マツダ、「CX-5」ガソリン車の燃費を改善

2012.12.13 自動車ニュース

マツダ、「CX-5」ガソリン車の燃費を改善

マツダは2012年12月12日、クロスオーバーSUVの「CX-5」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良では、直噴ガソリンエンジンの制御を見直すことで、FF車では16.0km/リッターから16.4km/リッターに、4WD車では15.6km/リッターから16.0km/リッター(いずれもJC08モード)に燃費を改善。これにより、ガソリンエンジン搭載車は全グレードがエコカー減税の75%減税対象となった。

また、ドライバーの意思で変速タイミングをコントロールできるキックダウンスイッチを全車に採用。ディーゼル車の「XD」「XD Lパッケージ」には、新たに電動スライドガラスサンルーフがオプション設定された。

ボディーカラーでは、「ブラックマイカ」と「ベロシティレッドマイカ」の2色を廃止し、替わって「ソウルレッドプレミアムメタリック」「メテオグレーマイカ」「ジェットブラックマイカ」の3色を新設定。全7色のラインナップとした。

価格は従来型から据え置きで、ガソリン車が205万円から275万7500円まで、ディーゼル車が258万円から319万円まで。

(webCG)

「マツダCX-5 XD Lパッケージ」
「マツダCX-5 XD Lパッケージ」
2リッター直噴ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G」。
2リッター直噴ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G」。
ディーゼル車にオプション設定された電動スライドガラスサンルーフ。
ディーゼル車にオプション設定された電動スライドガラスサンルーフ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 第380回:新型「マツダCX-5」が狙ったモノ
    ここでも見つけたマツダ理想主義!
    2016.11.21 エッセイ マツダはロサンゼルスオートショー2016で新型「CX-5」を世界初公開した。このクルマで表現していること、そしてそこに込められた思いを、自動車ジャーナリストの小沢コージが開発陣に聞いた。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • 【LAショー2016】マツダ、新型「CX-5」を世界初公開 2016.10.28 自動車ニュース マツダは2016年10月28日、ロサンゼルスオートショー(2016年11月14日~27日)で、新型「CX-5」を世界初公開すると発表した。同社のデザインコンセプト「魂動(こどう)」をより高い次元に昇華させることに挑戦したという。
ホームへ戻る