「カローラフィールダー」に白と黒の特別仕様車

2012.12.18 自動車ニュース

「トヨタ・カローラフィールダー」に白と黒の特別仕様車が登場

トヨタ自動車は2012年12月17日、「カローラフィールダー」の特別仕様車「1.5G“AEROTOURER・W×B(エアロツアラー・ダブル バイ ビー)”」と「1.8S “AEROTOURER・W×B”」を発売した。

今回の特別仕様車は、「1.5G“AEROTOURER”」「1.8S“AEROTOURER”」をベースに、白と黒の2色で内外装をコーディネートしたものだ。

外装にはダークスモークのフロントグリルやHIDヘッドランプ、ダークメタリック塗装のアルミホイールを装備。内装には、ピアノブラック塗装のセンタークラスタ−やシフトノブ、パワーウィンドウスイッチベースなどを採用している。

また、ファブリックと合成皮革のコンビシートや本革巻き3スポークステアリングには、ホワイトのステッチがあしらわれており、黒を基調とした車内空間のアクセントとなっている。

ボディーカラーはブラックマイカとパールクリスタルシャインの2色を用意。価格は「1.5G“AEROTOURER・W×B”」のFF車が193万円、同4WD車が211万9000円、「1.8S “AEROTOURER・W×B”」が216万円。

(webCG)

「カローラフィールダー1.5G“AEROTOURER・W×B”」 ボディーカラーはブラックマイカ。
「カローラフィールダー1.5G“AEROTOURER・W×B”」 ボディーカラーはブラックマイカ。
「カローラフィールダー1.8S “AEROTOURER・W×B”」 ボディーカラーのパールクリスタルシャインは、通常のカローラフィールダーには設定されず、この特別仕様車のみにオプション(3万1500円)で用意される。
「カローラフィールダー1.8S “AEROTOURER・W×B”」 ボディーカラーのパールクリスタルシャインは、通常のカローラフィールダーには設定されず、この特別仕様車のみにオプション(3万1500円)で用意される。

「カローラフィールダー」に白と黒の特別仕様車の画像

関連キーワード:
カローラ フィールダートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ フィールダー1.5G“W×B”(FF/CVT)【試乗記】 2015.6.12 試乗記 マイナーチェンジを受けた「カローラ」シリーズの中からワゴンモデルの「フィールダー」に試乗。23.0km/リッター(JC08モード)の燃費をうたう新型1.5リッターエンジン搭載車の“実用車力”を探った。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.19 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「スポーツツアラーGT」。205ps&280Nmの高出力ターボエンジンと、四輪操舵システム、そしてハッチバックよりちょっと長めのボディーとホイールベースが織り成す走りをリポートする。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
ホームへ戻る