スバル、新型軽乗用車の「プレオ プラス」を発表

2012.12.11 自動車ニュース

スバル、新型軽乗用車の「プレオ プラス」を発表

富士重工業は2012年12月10日、新型軽乗用車の「プレオ プラス」を本年12月21日に発売すると発表した。

「プレオ プラス」は、ダイハツの「ミラ イース」をOEM調達したもので、減速時に約7km/h以下からエンジンを停止する「停車前アイドリングストップ」や、減速エネルギー回生システムの「エコ発電充電制御」、軽量化を徹底したボディーなどによる、ガソリン車トップレベルの30.0km/リッター(JC08 モード)という低燃費が特徴。全グレードがエコカー減税の免税対象となっている。

またコンパクトなボディーでありながら、前後席間距離は930mmを確保するなど、合理的なパッケージにより大人4人が無理なく座れる居住性を実現している。

価格はFF車が79万5000円から111万7500円、4WD車が100万円から121万7500円。

(webCG)

「スバル・プレオ プラスG」
「スバル・プレオ プラスG」

スバル、新型軽乗用車の「プレオ プラス」を発表の画像

スバル、新型軽乗用車の「プレオ プラス」を発表の画像

関連キーワード:
プレオプラススバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


  • スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)【試乗記】 2005.2.24 試乗記 スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)
    ……137万5500円/150万450円

    「スバルR1」は、現代の軽規格を大きく下回るサイズで登場した。360cc時代の軽自動車で運転を覚えたという自動車ジャーナリストの笹目二朗が、「小ささ」の意味を考える。


  • スバルR2(CVT)【試乗記(後編)】 2003.12.20 試乗記 スバルR2(CVT)
    ……86.0〜140.0万円

    なつかしい名前を、斬新なデザインのニューモデルに与えたスバルの新型軽自動車「R2」。『webCG』コンテンツエディターのアオキが、3つのグレードに“ちょい乗り”した。


  • 【Movie】小さな軽「スバルR1」のサイズと使い勝手をたしかめる 2005.1.24 自動車ニュース 2005年1月4日に販売が始まった「スバルR1」。先輩格「R2」をさらに小さくし2+2としたパーソナル軽、その力量(の一端)を動画でお届けする。いざというときにもう2人乗れるという後席のサイズは? 簡単アレンジというシートの使い勝手は?
  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


ホームへ戻る