「メルセデスEクラス」がビッグマイナーチェンジ

2012.12.13 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツEクラス」がビッグマイナーチェンジ

独ダイムラーは2012年12月13日、大幅な改良を予定している新型「メルセデス・ベンツEクラス」の概要を発表した。

今回の改良のポイントは、デザインの変更、新開発のエンジンの投入、新たな安全装備の導入の3つが挙げられる。

外観デザインでは、LEDを多用したヘッドランプを中心に、フロントマスクを大幅に刷新。Eクラスとして初めて、モデルラインに応じて2種類のフロントマスクを使い分けることとなった。

またエンジンでは、より精緻な直噴技術を採用した「ブルーダイレクト」と呼ばれる新開発の4気筒ガソリンユニットが投入された。

安全装備についても、「インテリジェントドライブ」と呼ばれる先進のシステムを採用。センシングにはレーダーとステレオカメラの双方を使用しており、クルマや人との衝突事故を予防する衝突予防支援システムや、車線からの逸脱を防ぐレーンキーピングアシスト、眩惑(げんわく)を未然に防ぐハイビームヘッドライトなど、最低でも11種類の機能が用意される。

なおこれらの安全装備は、間もなくデビューする新型「Sクラス」にも装備される予定だ。

(webCG)

→新型「Eクラス」のさらに詳しい写真はこちら

「メルセデス・ベンツE300 ブルーテックハイブリッド」
「メルセデス・ベンツE300 ブルーテックハイブリッド」
「メルセデス・ベンツE350 4マチック」
「メルセデス・ベンツE350 4マチック」

「メルセデスEクラス」がビッグマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る