マツダ、「CX-5」ガソリン車の燃費を改善

2012.12.13 自動車ニュース

マツダ、「CX-5」ガソリン車の燃費を改善

マツダは2012年12月12日、クロスオーバーSUVの「CX-5」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良では、直噴ガソリンエンジンの制御を見直すことで、FF車では16.0km/リッターから16.4km/リッターに、4WD車では15.6km/リッターから16.0km/リッター(いずれもJC08モード)に燃費を改善。これにより、ガソリンエンジン搭載車は全グレードがエコカー減税の75%減税対象となった。

また、ドライバーの意思で変速タイミングをコントロールできるキックダウンスイッチを全車に採用。ディーゼル車の「XD」「XD Lパッケージ」には、新たに電動スライドガラスサンルーフがオプション設定された。

ボディーカラーでは、「ブラックマイカ」と「ベロシティレッドマイカ」の2色を廃止し、替わって「ソウルレッドプレミアムメタリック」「メテオグレーマイカ」「ジェットブラックマイカ」の3色を新設定。全7色のラインナップとした。

価格は従来型から据え置きで、ガソリン車が205万円から275万7500円まで、ディーゼル車が258万円から319万円まで。

(webCG)

「マツダCX-5 XD Lパッケージ」
「マツダCX-5 XD Lパッケージ」
2リッター直噴ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G」。
2リッター直噴ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G」。
ディーゼル車にオプション設定された電動スライドガラスサンルーフ。
ディーゼル車にオプション設定された電動スライドガラスサンルーフ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
ホームへ戻る