マツダ、「CX-5」ガソリン車の燃費を改善

2012.12.13 自動車ニュース

マツダ、「CX-5」ガソリン車の燃費を改善

マツダは2012年12月12日、クロスオーバーSUVの「CX-5」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良では、直噴ガソリンエンジンの制御を見直すことで、FF車では16.0km/リッターから16.4km/リッターに、4WD車では15.6km/リッターから16.0km/リッター(いずれもJC08モード)に燃費を改善。これにより、ガソリンエンジン搭載車は全グレードがエコカー減税の75%減税対象となった。

また、ドライバーの意思で変速タイミングをコントロールできるキックダウンスイッチを全車に採用。ディーゼル車の「XD」「XD Lパッケージ」には、新たに電動スライドガラスサンルーフがオプション設定された。

ボディーカラーでは、「ブラックマイカ」と「ベロシティレッドマイカ」の2色を廃止し、替わって「ソウルレッドプレミアムメタリック」「メテオグレーマイカ」「ジェットブラックマイカ」の3色を新設定。全7色のラインナップとした。

価格は従来型から据え置きで、ガソリン車が205万円から275万7500円まで、ディーゼル車が258万円から319万円まで。

(webCG)

「マツダCX-5 XD Lパッケージ」
「マツダCX-5 XD Lパッケージ」
2リッター直噴ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G」。
2リッター直噴ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G」。
ディーゼル車にオプション設定された電動スライドガラスサンルーフ。
ディーゼル車にオプション設定された電動スライドガラスサンルーフ。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • ガソリンエンジン搭載の「マツダCX-3」発売 2017.6.28 自動車ニュース マツダは2017年6月28日、クロスオーバーモデル「CX-3」の一部仕様を変更するとともにガソリンエンジン搭載車を追加設定すると発表した。ディーゼル車は6月29日に販売開始。ガソリン車は6月29日から予約を受け付け、7月27日に発売する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る