ジャガーXF/XJがパワートレインを一新

2012.12.11 自動車ニュース

「ジャガーXF/XJ」に2リッターモデルが登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2012年12月11日、2013年モデルの「XJ」および「XF」の仕様と価格を発表した。

2013年モデルでは、フラッグシップモデル「XJ」シリーズとスポーティーセダンの「XF」シリーズに、新たに2リッター直4ターボエンジンとスーパーチャージャー付き3リッターV6エンジンを採用。また組み合わされるトランスミッションも、これまでの6段ATから新開発の8段ATに変更された。

2リッター直4ターボエンジンはオールアルミ製。低慣性ターボチャージャーを採用し、最高出力240ps/5500rpm、最大トルク34.7kgm/2000-4000rpmを発生する。
スーパーチャージャー付き3リッターV6エンジンはルーツ式ツインヴォルテックススーパーチャージャーを採用。最高出力340ps/6500rpm、最大トルク45.9kgm/3550-5000rpmを発生する。
これまでの3リッターV6と5リッターV8の自然吸気モデルは廃止され、エンジンラインナップは2リッター直4ターボ、スーパーチャージャー付き3リッターV6と、従来モデルより引き継がれるスーパーチャージャー付き5リッターV8エンジン(510ps/6000-6500rpm、63.7kgm/2500-5500rpm)の3種類となった。

さらに、V6とV8エンジン搭載車には、アイドリングストップ機構「インテリジェント・ストップ・スタート・システム」が与えられた。

また、イギリスの音響機器メーカー、メリディアンのオーディオが新たに採用された(一部グレードにはオプション設定)。

価格は以下のとおり。

2013年モデル ジャガーXF
・2.0ラグジュアリー:595万円
・2.0プレミアムラグジュアリー:694万円
・3.0プレミアムラグジュアリー:829万円
・XFR:1200万円

2013年モデル ジャガーXJ
・2.0ラグジュアリー:900万円
・3.0プレミアムラグジュアリー:1090万円
・3.0ポートフォリオ:1290万円
・5.0スーパースポーツ(SWB):1685万円
・5.0スーパースポーツ(LWB):1825万円

(工藤考浩)

2013年モデルから新たなパワーユニットが搭載される「ジャガーXF」シリーズ。
2013年モデルから新たなパワーユニットが搭載される「ジャガーXF」シリーズ。
高効率がうたわれる、2リッター直4ターボエンジン。今回新たに、「XF」と「XJ」に搭載される。
高効率がうたわれる、2リッター直4ターボエンジン。今回新たに、「XF」と「XJ」に搭載される。
こちらは最上級サルーンの「XJ」。「XF」と同様に、エンジンおよびトランスミッションが変更された。
こちらは最上級サルーンの「XJ」。「XF」と同様に、エンジンおよびトランスミッションが変更された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XJの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入 2016.9.16 自動車ニュース ジャガーが「XJ」の2017年モデルを発表。新グレードとして「Rスポーツ」を設定したほか、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に採用。スマートフォンを利用した空調の遠隔操作などを可能とする通信機能を初導入した。
  • 第2回:飛ばせばいいってもんじゃない
    「ジャガーFタイプ」の街乗り性能を試す
    2017.2.23 特集 ジャガーのピュアスポーツカー「Fタイプ」。その動力性能が最大限に発揮される舞台は、ワインディングロードであり、サーキットだろう。では、ごく普通の道でのふるまいはどうか? 普段使いにおける走りの印象を報告する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
ホームへ戻る