第275回:大矢アキオ差し押さえ!? イタリア生活シフトダウンはつらいよ

2012.12.14 エッセイ

第275回:大矢アキオ差し押さえ!? イタリア生活シフトダウンはつらいよ

アストン株を買う者あれば、会社をクビになる者も……

イタリア企業が英国アストン・マーティンの37.5%の株式を取得して筆頭株主となることが明らかになった。2012年12月7日のことだ。アストン株を取得したのは「インベストインダストリアル社」で、ミラノ市民銀行の筆頭株主でもある投資家アンドレア・ボノーミ氏(46歳)が率いる投資会社である。

同社は2006年から2012年まで、二輪メーカー「ドゥカティ」の筆頭株主でもあった。ドゥカティを2012年にアウディへ8億6000万ユーロで売却したあと、「アルファ・ロメオ部門をフィアットから買収するのでは?」との憶測も流れたが、結局アストンに落ち着いた。
イタリアの主要メディアは「アストン・マーティンがイタリア系に」「ボンドカーがイタリアのものに」さらには「イタリア語を話すアストン・マーティン」といった見出しとともに大きく採り上げた。記事に添えられた写真やビデオの多くには、映画『007』におけるアストン・マーティン ボンドカーの登場場面が多数使われた。かなりのフィーバーぶりだ。

いっぽうで、クリスマス用買い出しでにぎわうスーパーマーケットでボクの携帯電話に知人から1通のメッセージが入った。勤務先の自動車ディーラーを解雇されたことを知らせるものだった。
参考までに、2012年11月のイタリア国内の乗用車登録台数は、前年同月比20.1%のマイナスだ。いやはや、同じ国でアストン株を買う者もいれば、いきなり会社をクビになる者もいるとは。イタリア社会は、各層がなかなかシンクロナイズしない。

2012年12月5〜9日に開催されたボローニャ・モーターショーに展示された「アストン・マーティン シグネット」。
第275回:大矢アキオ差し押さえ!? イタリア生活シフトダウンはつらいよ
シエナの無料駐車場で。景気を反映してか、グレー、黒、白といった保守的なボディーカラーばかりである。
第275回:大矢アキオ差し押さえ!? イタリア生活シフトダウンはつらいよ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。