「ミツオカ・ヒミコ」に新色追加 特別仕様車も

2012.12.12 自動車ニュース

「ミツオカ・ヒミコ」がマイナーチェンジ 特別仕様車も登場

光岡自動車は2012年12月12日、マイナーチェンジを施したオープンカー「Himiko(ヒミコ)」と、特別仕様車「Himiko monochrome(ヒミコ モノクローム)」を発表した。ともに同年12月13日に発売される。

「ヒミコ」は、「マツダ・ロードスター」をベースにミツオカが独自のカスタマイズを施した2シーターオープンカーである。

今回の変更では、これまで3色だったボディーカラーに、新たに「ウィッチパープルパール」を追加。カラーバリエーションは標準で4色、カラーオプション(30色)と合わせると、全34色の展開となった。

このほかにも、全グレードでデコレーションパネルの色をダークグレーに変更。電動式ハードトップの「ARDOR(アルドール)」ではステアリングホイールベゼルもダークグレーとなったほか、「ARDOR本革パッケージ」では、本革シートの色がタンとなった。

一方、幌タイプの「GUILTY(ギルティ)」では、アルミホイールの色にガンメタリックを採用。メーターフードが小型化されたほか、メーターリングの色がダークグレーに変更された。

価格は「GUILTY」(5MT)が398万円、「ARDOR」(6AT)が439万円、「ARDOR本革パッケージ」(6AT)が463万円となっている。

また、今回のマイナーチェンジと合わせて、特別仕様車「ヒミコ モノクローム」も同時に発表された。

同車は、電気式ハードトップの「ARDOR」をベースに、ホワイトとブラックを基調に内外装をコーディネートしたものである。ボディーカラーはホワイトパールのみで、フロントフェンダーからドアパネルにかけて、マットアイスグレーのラッピングを採用。専用のメッキモールディングやエンブレムもあしらわれている。

一方インテリアでは、ハウンドトゥース(千鳥格子)柄の専用シートを採用。デコレーションパネルやシフトゲート、ドアのドリンクホルダーには、ピアノブラック調のパネルが用いられる。

価格はベース車から26万2500円高の、465万2500円。

(webCG)

→「ミツオカ・ヒミコ モノクローム」の詳しい写真はこちら

光岡自動車のデザイナーを務める青木孝憲さんと、特別仕様車の「ミツオカ・ヒミコ モノクローム」。
光岡自動車のデザイナーを務める青木孝憲さんと、特別仕様車の「ミツオカ・ヒミコ モノクローム」。 拡大
「ミツオカ・ヒミコ」
「ミツオカ・ヒミコ」 拡大
「ミツオカ・ヒミコ ARDOR本革パッケージ」のインテリア。
「ミツオカ・ヒミコ ARDOR本革パッケージ」のインテリア。 拡大

関連キーワード:
ヒミコミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • ロールス・ロイス・ファントム エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)【試乗記】 2018.4.30 試乗記 押しも押されもしない英国の名門、ロールス・ロイス。そのラインナップの頂点に君臨するのが、1925年からの伝統を受け継ぐハイエンドモデル「ファントム」である。8代目となる最新型の試乗を通し、このクルマだけが持ち合わせる無二の世界観に触れた。
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • 新型「スバル・フォレスター」の国内受注がスタート 2018.5.18 自動車ニュース スバルは2018年5月18日、同年夏に発売を予定している5代目「スバル・フォレスター」の先行予約を開始した。新型では、モーター付きの「e-BOXER」搭載モデルもラインナップされる。
ホームへ戻る