の車名が、プレミアム路線のハッチバックとして復活。その実力はドイツ勢を脅かす? イタリア・ヴェローナからのリポート。

箱型デザインも今や昔……

盛況のプレミアムコンパクト・セグメントにボルボが投入する「V40」の名は、以前には今の「V50」に連なる小型ワゴンに使われていたものだ。それがあまり違和感を覚えさせないのは、ロングルーフのフォルムが単なるハッチバックというよりはワゴンにも通じる雰囲気を醸し出しているからだろう。ボルボが車名に「V」の字を使う以上、ちゃんと意味があるのだ。

ハッチバックともワゴンとも取れる、つまりはこのセグメントの強力なライバルたちのどれとも似ていないスタイリングは、V40の強力な武器と言っていいだろう。とりわけ後方に向けてなだらかに上昇していくショルダーラインと、逆に下降してくるルーフラインが、リアエンドできれいに収束していくサイドビューの美しさは、他にはちょっとないものだ。しかもキャビン後端は左右にも強く絞り込まれており、斜め後方から見るとフェンダーのボリュームがこれでもかと強調されているのだ。このあたりも、本当に巧みである。

ボルボといえば箱型だったのは、そんなに昔の話ではないのに、いざやるとなれば、こんな流麗なフォルムを描いてくるのだから、スカンジナビアン・デザインまさに恐るべし。それでいて、一目でボルボと分かるアイデンティティーもしっかり継承されているのだからうなるほかない。「S60/V60」もボルボの新しい魅力を引き出したスタイリングが魅力だが、V40はそれらよりもいい意味で力が抜けた感じで、さらに多くの人から受け入れられそうに思われる。

設定されるガソリン5種類、ディーゼル3種類のエンジンの中から、メインの試乗車として用意されていたのは最高出力180psを発生する1.6リッター直噴ターボエンジンを積む「T4」。ギアボックスはパワーシフトと呼ばれる6段DCTで、これにハンドリング重視の仕立てで車高が10mm低くなる「スポーツ」シャシーと18インチのタイヤ&ホイールが装着されていた。

ルーフが長い新型「V40」のフォルムは、「V」のイニシャルが示すようにワゴンに通じる雰囲気を持つ。
ルーフが長い新型「V40」のフォルムは、「V」のイニシャルが示すようにワゴンに通じる雰囲気を持つ。
拡大
試乗車は1.6リッター直噴ターボエンジン(180ps)を搭載する「T4」。ギアボックスは6段DCT。
試乗車は1.6リッター直噴ターボエンジン(180ps)を搭載する「T4」。ギアボックスは6段DCT。 拡大
インテリアデザインはいつものボルボ流。その仕立ては若々しく、スポーティーな印象を与える。
インテリアデザインはいつものボルボ流。その仕立ては若々しく、スポーティーな印象を与える。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

ワザありのインテリア

室内で出迎えてくれるインテリアは、一見いつものボルボ流。しかしアナログ計の代わりにTFT液晶を使って好みに応じて表示を自由に変更できるメーターや、中でLEDが輝くクリア素材のセレクターレバー、さらにはフレームレスタイプのルームミラーなど、ディテールのそこかしこに小気味よいひとひねりが加えられている。若々しくスポーティーな仕立ては、外観の印象とよくマッチしていて悪くない。

それでもボルボの美点、例えばサイズが大きく体を包み込むようなシート、良好な視界といった部分は踏襲されている。低いルーフラインから懸念した後席の居住性もまったく不満を感じさせなかった。頭上も足元もスペースは十分。サイドウィンドウは天地方向にはやや小さいが、着座位置が高く、かつ左右席が若干内側に寄せられていることで前方視界が良く、閉塞(へいそく)感とは無縁なのだ。

ただし、広い室内と引き換えに荷室容量は335リッターと、クラスの水準より小さめ。床下収納まで含めれば352リッターに達するし、フロアボードを立て掛けて仕切りにできたり、深さを稼ぐかフルフラットか自在にアレンジできたりと使い勝手には相当配慮されているが、ボルボのVモデルへの期待値からすれば、不満を感じる人もいるかもしれない。

