ランボルギーニの新型ロードスターが日本上陸

2012.12.14 自動車ニュース

「ランボルギーニ・アヴェンタドール」のロードスターが日本上陸

ランボルギーニ・ジャパンは2012年12月14日、「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4ロードスター」を発表した。

「アヴェンタドールLP700-4ロードスター」は、ランボルギーニのフラッグシップモデルのオープン仕様である。

既報の通り、ルーフは2分割の脱着式で、取り外したパネルはフロントのトランクルームに収納可能。軽量化のため、素材にはカーボンファイバーが用いられており、重さは片方で約6kgに収められている。

ロードスターボディーに仕立て直すにあたり、リアピラーの構造は全面的に設計が変更された。一目でロードスターと分かるようにデザインも改められている。

パワートレインはクーペと同じで、6.5リッターV12エンジンは700ps/8250rpmの最高出力と、70.4kgm/5500rpmの最大トルクを発生。「ISR」と呼ばれる7段シングルクラッチ式セミATを搭載する。駆動方式は4WD。車両重量は1625kgとなっており、ボディー補強などによるクーペからの重量増を50kgに抑えている。

これにより、0-100km/h加速は3秒、最高速は350km/hという動力性能を発揮する。

日本での価格は4660万3200円。

(webCG)

→「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4ロードスター」のさらに詳しい写真はこちら

 
ランボルギーニの新型ロードスターが日本上陸の画像
「アヴェンタドールLP700-4ロードスター」と、ランボルギーニ・ジャパンのエジナルド・ベルトリ氏。
「アヴェンタドールLP700-4ロードスター」と、ランボルギーニ・ジャパンのエジナルド・ベルトリ氏。
 
ランボルギーニの新型ロードスターが日本上陸の画像
 
ランボルギーニの新型ロードスターが日本上陸の画像

関連キーワード:
アヴェンタドール ロードスターランボルギーニ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.10 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」シリーズの頂点に君臨する「ウラカン ペルフォルマンテ」。640psまで強化されたV10エンジンをはじめ、エアロダイナミクスや軽量化など、同社が誇る先進技術が投入された“完全無欠のウラカン”の走りをサーキットで試した。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.7 試乗記
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ランボルギーニ・ウラカン スパイダー(前編) 2017.2.9 mobileCG