「MINIペースマン」に218psのJCWが登場

2012.12.13 自動車ニュース

「MINIペースマン」に218psのJCWが登場

独BMWは2012年12月13日、2013年1月に開催される北米国際自動車ショー(デトロイトショー)において、「MINIジョンクーパーワークス ペースマン」を公開すると発表した。

「ジョンクーパーワークス(JCW)」とは、MINIの各モデルにラインナップされる高性能バージョンである。今回の「ジョンクーパーワークス ペースマン」も、エンジンには他のJCWモデルと同じく1.6リッター直噴ターボユニットを搭載。最高出力は218ps/6000rpm、最大トルクは28.6kgm/1900-5000rpmを発生し、オーバーブースト時には30.6kgm/2100-4500rpmの最大トルクを生みだす。

これに組み合わされるトランスミッションは6段MTが標準で、オプションで6段ATも選択可能。駆動システムには「ALL4」と呼ばれる4WDシステムが採用される。

このほかにも、ボディーには専用のエアロダイナミックキットを標準装備。ローダウンサスペンションで引き締められた足回りには18インチのアルミホイールが装備され、オプションで19インチホイールも用意されている。

これらの改良により、ジョンクーパーワークス ペースマンは0-100km/h加速が6.9秒、最高時速は6段MTで226km/h、6段ATで224km/hという動力性能を実現している。

(webCG)

→「MINIジョンクーパーワークス ペースマン」のさらに詳しい写真はこちら

「MINIジョンクーパーワークス ペースマン」
「MINIジョンクーパーワークス ペースマン」
 
「MINIペースマン」に218psのJCWが登場の画像
 
「MINIペースマン」に218psのJCWが登場の画像

関連キーワード:
MINIペースマンMINIイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD ペースマン(FF/6AT)【試乗記】 2015.2.12 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「MINIクーパーD ペースマン」に試乗。強力なトルクと、しっかりストロークするサスペンションが織りなす走りに触れた。
  • MINIジョンクーパーワークス ペースマン(4WD/6AT)【試乗記】 2013.9.4 試乗記 個性派「MINIペースマン」のハイパワーバージョン、「ジョンクーパーワークス ペースマン」に試乗。その走りは、他のMINIとはどう違う?
  • ポルシェ911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.19 試乗記 複雑で精緻なオープンルーフ機構と、450psの高出力エンジンを備えた「ポルシェ911タルガ4 GTS」。ルックスと走りの両方で他のモデルとの違いを主張するこのクルマは、ポルシェ911シリーズの中でも最高のエンターテイナーだった。
  • BMW R nineTアーバンG/S(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.7 試乗記
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)... 2017.10.6 試乗記