ジャガーXF/XJがパワートレインを一新

2012.12.11 自動車ニュース

「ジャガーXF/XJ」に2リッターモデルが登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2012年12月11日、2013年モデルの「XJ」および「XF」の仕様と価格を発表した。

2013年モデルでは、フラッグシップモデル「XJ」シリーズとスポーティーセダンの「XF」シリーズに、新たに2リッター直4ターボエンジンとスーパーチャージャー付き3リッターV6エンジンを採用。また組み合わされるトランスミッションも、これまでの6段ATから新開発の8段ATに変更された。

2リッター直4ターボエンジンはオールアルミ製。低慣性ターボチャージャーを採用し、最高出力240ps/5500rpm、最大トルク34.7kgm/2000-4000rpmを発生する。
スーパーチャージャー付き3リッターV6エンジンはルーツ式ツインヴォルテックススーパーチャージャーを採用。最高出力340ps/6500rpm、最大トルク45.9kgm/3550-5000rpmを発生する。
これまでの3リッターV6と5リッターV8の自然吸気モデルは廃止され、エンジンラインナップは2リッター直4ターボ、スーパーチャージャー付き3リッターV6と、従来モデルより引き継がれるスーパーチャージャー付き5リッターV8エンジン(510ps/6000-6500rpm、63.7kgm/2500-5500rpm)の3種類となった。

さらに、V6とV8エンジン搭載車には、アイドリングストップ機構「インテリジェント・ストップ・スタート・システム」が与えられた。

また、イギリスの音響機器メーカー、メリディアンのオーディオが新たに採用された(一部グレードにはオプション設定)。

価格は以下のとおり。

2013年モデル ジャガーXF
・2.0ラグジュアリー:595万円
・2.0プレミアムラグジュアリー:694万円
・3.0プレミアムラグジュアリー:829万円
・XFR:1200万円

2013年モデル ジャガーXJ
・2.0ラグジュアリー:900万円
・3.0プレミアムラグジュアリー:1090万円
・3.0ポートフォリオ:1290万円
・5.0スーパースポーツ(SWB):1685万円
・5.0スーパースポーツ(LWB):1825万円

(工藤考浩)

2013年モデルから新たなパワーユニットが搭載される「ジャガーXF」シリーズ。
2013年モデルから新たなパワーユニットが搭載される「ジャガーXF」シリーズ。
高効率がうたわれる、2リッター直4ターボエンジン。今回新たに、「XF」と「XJ」に搭載される。
高効率がうたわれる、2リッター直4ターボエンジン。今回新たに、「XF」と「XJ」に搭載される。
こちらは最上級サルーンの「XJ」。「XF」と同様に、エンジンおよびトランスミッションが変更された。
こちらは最上級サルーンの「XJ」。「XF」と同様に、エンジンおよびトランスミッションが変更された。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ジャガーXJ ポートフォリオ(FR/6AT)【試乗記】 2010.5.6 試乗記 ジャガーXJ ポートフォリオ(FR/6AT)
    ……1320.0万円

    見た目がガラリと変わった、ジャガーの新型「XJ」。その走りや乗り心地は、一体どんな仕上がりなのか? 巨匠 徳大寺有恒が試した。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る