第41回:小説の中の女の子とドライブ……妄想全開の恋愛映画
『ルビー・スパークス』

2012.12.18 エッセイ

第41回:小説の中の女の子とドライブ……妄想全開の恋愛映画『ルビー・スパークス』

あのロードムービー監督の第2作

『リトル・ミス・サンシャイン』は、なんともキュートなロードムービーだった。ニューメキシコの家族が、カリフォルニアで行われる美少女コンテストに出場するために800マイルの旅をする。乗っていくのが黄色の「フォルクスワーゲン・タイプ2」、いわゆるフォルクスワーゲン・バスだ。これがとんでもないボロで、まともにエンジンすらかからない。何度も全員で押し掛けするハメになる。経験した人にはわかると思うが、あれは運転者と押す人の息が合わないとうまくいかない。バラバラだった家族が少しずつ絆を取り戻していく様子が、ボログルマを小道具に使って見事に表現されていた。

あれから6年、ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス監督の新作がようやくやってきた。夫婦監督の2作目となる『ルビー・スパークス』は、ラブ・ファンタジーである。主人公のカルヴィンは作家で、デビュー作がベストセラーとなって“天才”の名をほしいままにしたものの、その後作品が書けなくなっている。セラピーを受けると、大好きな人のことをリポートするようにと指示される。そこで夢に現れた女の子ルビー・スパークスを主人公にした小説を書き始めると、彼女が実体化して家に出現するのだ。

どう考えたって、たわいのない妄想に違いない。中二レベルのバカバカしい身勝手な夢だ。なにしろ、ルビーが初めて登場するときのスタイルが、カルヴィンのシャツ1枚だけを身につけた姿なのだ。ボンクラ男子が好む定番のシチュエーションではないか。ベタすぎる。

(C) 2012Twentieth Century Fox
(C) 2012Twentieth Century Fox

第41回:小説の中の女の子とドライブ……妄想全開の恋愛映画 − 『ルビー・スパークス』の画像
第41回:小説の中の女の子とドライブ……妄想全開の恋愛映画 − 『ルビー・スパークス』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。