三菱、「ミニキャブ」シリーズを一部改良

2012.12.13 自動車ニュース
「三菱ミニキャブ バン CD」
三菱、「ミニキャブ」シリーズを一部改良

三菱、「ミニキャブ」シリーズを一部改良

三菱自動車は2012年12月13日、軽商用車「ミニキャブ バン」「ミニキャブ トラック」の仕様を一部変更し、販売を開始した。

「ミニキャブ トラック Vタイプ」
三菱、「ミニキャブ」シリーズを一部改良

今回の仕様変更は、2013年1月から施行される灯火器および反射器等に関する法規に対応するためのもの。「ミニキャブ トラック」の「Vタイプ」「VX-SE」「みのり」「楽床ダンプ」の4グレード、および「ミニキャブ バン」の福祉車両に、後方反射板を装着し、夜間の積載や乗降に際しての安全性を向上させた。

このほかにも、車内空間の質感向上を図ってシート生地を変更。グレード展開も見直された。

価格は「ミニキャブ バン」が89万7000円から144万2000円まで。「ミニキャブ トラック」が64万1000円から113万7000円まで。

(webCG)

関連キーワード:
ミニキャブ トラック三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱「ミニキャブ」シリーズなど一部改良 2002.2.4 自動車ニュース 三菱自動車は、軽トラック「ミニキャブトラック」、バン「ミニキャブバン」などに一部改良を施し、2002年1月23日から販売を開始した。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
  • スバルが「レガシィ アウトバック/B4」をマイナーチェンジ 2017.9.4 自動車ニュース スバルは2017年9月4日、「レガシィ アウトバック/B4」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。今回の改良では、運転支援システム「アイサイト」や走行性能の強化、内外装デザインのブラッシュアップが行われた。
  • 日産、新型「リーフ」の生産をいよいよスタート 2017.9.19 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月19日、神奈川県の同社追浜工場において、新型「リーフ」のラインオフ式を行った。新型では強化されたパワーユニットや最大400kmの走行を可能にしたとされるバッテリー、先進運転支援システムの搭載など、全方位的な進化を遂げている。
  • スズキが新型「スイフトスポーツ」を発表 2017.9.13 自動車ニュース スズキが4代目「スイフトスポーツ」を発表。“Ultimate Driving Excitement”をテーマに開発された新型は、軽量・高剛性プラットフォームの採用により70kgの軽量化を果たすとともに、パワフルな1.4リッター直噴ターボを搭載。走りと燃費を同時に高めている。
ホームへ戻る