【スペック】全長×全幅×全高=4625×1800×1430mm/ホイールベース=2810mm/車重=1740kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブターボ(306ps/5800rpm、40.8kgm/1200-5000rpm)+モーター(54ps、21.4kgm)/燃費=16.5km/リッター(JC08モード)/価格=745万円(テスト車=838万4000円)

BMWアクティブハイブリッド3 Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】

静かに駆けぬける歓び 2012.12.20 試乗記 BMWアクティブハイブリッド3 Mスポーツ(FR/8AT)
……838万4000円

BMWと聞いて期待するもの、それはやはりドライビングの歓びである。電化されて存在感を潜めたハイブリッドパワートレインがもたらす歓びとは? ロングツーリングで考えた。

シルキー改めサイレントシックス

夜の都内の渋滞を抜け、「アクティブハイブリッド3」は首都高速に入った。大人3人とその宿泊用の荷物、さらにカメラ機材を加えたそれなりの積載量で、宮城県のサーキット「スポーツランドSUGO」に向かっている。「日産GT-R」の2013年モデル試乗会に参加するため、その往復750kmほどのロングドライブにアクティブハイブリッド3を選んだのだ。

3リッター直6ターボ+モーターのパワートレインがロングドライブでどれだけ快適な走りを見せるか。それが今回の試乗のテーマだが、助手席に乗っている編集部T氏は、アクティブハイブリッド3とGT-Rという正反対の価値観を持つ2台を、筆者に暗に比べさせたがっているような気がしてならない。

アクティブハイブリッド3でまず注目すべきはその動力性能である。駆動方式は伝統のFR。トランクの床下にリチウムイオンバッテリーを搭載するが、BMW伝統の50:50の重量配分にこだわっているところがポイントだ。エンジンは今や「3シリーズ」唯一の直列6気筒となった3リッターの“ツインパワーターボ”。これをモーターがアシストし、システムのトータルで340psと45.9kgmを発生する。
1740kgの車重に対して340psというパワーがどのような走りをもたらすのかというと、「M3」のような胸のすく加速力こそないけれど、想像していたよりずっと速い。

ターボユニットならではのブーストの効いた加速や、モーター特有のゼロ発進からマックスで立ち上がる強烈なトルク、あるいは直列6気筒エンジンの鼓動――残念ながら、そういったエモーショナルなスパイスはない。もちろん回せばそれなりのエンジンサウンドがキャビンに舞い込むのだろうが、やたらと強力な低中速トルクと、シームレスに展開する加速が、ドライバーをまったくもって“ひっちゃき”にさせないのだ。
夜のハイウェイを音もなく疾走し、いつの間にか速度を高めているさまは、シルキーシックスというよりサイレントシックスといった風情。加速の瞬間芸を楽しむのではなく、高いアベレージスピードで走り続けられるドライバーには最高の相棒となるだろう。

また、エンジンの吹け上がりならぬ“吹け下がり”が面白い。エコモードで走行する際、アクセルオフでエンジンが完全に停止(コースティング)する。こういった機能は他社にも採用例があり、エコ世代の“デフォルト機能”と言えそうだが、これだけ速いクルマのエンジンがパタッと止まってしまうのは新鮮だ。

「アクティブハイブリッド3」は現行「3シリーズ」で唯一の直6エンジン搭載車。標準仕様のほか、「スポーツ」「モダン」「ラグジュアリー」「Mスポーツ」の計5仕様が用意される。
「アクティブハイブリッド3」は現行「3シリーズ」で唯一の直6エンジン搭載車。標準仕様のほか、「スポーツ」「モダン」「ラグジュアリー」「Mスポーツ」の計5仕様が用意される。
3リッター直6エンジン+モーターはシステムトータルで340psを発生。モーターはATユニットに組み込まれており、ギアボックスメーカーのZFから供給される。「アクティブハイブリッド5/7」も同じハイブリッドユニットを使用する。
3リッター直6エンジン+モーターはシステムトータルで340psを発生。モーターはATユニットに組み込まれており、ギアボックスメーカーのZFから供給される。「アクティブハイブリッド5/7」も同じハイブリッドユニットを使用する。
「Mスポーツ」仕様には、シフトパドル付きの専用ステアリングホイールやアルミのインテリアトリムが標準で装備される。
「Mスポーツ」仕様には、シフトパドル付きの専用ステアリングホイールやアルミのインテリアトリムが標準で装備される。
電力だけで最高75km/hで、3〜4kmの走行が可能。ドライビングパフォーマンスコントロールを「ECO PRO」モードにすれば、80km/h以上でもエンジンを停止させた状態(コースティング)で走行できる。
電力だけで最高75km/hで、3〜4kmの走行が可能。ドライビングパフォーマンスコントロールを「ECO PRO」モードにすれば、80km/h以上でもエンジンを停止させた状態(コースティング)で走行できる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクティブハイブリッド3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
ホームへ戻る