第262回:道路脇の小屋に和風の女性!? 2012年上半期 イタリア魅惑の道ばたスナップ

2012.09.14 エッセイ

第262回:道路脇の小屋に和風の女性!? 2012年上半期 イタリア魅惑の道ばたスナップ

【写真1】わが街シエナで捨てられている段ボールの中には……。
第262回:道路脇の小屋に和風の女性!? 2012年上半期 イタリア魅惑の道ばたスナップ

りんご箱の思い出

ボクが住むトスカーナの小中学校は、6月から続いた3カ月近い長い夏休みが明けようとしている。

それで思い出すのは、ボクの小学校時代だ。ある年のこと、夏休み前の最後の日に、日頃は持ち帰らない教科書を持って帰ろうと紙袋に詰めて学校の門を出た。すると、こともあろうに200メートルほど歩いたところで、袋が破れてしまった。
とっさに周囲を見回すと、道端に木箱が捨てられていた。ボクはそれに教科書を詰め、抱えて持ち帰ることにした。

家に帰ると母親は、巨大な木箱を抱えて持ってきたボクに驚くと同時に、その木箱を見て、「誰かの故郷から送られてきたものかしらねぇ」としみじみ言った。
木箱には、ボクの小学校と同じ系列の大学の寮名と女性の名前が油性マジックで書いてあった。たしかに、ボクが箱を拾ったのは女子寮の前だった。北国に住む親が、上京して大学で勉強している娘に、りんごを送るための箱だったのだろう。
ちなみにボクは、しばらくその箱を部屋に保管し、りんご箱を机にして創作に励む駆け出しマンガ家を気取っていたのを覚えている。

そうした思い出からか、イタリアに住んでいる今も、路上の片隅のモノに気をとられ、思いをめぐらすことが多い。
今回は、ここ半年のうちイタリアでボクが目にした面白風景を、よりすぐって紹介しよう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。