「MINIペースマン」に218psのJCWが登場

2012.12.13 自動車ニュース

「MINIペースマン」に218psのJCWが登場

独BMWは2012年12月13日、2013年1月に開催される北米国際自動車ショー(デトロイトショー)において、「MINIジョンクーパーワークス ペースマン」を公開すると発表した。

「ジョンクーパーワークス(JCW)」とは、MINIの各モデルにラインナップされる高性能バージョンである。今回の「ジョンクーパーワークス ペースマン」も、エンジンには他のJCWモデルと同じく1.6リッター直噴ターボユニットを搭載。最高出力は218ps/6000rpm、最大トルクは28.6kgm/1900-5000rpmを発生し、オーバーブースト時には30.6kgm/2100-4500rpmの最大トルクを生みだす。

これに組み合わされるトランスミッションは6段MTが標準で、オプションで6段ATも選択可能。駆動システムには「ALL4」と呼ばれる4WDシステムが採用される。

このほかにも、ボディーには専用のエアロダイナミックキットを標準装備。ローダウンサスペンションで引き締められた足回りには18インチのアルミホイールが装備され、オプションで19インチホイールも用意されている。

これらの改良により、ジョンクーパーワークス ペースマンは0-100km/h加速が6.9秒、最高時速は6段MTで226km/h、6段ATで224km/hという動力性能を実現している。

(webCG)

→「MINIジョンクーパーワークス ペースマン」のさらに詳しい写真はこちら

「MINIジョンクーパーワークス ペースマン」
「MINIジョンクーパーワークス ペースマン」
 
「MINIペースマン」に218psのJCWが登場の画像
 
「MINIペースマン」に218psのJCWが登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIペースマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る