「カローラフィールダー」に白と黒の特別仕様車

2012.12.18 自動車ニュース

「トヨタ・カローラフィールダー」に白と黒の特別仕様車が登場

トヨタ自動車は2012年12月17日、「カローラフィールダー」の特別仕様車「1.5G“AEROTOURER・W×B(エアロツアラー・ダブル バイ ビー)”」と「1.8S “AEROTOURER・W×B”」を発売した。

今回の特別仕様車は、「1.5G“AEROTOURER”」「1.8S“AEROTOURER”」をベースに、白と黒の2色で内外装をコーディネートしたものだ。

外装にはダークスモークのフロントグリルやHIDヘッドランプ、ダークメタリック塗装のアルミホイールを装備。内装には、ピアノブラック塗装のセンタークラスタ−やシフトノブ、パワーウィンドウスイッチベースなどを採用している。

また、ファブリックと合成皮革のコンビシートや本革巻き3スポークステアリングには、ホワイトのステッチがあしらわれており、黒を基調とした車内空間のアクセントとなっている。

ボディーカラーはブラックマイカとパールクリスタルシャインの2色を用意。価格は「1.5G“AEROTOURER・W×B”」のFF車が193万円、同4WD車が211万9000円、「1.8S “AEROTOURER・W×B”」が216万円。

(webCG)

「カローラフィールダー1.5G“AEROTOURER・W×B”」 ボディーカラーはブラックマイカ。
「カローラフィールダー1.5G“AEROTOURER・W×B”」 ボディーカラーはブラックマイカ。
「カローラフィールダー1.8S “AEROTOURER・W×B”」 ボディーカラーのパールクリスタルシャインは、通常のカローラフィールダーには設定されず、この特別仕様車のみにオプション(3万1500円)で用意される。
「カローラフィールダー1.8S “AEROTOURER・W×B”」 ボディーカラーのパールクリスタルシャインは、通常のカローラフィールダーには設定されず、この特別仕様車のみにオプション(3万1500円)で用意される。

「カローラフィールダー」に白と黒の特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カローラ フィールダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・カローラ フィールダー1.5G“W×B”(FF/CVT)【試乗記】 2015.6.12 試乗記 マイナーチェンジを受けた「カローラ」シリーズの中からワゴンモデルの「フィールダー」に試乗。23.0km/リッター(JC08モード)の燃費をうたう新型1.5リッターエンジン搭載車の“実用車力”を探った。
  • トヨタ・カローラ フィールダー ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.2 試乗記 「トヨタ・カローラ」シリーズに燃費33.0km/リッターのハイブリッド仕様が登場。トヨタ伝統の定番車種は、ハイブリッドシステムを得てどんなクルマとなったのか。2泊3日の試乗を通して確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
ホームへ戻る