【スペック】全長×全幅×全高=3800×1720×1130mm/ホイールベース=2300mm/車重=950kg/駆動方式=MR/1.8リッター直4DOHC16バルブ スーパーチャージャー付き(220ps/6800rpm、25.4kgm/4600rpm)/価格=610万円(テスト車=713万4000円/ツーリングパック=38万7000円/スポーツパック=38万7000円/プレミアムペイント<アスペンホワイト>=26万円)

ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】

さらに自由自在 2012.09.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
……713万4000円

新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。

期待高まる復活モデル

「ロータス・エリーゼS」と聞いて今でも思い出すのは、2006年に『webCG』で取り上げたあのクルマだ。エリーゼのエンジンがローバー製からトヨタ製に全面変更された直後で、賛否両論が巻き起こる中での試乗だったけれど、4日間500kmが楽しくて仕方がなくて、編集部に戻す直前はこみ上げてくる感情を抑えるのに必死だった。

あれから6年。久しぶりにエリーゼSに乗る機会が巡ってきた。しかし今回の個体は、以前のエリーゼSの後継車ではない。2010年に行われたマイナーチェンジで、かつての“S”は、エンジンを1.8リッターのトヨタ1ZZ-FE型から1.6リッターの1ZR-FAE型に積み替えたのを機に、単に“エリーゼ”と呼ばれるようになったからだ。

しかもこのときには他の2車種、高性能版の1.8リッター2ZZ-GE型を積む「エリーゼR」と、スーパーチャージャーを装着した「エリーゼSC」はフェイスリフトを行いつつ販売が継続されたけれど、その後間もなくこの2車種はラインナップから落とされている。新型エリーゼSはこのうち“SC”の後継車で、2ZR-FE型と呼ばれる新しい1.8リッターに、スーパーチャージャーを装着したエンジンを積む。

名前はともかく、なぜ頻繁に車種の入れ替えがあったのか。理由はトヨタ製エンジンの世代交代が行われたためだ。それまでのZZ系は、「セリカ」や「MR-S」に積まれていたことで分かるように、ひと世代前のパワーユニットだったのだ。
残念ながらZR系には、エリーゼRに積まれていたような自然吸気の高性能ユニットがない。そこでエリーゼSは、SCだけでなくRの後継という位置付けがなされた。SCではなくSを名乗るのはそのためかもしれないけれど、610万円という価格はたしかに、680万円だったSCより、588万円のRに近い。

でもこの値付けがコストダウンの結果と考えるのは間違いだ。性能面ではむしろアップしているからである。

新生「エリーゼS」のサイドビュー。大きなリアスポイラーが、ベーシックな「エリーゼ」との識別ポイント。
新生「エリーゼS」のサイドビュー。大きなリアスポイラーが、ベーシックな「エリーゼ」との識別ポイント。
ほろを巻き取り骨組みを外せば、たちまちオープン仕様に。これもまた「ロータス・エリーゼ」シリーズの楽しみである。
ほろを巻き取り骨組みを外せば、たちまちオープン仕様に。これもまた「ロータス・エリーゼ」シリーズの楽しみである。
ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エリーゼの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】 2012.9.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
    ……713万4000円

    新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2011.1.20 試乗記 ロータス・エリーゼ(MR/6MT)
    ……532万円

    マイナーチェンジで、見た目も中身も新しくなった「ロータス・エリーゼ」。その仕上がり具合をチェックしてみた。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャルNEW 2017.3.29 特集 スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚き値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る