ランボルギーニの新型ロードスターが日本上陸

2012.12.14 自動車ニュース

「ランボルギーニ・アヴェンタドール」のロードスターが日本上陸

ランボルギーニ・ジャパンは2012年12月14日、「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4ロードスター」を発表した。

「アヴェンタドールLP700-4ロードスター」は、ランボルギーニのフラッグシップモデルのオープン仕様である。

既報の通り、ルーフは2分割の脱着式で、取り外したパネルはフロントのトランクルームに収納可能。軽量化のため、素材にはカーボンファイバーが用いられており、重さは片方で約6kgに収められている。

ロードスターボディーに仕立て直すにあたり、リアピラーの構造は全面的に設計が変更された。一目でロードスターと分かるようにデザインも改められている。

パワートレインはクーペと同じで、6.5リッターV12エンジンは700ps/8250rpmの最高出力と、70.4kgm/5500rpmの最大トルクを発生。「ISR」と呼ばれる7段シングルクラッチ式セミATを搭載する。駆動方式は4WD。車両重量は1625kgとなっており、ボディー補強などによるクーペからの重量増を50kgに抑えている。

これにより、0-100km/h加速は3秒、最高速は350km/hという動力性能を発揮する。

日本での価格は4660万3200円。

(webCG)

→「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4ロードスター」のさらに詳しい写真はこちら

 
ランボルギーニの新型ロードスターが日本上陸の画像
「アヴェンタドールLP700-4ロードスター」と、ランボルギーニ・ジャパンのエジナルド・ベルトリ氏。
「アヴェンタドールLP700-4ロードスター」と、ランボルギーニ・ジャパンのエジナルド・ベルトリ氏。
 
ランボルギーニの新型ロードスターが日本上陸の画像
 
ランボルギーニの新型ロードスターが日本上陸の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【試乗記】 2017.7.11 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」のコンセプトは、日常的な使いやすさと快適性の改善にある。その狙い通り、570GTは毎日乗りたくなるスーパーカーに仕上がっていたのだろうか。それとも……? 雨の箱根で試乗した。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】NEW 2017.8.22 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のトップグレード「ターボS E-ハイブリッド」に試乗。プラグインハイブリッドシステムは燃費性能のみならず、サルーンとしての快適性やポルシェ車としてのスポーツ性能も大きく進化させていた。カナダ・バンクーバー島からのリポート。
ホームへ戻る