【スペック】全長×全幅×全高=3948×1717×1443mm/ホイールベース=2464mm/車重=1165kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(207ps/6000rpm、28.0kgm/2000-4500rpm)/価格=360万円(テスト車=同じ)

シトロエンDS3レーシング(FF/6MT)【試乗記】

アムロ、いきます! 2012.12.16 試乗記 シトロエンDS3レーシング(FF/6MT)
……360万円

国内わずか35台の限定車「シトロエンDS3レーシング」に試乗。シトロエン・レーシングが手掛けたWRC連覇記念モデルの走りやいかに?

マニア待望のカルトカー

2010年のパリサロンで、限定1000台! と発表されたスペシャルモデルである。WRC(世界ラリー選手権)において、当時すでに5度におよぶシトロエンのマニュファクチャラーズ・タイトルと、セバスチャン・ローブの前人未到、ドライバーズ・タイトル6連覇を記念する。さらに、これらの偉業を達成した立役者、シトロエンのコンペティション部門たるシトロエン・レーシングが開発した、初めての市販モデルである。大好評を博したのもむべなるかな。1年後の2011年9月に2000台の追加生産が発表となり、日本にも35台ぽっきりが用意された。現代のシトロエニスト待望のカルトカーである。

シトロエン・レーシングは、まず「DS3スポーツシック」の1.6リッター直噴ターボエンジンの最高出力156ps、最大トルク24.5kgmを、それぞれ207ps、28.0kgmに向上させた。同じPSAグループ内のスポーツクーペ「プジョーRCZ」の同型ユニットを上回る強力な心臓をつくりだしたことになる。シャシーは車高を15mm低め、トレッドを30mm拡大、専用のダンパー&スプリングを採用。タイヤは17インチから18インチに格上げし、大胆な専用ペイントとパーツでボディー内外を仕立て上げた。このコスメティックが最大の見せ場、ともいえる。

2トーンのボディー色はノアール オプシディアン+オレンジとブラン バンキーズ+グレーの2種がある。前者は、ごく平易に書くと黒地に鮮やかなみかん色。後者は白地に灰色の組み合わせとなる。テスト車はご覧のようなノアールにオレンジで、精悍(せいかん)なカーボンパーツに加えて、タミヤのプラ模型もかくやのジェット戦闘機的デカールが大々的に貼られている。これは、ガンダムだ! アムロ、いきます。

大胆な専用デカールが目を引くエクステリア。カーボンのボディーパーツや18インチアロイホイール、30mmのトレッド拡大、15mmのローダウン化などとも相まって、ベース車より引き締まった印象を受ける。
シトロエンDS3レーシング(FF/6MT)【短評】
シトロエン・レーシングが手を加えた1.6リッター直噴ターボエンジン。207ps、28.0kgmというパフォーマンスは、ベース車と比べて最高出力で約33%、最大トルクで約15%の大幅な性能向上となる。
シトロエンDS3レーシング(FF/6MT)【短評】
専用チューニングのサスペンションや18インチホイール&タイヤを採用した足まわり。ブレーキも強化されており、フロントには「Citroen Racing」のロゴ入り4ピストンキャリパーと大径ディスクローターが組み合わされる。
シトロエンDS3レーシング(FF/6MT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC3エクスクルーシブ(FF/5AT)/DS3シック(FF/5AT)【試乗記】 2014.2.26 試乗記 プジョー・シトロエンがコンパクトカー用に開発した新パワーユニット「PureTech」。その1.2リッター3気筒エンジンと新トランスミッション「ETG5」を搭載した「シトロエンC3」と「シトロエンDS3」の走りを試した。
  • シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT) 2013.11.19 試乗記 個性的なスタイリングと活発な走りで、ユニークな存在感を放っている「シトロエンDS3」。空を味方につけて、その魅力はどう変わったのだろうか。真っ赤な「シトロエンDS3カブリオ スポーツシック」で秋の箱根を行く。
  • シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT)【試乗記】 2013.10.6 試乗記 シトロエンのプレミアムコンパクト「DS3」に、セミオープンの「DS3カブリオ」が登場。ボディーの随所に散りばめられた、ダブルシェブロンの魅力とアイデンティティーに触れた。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る