【スペック】全長×全幅×全高=5210×1875×1465mm/ホイールベース=3090mm/車重=2090kg/駆動方式=FR/4.6リッターV8DOHC32バルブ(392ps/6400rpm、51.0kgm/4100rpm)/燃費=8.3km/リッター(JC08モード)/価格=1260万円(テスト車=1399万1250円)

レクサスLS460L“エグゼクティブパッケージ(4人乗り)”(FR/8AT)【試乗記】

アイデンティティーを思い出せ 2012.12.19 試乗記 レクサスLS460L“エグゼクティブパッケージ(4人乗り)”(FR/8AT)
……1399万1250円

世界のライバルと競うべく、大幅なマイナーチェンジを遂げた「レクサスLS」。4.6リッターV8モデルのショーファードリブン仕様「LS460L“エグゼクティブパッケージ”」に試乗し、新型の進化の度合いを検証した。

ひたすらに静かで滑らか

2012年秋のマイナーチェンジで、6000の主要構成部品の半数を新しくするという大がかりな変更を受けた「レクサスLS460L」に試乗した。モデル名末尾の“L”とは、後席スペース拡大のためにホイールベースと全長を120mmストレッチしたロングボディー仕様。しかも助手席側後席に電動オットマンを備えるなど、後席に座るやんごとなき方々へのおもてなしに満ちた「エグゼクティブパッケージ」であるからして、まずは後席を試してみる。

webCG編集部の期待の若手(というほど若くはないけれど)新人、ホッタ記者をショーファーに任命、後部座席で足を組んでみる。後席からコックピットを眺めると、その景色がすっきりモダンになっていることに気付く。
すっきりモダンに感じる主たる理由は、インストゥルメントパネルが水平方向に延びるデザインへと変更されたから。マウス感覚でカーナビなどを操作できるリモートタッチを装備したことや、「レクサスGS」でレクサスとして初めて採用したアナログ時計をLSにも用いたこともトピックだ。

いざ走りだしての印象は、ひたすら静かで、滑らか。どれくらい静かかといえば、「う〜ん、こりゃいいな」とか「あっ(信号が)赤になる〜」というホッタ記者のひとりごとがはっきりと聞こえるぐらい。レクサスLSの後席に座る政治家や経営者の方は、あまりひとりごとを言わない運転手さんを雇ったほうがいい。

静かさの要因のひとつが、このマイチェンより採用されたノイズリダクションアルミホイール。この仕組みが面白い。ホイールリムの空洞部分に小さな共振・共鳴用の穴をうがち、タイヤの細かい振動で空気の摩擦を発生させる。この音波が熱エネルギーに変換されてノイズを減らすというのだ。米粒に文字を書くような、こうした気配りを極めると個性的な日本車が生まれるのではないか。
ロング版である“L”仕様の後席ドアの窓ガラスが、ノーマルボディー仕様とは異なり遮音仕様となっていることも高い静粛性の理由のひとつだ。

2012年10月のマイナーチェンジより、フラッグシップの「レクサスLS」も小さな逆台形と大きな台形を組み合わせた「スピンドルグリル」を採用している。試乗車のソニックシルバーというボディーカラーは、マイチェンで追加された新色。
2012年10月のマイナーチェンジより、フラッグシップの「レクサスLS」も小さな逆台形と大きな台形を組み合わせた「スピンドルグリル」を採用している。試乗車のソニックシルバーというボディーカラーは、マイチェンで追加された新色。
外から見えるランプ類はすべてLEDとなった。LEDは、その形と色で新しさを演出するほか、燃費性能向上にも寄与するという。ちなみに、LEDフォグランプは世界で最も径が小さいとか。
外から見えるランプ類はすべてLEDとなった。LEDは、その形と色で新しさを演出するほか、燃費性能向上にも寄与するという。ちなみに、LEDフォグランプは世界で最も径が小さいとか。
運転席のまわりを、ディスプレイを担当するゾーンと実際に操作するオペレーションゾーンとに分けることで、見た目だけでなく使い勝手もすっきりしたインテリア。12.3インチのワイドなディスプレイとなったことと、アナログ時計が備わるようになったことが目に付く。時計は本アルミ製で、GPS時刻補正機能が付いている。シックなインテリアのカラーはトパーズブラウンという色。
運転席のまわりを、ディスプレイを担当するゾーンと実際に操作するオペレーションゾーンとに分けることで、見た目だけでなく使い勝手もすっきりしたインテリア。12.3インチのワイドなディスプレイとなったことと、アナログ時計が備わるようになったことが目に付く。時計は本アルミ製で、GPS時刻補正機能が付いている。シックなインテリアのカラーはトパーズブラウンという色。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第395回:レクサスならではの価値の創造を目指して
    新型「LS」のチーフエンジニアにインタビュー
    2017.1.22 エッセイ 新型「レクサスLS」が、2017年のデトロイトモーターショーで発表された。新世代のFR車用プラットフォーム「GA-L」を採用し、全方位的に進化した新型LSに込められた思いを、開発を担当した旭 利夫チーフエンジニアに聞いた。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • 環境性能を高めた新型「トヨタ・プリウスPHV」発売 2017.2.15 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年2月15日、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型を発表。同日、販売を開始した。発表会場には女優の石原さとみさんも姿を見せ、晴れの舞台に華を添えた。
ホームへ戻る