ボルボの常で、フロントシートはサイズが大きめ。体を包み込むような形状を持つ。
ボルボの常で、フロントシートはサイズが大きめ。体を包み込むような形状を持つ。 拡大
リアシートの居住性もまずまず。“デザインの犠牲”にはなっておらず、大人が快適に過ごせる広さが確保されているという。
リアシートの居住性もまずまず。“デザインの犠牲”にはなっておらず、大人が快適に過ごせる広さが確保されているという。 拡大
トランク容量は335リッターとクラスの水準より小さめ。ただし、幅広いシートアレンジが可能。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
トランク容量は335リッターとクラスの水準より小さめ。ただし、幅広いシートアレンジが可能。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます) 拡大

軽快さは「V60」をしのぐ?

いざ走りだして、まず感じたのは乗り心地の硬さである。ロードノイズも少々大きめだ。しかし、その分ターンインは正確そのもので、ノーズの動きが鋭いだけでなくクルマ全体がスムーズに旋回姿勢に入っていく、そのつながりの良さが心地良い。あるいはS60/V60を凌(しの)ぐかもしれないほどのクルマとの一体感を味わえるのだ。

ちなみに乗り心地は、後で短時間の試乗ができた標準の「ダイナミック」シャシーの方が断然良かった。日本仕様もストックではこれになるようだから安心していいだろう。

動力性能も十分以上で、トップエンドまで引っ張れば快活な加速を披露する。ただし、その威勢の良さとのギャップもあってか、低中速域のピックアップには物足りなさもある。本当なら「T3」として用意される150ps仕様の方がバランスが良さそうな気もするが、残念ながらこちらにはパワーシフトの設定がないのである。

こうして走りを磨く一方で、V40はボルボ自慢の安全性能についても、さらなるステップアップを実現している。目玉は世界初の歩行者用エアバッグ。これは万一、歩行者をはねてしまった際に、エアバッグによってボンネットを持ち上げ、フロントガラスやAピラーの下3分の1ほどをカバーすることで歩行者が頭部を打ち付けるのを防ぐというもので、オプションとして設定される。定評の「シティ・セーフティ」は当然、標準で装備される。

かつてのV40、そして今のV50は競合との直接対決を避けて、Cセグメントのコンパクトカーより少し上、Dセグメントよりは下のニッチなところで勝負していた。しかし新型V40は、プレミアムコンパクトという激戦区に真っ向から挑む。開発には当然気合が入ったに違いないが、今回の試乗を通じてデザイン、走り、そして安全性などあらゆる部分で十分な実力、そして個性を有していることが確認できた。十分に勝負できるどころか、これならライバルたちを強く警戒させることになるに違いない。

日本上陸は来年初頭の予定。価格は今回試乗したT4で、おそらく300万円台の頭のあたりといったところになりそうだ。

(文=島下泰久/写真=ボルボ・カーズ・ジャパン)

車高が10mm低くなる「スポーツ」シャシー装着車のフットワークは軽快。ドライバーとクルマの一体感は「V60」をしのぐほどだ。
車高が10mm低くなる「スポーツ」シャシー装着車のフットワークは軽快。ドライバーとクルマの一体感は「V60」をしのぐほどだ。 拡大
メーターは単眼式。TFT液晶によって、表示を自由に変更できるようになっている。
メーターは単眼式。TFT液晶によって、表示を自由に変更できるようになっている。 拡大
新型「V40」の安全装備の目玉がこれ。フロントウィンドウの外側に展開する、世界初の「歩行者用エアバッグ」である。
新型「V40」の安全装備の目玉がこれ。フロントウィンドウの外側に展開する、世界初の「歩行者用エアバッグ」である。 拡大
日本には2013年の初頭に上陸する予定。
日本には2013年の初頭に上陸する予定。 拡大

関連キーワード:
V40ボルボ試乗記

あなたにおすすめの記事