MINI史上最速モデルが200台限定で日本上陸

2012.12.18 自動車ニュース

BMW、「MINIジョンクーパーワークスGP」を200台限定で発売

BMWジャパンは2012年12月18日、「MINIジョンクーパーワークスGP」を200台限定で発売した。

「MINIジョンクーパーワークスGP」は、MINIハッチバックの高性能モデルである「MINIジョンクーパーワークス」をベースに、さらなるチューニングを施したモデル。BMWは「MINI史上最速」「究極の走りを極め、MINIで最もエキサイトメントなモデル」とうたっている。

パワートレインはベース車と同じ1.6リッター直4ターボだが、最高出力は7ps上乗せされた218psを発生。トランスミッションには6MTのみが組み合わされる。車内空間は軽量化のために後席が撤去された2人乗りで、インナーバーを装備することでボディー剛性を強化している。

また外装では、大型のカーボン製リアウイングやリアディフューザーにより、高速走行時にダウンフォースを発生させることで車両の挙動を安定化。専用サスペンションで強化された足まわりには、GP専用の17インチホイールとスポーツタイヤが標準装備される。

こうした改良により、「MINIジョンクーパーワークスGP」は0-100km/h加速6.3秒、最高速度240km/hという動力性能を実現している。

具体的な装備内容は以下の通り。
・ボディーカラー: サンダーグレー・メタリック
・3スポーク・スポーツレザーステアリングホイール
 (レッドステッチ入り)
・ブラック・リフレクター
・バイキセノンヘッドライト
・ホワイトターンシグナルライト
・プライバシーガラス
・フロアマット
・オンボードコンピューター
・ライトパッケージ
・オートマチックエアコンディショナー
・フォグライト
・スポーツボタン
・MINIブーストラジオCD
・専用RECAROシート
 (レッドステッチ入り、シートヒーター、シート高さ調整付き)
・17インチGP専用ホイール(7.5Jx17)+スポーツタイヤ(215/40R17)
・専用サスペンション
・ストラットブレース
・スポーツブレーキシステム
・エアロダイナミック・パッケージ
 (フロントエプロン、リアエプロン、サイドスカート)
・リアディフューザー
・カーボン製ウイング付きリアスポイラー
・DTC(GPモードを含む)

価格はベース車より70万円高の460万円。販売台数は全世界2000台の限定で、この内の1割にあたる200台が日本に割り当てられる。

(webCG)

「MINIジョンクーパーワークスGP」のより詳細な写真はこちら

「MINIジョンクーパーワークスGP」
「MINIジョンクーパーワークスGP」

MINI史上最速モデルが200台限定で日本上陸の画像

MINI史上最速モデルが200台限定で日本上陸の画像
1.6リッター直4ターボは、最高出力218ps/6000rpm、最大トルク26.5kgm/1750-5750rpm(オーバーブースト時は28.6kgm)を発生する。
1.6リッター直4ターボは、最高出力218ps/6000rpm、最大トルク26.5kgm/1750-5750rpm(オーバーブースト時は28.6kgm)を発生する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • モダンで華やかな特別仕様車「MINIセブン」発売 2016.8.26 自動車ニュース BMWジャパンは2016年8月26日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」の特別仕様車「MINI Seven(セブン)」を発表。同日、販売を開始した。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る